• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
写真に納まりきらない超絶景。「エアーズロック」のキャンプツアーに参加してみた

「エアーズロック(ウルル)」は、人生で一度は見たい絶景の一つですよね。オーストラリアの世界遺産にも認定されており、世界中からたくさんの人たちが集まります。今回は、そんなエアーズロックでぜひ体験してもらいたい、「キャンプツアー」の魅力をお伝えします。実際にオーストラリアを旅した筆者がオススメする、エアーズロックの楽しみ方をご紹介します。(※掲載されている情報は2017年12月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

人生で一度は見たい絶景「エアーズロック」

Photo by Kyasumin
「エアーズロック」は、オーストラリアのノーザン テリトリーにある巨大な一枚岩です。レッドセンターという乾燥地帯にあります。イギリス人が付けた英語名ではエアーズロックですが、オーストラリアの先住民族の正式名称では「ウルル」という名前です。
一番近い町はアリス スプリングスで、エアーズロックから450kmも離れています。そこにあるアリス スプリングス空港や、もうひとつのエアーズロック空港からエアーズロックまでは、そこからレンタカーを借りたり、ツアーに参加したりして車で行きます。

時間で変わる美しさ

Photo by chomee
正直エアーズロックってただの岩なんじゃないのか…と思っている方もいらっしゃると思います。一日に何度も表情を変えるこの美しさは、実際に行って見てみてこそ、よくわかりますよ。

Photo by chomee
エアーズロックの朝はとても神秘的です。地平線に、登ってくる太陽が見られます。真っ暗な夜から、徐々に明るくなっていくこの景色は、他では見られない絶景です。すがすがしい最高の目覚めになりますよ。

夕方

Photo by chomee
エアーズロックへ行く人全員が楽しみにしている夕日。真っ暗な夜の前に見える夕日は、一日の中で一番輝く瞬間です。ごはんやお酒を楽しみながら夕日を眺めるのが、エアーズロックでの過ごし方です。

エアーズロックの一日の中でも一番美しいのが、夜です。明りが全くない、静まり返った夜には、今まで見たことがないほどの無数の星たちを見ることができます。真っ暗な中星を眺めていると、まるで宇宙にいるかのような気分です。

エアーズロックの”キャンプツアー”とは

Photo by chomee
エアーズロックのキャンプツアーは、基本的に英語のツアーがほとんどです。世界中から様々な国の人が集まってくるので、日常会話が少ししかできないという方でも大丈夫です。英語ができる方は、ガイドさんの説明までしっかり聞き取れるので面白いですよ。
Photo by chomee
ツアー中はみんなでバス移動します。エアーズロックは「アリス スプリングス空港」と「エアーズロック空港」2つの空港があり、予約の際に出発地と到着地をどこにするか選ぶ必要があります。空港からエアーズロックや他の見どころを、レンタカーで自力で回るのは時間も体力も必要なのでツアーに参加することをオススメします。
また、キャンプと言っても、テントではなく、寝袋を使って屋外で寝ます。キャンプファイヤーを囲んで、みんなで輪になって寝るんです。もちろんキャンプサイトなので、動物などの心配もなく、シャワーもしっかりありますよ。

キャンプツアーがオススメな最大の理由

エアーズロックでキャンプがオススメな最大の理由は、無数の星を見ながら眠りにつくことができるから!屋外のキャンプサイトで、寝袋をひいて満点の星空を見ながら寝れるなんて、最高に幸せです。
Photo by chomee
寝袋の中で満足するまで星を眺めながら、眠りについた経験ありますか?わざわざここまで来て本当によかったと思える瞬間です。流れ星も信じられないほどたくさん見られます。外には動物がいるため、キャンプをする際は、必ずキャンプサイトを利用するようにしてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

72natsu島と海が大好きです。

このまとめ記事に関して報告する