• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
うなぎの名店初の暖簾分け店舗!名古屋に『鰻う おか冨士』OPEN

名古屋市昭和区にある行列が絶えないうなぎの名店「炭焼 うな富士」をご存知ですか?その初の暖簾分け店舗が、2018年1月11日(木)、名古屋市中区の御園座タワー1階に、うなぎ専門店『鰻う おか冨士』としてオープンします。ぜひ、鰻のパリパリの表面、ふわふわの柔らかな食感を堪能しに行ってみてください。

このまとめ記事の目次

行列が絶えないうなぎの名店「炭焼 うな富士」

うな富士

名古屋市昭和区にある行列が絶えないうなぎの名店「炭焼 うな富士」をご存知ですか?全国各地でとれた鰻を堪能できるお店で、肉厚のふわふわな鰻が楽しめると大人気なんです。「並んででも食べたい」「名古屋で一番美味しい」ともいわれるほど、食通たちの間でも話題。

うな富士

うな富士

そんな名古屋の名店「炭焼 うな富士」の初の暖簾分け店舗がこの冬名古屋にオープンするのだとか。行列が絶えないうなぎの名店の味を正統継承する初の暖簾分け店となります。

うなぎ専門店『おか冨士』御園座タワー1FにOPEN

オープン日:2018年1月11日(木)

2018年1月11日(木)、名古屋市中区の御園座タワー1階に、うなぎ専門店『鰻う おか冨士』がオープンします。
「鰻う おか冨士」は、6名の職人が修行として、「炭焼 うな富士」の養鰻場から流通に関わる問屋まですべてを経験。うなぎの目利きは勿論のこと、蒲焼の技術だけでなくうなぎの本質まで学び、「炭焼 うな富士」のDNAを絶やさないよう鍛錬した末にオープンするのだとか。
1日に何万トンものうなぎを捌き手を腫らし、肉厚の大きなうなぎを1,000℃の直火で顔に火傷を負いながらも香ばしくパリパリの表面、ふわふわの柔らかな食感に仕上げる技術を「炭焼 うな富士」と共に提供し続け、炭焼 うな富士の最初の暖簾分けとして「名店」と呼んでもらえるような店舗を目指すそうです。

一度は食べてみたい、名古屋の名店の味。

名物の「肝入りひつまぶし」をはじめ、「炭焼 うな富士」の味がこの初の暖簾分け店舗でも楽しめるようになるのは嬉しいですよね。ぜひ、鰻のパリパリの表面、ふわふわの柔らかな食感を堪能しに、『鰻う おか冨士』に訪れてみてください。

詳細情報

『鰻う おか冨士』
オープン日時:2018年1月11日(木)11時
場所:御園座タワー1階
営業時間:昼の部11時~14時/夜の部17時~22時
  • 名古屋市中区栄一丁目602番3 御園座タワー1階
  • 052-211-3988

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する