• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
冬本番!日本の雪景色を堪能する家10選

四季がはっきりとしている日本では、季節ごとの美しさがあります。幻想的な雪景色もそのひとつ。白い雪の中に点在する家々や、雪をまとった古都の街並みなど、冬らしい趣を感じる情景です。今度の休日は、雪化粧した風景を楽しみに出かけてみませんか?寒い中でもわざわざ出かけたいと思える、雪景色を堪能できる家をご紹介します。

このまとめ記事の目次

言わずと知れた観光名所、世界遺産にも登録された合掌家屋集落「白川郷」へはバスで1時間ほど。日本の原風景のような集落は、しんしんと雪が降り積もる冬に見るとさらに風情が増します。冬季の数日間ではありますが、ライトアップも行われていて、例年大変な人出です。もし機会があればその幻想的な風景を見に出かけてみてください。

飛騨高山の冬の絶景を味わう家

冬景色で有名といえば飛騨高山。年間通して多くの観光客でにぎわう高山ですが、重厚な町家造りの古い家々が白く染まる冬の情緒は格別です。高山市内の中心部を流れる宮川の橋のたもとにある家は、古い街並みのさんまち通りからも600mほどで抜群のロケーションにあります。
homeaway
ラウンジスペースには、ソファーやベンチが置かれていて、おしゃべりしたりくつろいだりするにはぴったりの雰囲気。皆で集まれる共用部分に加えて、シングルベッドが8つ備わっているので、大人数での旅行におすすめです。川に面したテラスに出れば、川に架かる橋の雪景色を楽しむこともできます。
homeaway
言わずと知れた観光名所、世界遺産にも登録された合掌家屋集落「白川郷」へはバスで1時間ほど。日本の原風景のような集落は、しんしんと雪が降り積もる冬に見るとさらに風情が増します。冬季の数日間ではありますが、ライトアップも行われていて、例年大変な人出です。もし機会があればその幻想的な風景を見に出かけてみてください。
広々使えて、飛騨高山歩きにも便利な家は、1泊55,000円。最大人数の8人で泊まると1人あたり約6,875円です。

京都の人気エリア嵐山で冬景色を楽しむ家

冬深まる古都も味わいがありますね。京都の西、京都駅から30分ほどの嵯峨野・嵐山は京都を代表する観光地。山が近い嵯峨野は、雪が降ると一面白い雪化粧に彩られ、春や秋の観光シーズンとはまた違った静かな雰囲気が魅力です。
JR嵐山駅から徒歩5分の場所にある家は、すぐ後ろに山があり2階の窓からはのどかな里山のような風景が眺められます。
homeaway
伝統的な日本家屋ですが、二間ある和室のひとつにはダイニングテーブルが置かれ、ベッドルームのうちひとつはベッドが備わっているので、洋室に慣れている方も安心です。
homeaway
有名な渡月橋も徒歩圏内。湯豆腐料理など、水が決めての嵐山グルメで温まるのもおすすめです。観光エリア嵐山の魅力を満喫できる家は、1泊18,564円。1人を超えると1人あたり2,500円の追加料金がかかるので、6人で泊まると1人あたり約5,177円です。

雪が舞う古刹の風景に出会う日本家屋

じつは京都市内はそれほど雪が降るわけではありません。積雪までするのは年に数回です。とはいえ冷え込む朝方には、雪がはらはらと舞い散ることもあり、人も少ないこの時間帯は雪の舞う古都を味わうチャンス。早起きして雪景色見物に出かけてはいかがでしょう。朱色の千本鳥居でおなじみの伏見稲荷大社に近い家は、リノベーション済。広々としたリビングダイニングは和とモダンが調和したインテリアが落ち着きます。この家には坪庭があるのもポイント。ダイニングの窓から和の小宇宙を眺めれば心癒されることでしょう。
homeaway
寝室は3つ。洋室にシングルベッドを備えた部屋と和室があり、いずれもゆったりした造りなのがうれしいところ。障子をイメージさせる和風の窓と現代的なインテリアがマッチした寝室はホテルのような雰囲気で、ぐっすり眠れそうです。
homeaway
京阪伏見稲荷駅、JR稲荷駅からも徒歩ですぐというアクセスのよさも自慢。洛南の古刹、東福寺へは電車で一駅です。境内にある、秋に紅葉の海の向こうに見える通天橋は紅葉の名所としてよく知られていますが、冬も趣深い風景に出会えます。木々に雪が掛かり、まるで雪の雲海の上に橋が浮かんでいるように見えるのです。
洛南の雪景色を楽しめる家は、1泊24,000円。4人を超えると1人あたり5,000円の追加料金がかかるので、8人で泊まると1人あたり5,500円です。

雪のアルプスの麓にある囲炉裏のある家

悠大な南アルプスの山並みが雪化粧した姿が見られるのは冬ならでは。江戸時代から300年以上続いているという古民家は、日本百名山にも選ばれた甲斐駒ケ岳を望む伊那市内にあります。
広々とした和室の一角にはなんと囲炉裏が。寒い冬に囲炉裏を囲んで話に花を咲かせば、心も体も温まりそうです。
homeaway
家の中には、さりげなくアンティークな水屋箪笥や杵と臼などが置かれています。伝統家具を眺めながら古人の暮らしに思いをはせてみるのも悪くありません。歳月を経てあめ色に変化した柱や床板も、古民家に泊まっている気分を盛り上げてくれます。ふすまで仕切れば3部屋分のベッドルームになりますが、大人数なら開け放って合宿のように泊まってもいいですね。
homeaway
信州の冬を感じる古民家は、1泊25,308円。1人を超えると1人あたり4,716円の追加料金がかかるので、12人で泊まると1人あたり約6,432円です。

幻想的な雪降る小樽運河を散策できる部屋

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する