• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての函館で絶対やるべき観光おすすめ7選

歴史・食・景色・温泉と旅要素満点の函館は路面電車のおかげで旅行初心者でもコンパクトで観光しやすい。函館空港が市街地に近く、北海道新幹線が新函館北斗駅の延伸開業で、よりアクセスしやすくなりました。そんな初めての函館観光でここでしかできない、やるべきおすすめ観光スポット7選をご紹介します。

このまとめ記事の目次

函館とは?

北海道道南地方の中心都市で人口は約27万人。札幌、旭川に次いで北海道第3位の都市です。江戸時代から海産物貿易が活発となり1800年頃からは江戸幕府の直轄となりました。1854年頃に日米和親条約で函館が選ばれ日本でもいち早く開港しました。この当時のその歴史が、異国情緒豊かな街並みとして現在に至る大きな要因となっています。
函館は北海道新幹線・新函館北斗駅ならびに函館空港からは在来線またはバスで約20分ほどのアクセス距離。また、市内には市電網が発達しており、少々坂道を歩く事ができるのであれば、十分それだけで主要おすすめ観光スポットを巡る事ができ、非常にコンパクトに観光を楽しめます。今回のご紹介するエリアは全て市電+徒歩のみでまわれる場所です。

1.「五稜郭」で函館の歴史に触れる

星型の五稜郭公園を上から眺める事ができ、初めての函館観光では絶対に外せないおすすめ観光スポットの1つです。四季折々で見える五稜郭の雰囲気も変わるため、何度行っても飽きないポイントです。五稜郭歴史回廊では、フィギュアで函館の歴史を展示してあり、歴史への関心が低い方も楽しめるようになっています。
五稜郭タワーからはそのままアクセスできる五稜郭公園。公園内にある函館奉行は江戸時代の函館支配の様子を感じる事ができ、北海道内でも独特な歴史を歩んできた象徴的な建造物の1つです。春は桜の名所としても有名です。
また五稜郭エリアは地元の人が集まる繁華街でもあります。観光客より地元の方が多いので、地元の方が楽しむ繁華街を訪れたい方は是非食事はこのエリアで食べてみましょう。
また市電の五稜郭公園前停留所からも徒歩約10分ほどとアクセスは抜群です。しかしJR五稜郭駅は駅名が似ていますが、非常に離れているので注意しましょう。
  • 北海道函館市五稜郭町43−9
  • 0138514785
  • 北海道函館市五稜郭町44
  • 0138-31-5505

2.「八幡坂・元町公園界隈」で異国情緒に触れる

このエリアは函館独特な西洋な雰囲気を味わえるエリアです。函館山の麓に位置しているため、坂のすぐ近く港を見下ろす地形となり、独特な景観も魅力的です。八幡坂は石畳と並木によって港が最も美しく見える坂と言われています。映画やテレビにも数多く登場する風景です。直線の道の先には函館港、そして晴れた日には渡島駒ヶ岳までを眺める事ができる、函館随一のビュースポットでおすすめ観光スポットの1つです。
洋風な異人館と墓地が立ち並ぶエリアは八幡坂よりすぐの元町公園。函館の異国情緒はこのエリアが一番感じる事ができます。園内にあるルネッサンス風建築の旧北海道庁函館支庁は1階が観光案内所、2階は函館市歴史図書館として利用されています。
  • 北海道函館市末広町19 八幡坂
  • 0138-27-3535
  • 北海道函館市元町12
  • 0138-27-3333

3.「ベイエリア」でオシャレなスポットでショッピング

函館朝市からも徒歩圏内で続いているのがこの金森赤レンガ倉庫。オシャレな赤レンガ倉庫は歴史があり元々は営業倉庫だったそうです。現在はショッピングモールとなっており、ビヤホールやカフェが並んでいて、オシャレな街並みを楽しむ事ができるおすすめ観光スポットです。
夜には金森赤レンガ倉庫は見事にライトアップされます。是非函館山の夜景と共に訪れる事をおススメします。
  • 北海道函館市末広町14−12
  • 0138-23-0350

4.「函館山の夜景」にウットリ

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する