• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
信州で極上のひとときを。料理と温泉に癒される長野の名宿14選

南北に長い高原の国長野。絶景の広がる観光地から温泉街、リゾート地まで、目的に合わせて様々な楽しみ方ができるのが魅力ですが、せっかく訪れるなら知る人ぞ知る名宿で、癒しのひとときを過ごしてみたくはありませんか。そこで今回は、長野を訪れるなら一度は泊まってみたい名宿14選を、温泉宿と高原リゾートホテルに分けてご紹介します。(※2018年1月に公開されたものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。)

このまとめ記事の目次

■信州厳選・温泉宿

【1】旅館さかや

「旅館さかや」では、敷地内から自然湧出する100パーセント源泉かけ流しのお湯が魅力です。こちらで有名な大浴場「鷹の湯」は、宮大工により造られた湯屋建築造りで、伝統の独特な雰囲気が漂い、温泉情緒に溢れています。季節の移り変わりが間近に感じられる開放感溢れる露天風呂の「月見の谷」もお勧めです。
古くから美肌の湯として知られている野沢温泉の温泉街の中心に建つ「旅館さかや」。江戸時代に造り酒屋として創業した由緒のある宿です。和風旅館の落ち着いた雰囲気が楽しめる客室と、信州の素材をたっぷり使ったこだわりの創作和食は、日常の雑踏を忘れさせてくれます。

詳細情報

  • 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷大湯9329旅館さかや
  • 0269853118

【2】上林ホテル仙壽閣

湯田中渋温泉郷の奥座敷、志賀高原の麓に位置する閑静な上林温泉にある和風旅館です。長野県最大級の毎分720リットルの湯量を誇る温泉が自慢で、壁一面から滝のように流れ落ちる大浴場、巨岩から滝のように溢れ出す露天風呂など湯量が豊富で、すべてが源泉かけ流しです。森林浴や雪見風呂など四季を通じて自然が楽しめます。
レトロモダンな温泉地に馴染む大正浪漫をイメージした外観とロビー、大理石を配したロビーからは、宿自慢の庭園が眺められます。そして数寄屋造りの客室、温泉付き客室が2室、4室の離れはすべて純和風で落ち着いた雰囲気です。信州牛をはじめ有機野菜を使った月替わりの懐石料理は仙壽閣お勧めです。

詳細情報

  • 長野県下高井郡山ノ内町上林1410
  • 0269333551

【3】「温宿」かじか

景勝地として知られる高瀬渓谷にある葛温泉は3軒の宿のみの知る人ぞ知る温泉です。その1軒である「温宿かじか」は、温泉宿とは思えない北欧風のお洒落な佇まいです。2つの源泉を持ち、原生林を間近に眺められる露天風呂と、源泉かけ流しのほんのり硫黄の香りのする温泉が楽しめる高野槙を使った内風呂があります。
館内は木のぬくもりが随所に感じられ、6室ある客室は広々とした和室で、大きな窓からは大自然が目の前に広がる静寂と癒しの空間です。渓流を望むレストランでは、信州の旬の食材を用いた繊細な料理が頂けます。館内には画家山川勇一朗氏の絵が展示されているミニギャラリーがありますので、湯上りにでも訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

jalanで見る
  • 長野県大町市平2106

【4】にし屋別荘

ヒバの露天風呂、檜造りの内湯、離れにある内風呂はすべて家族風呂になっており、内湯でも扉を開ければ半露天気分が味わえ、他を気にせずゆっくりと楽しむことができます。お湯は中房温泉から引いた弱アルカリ泉の天然温泉で、周囲の自然林を眺めながら旅の疲れを癒すことができます。
「にし屋別荘」は、北アルプスの山麓、安曇野の里に静かに佇む、5室だけの隠れ家的な小さな宿です。建物は古民家を移築したもので、5部屋の客室はそれぞれ異なった趣があります。食事処は和モダンな部屋にテーブル席と囲炉裏があり、信州の食材を使った懐石料理が次々と運ばれてきます。

詳細情報

jalanで見る
  • 長野県安曇野市穂高有明3613-42

【5】歴史の宿 金具屋

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する