• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
おしゃれとかわいいで溢れる街!話題のフィンランドでしたい9のこと

映画「かもめ食堂」がブームの火付け役となり、昨年2017年の建国100周年や2018年秋のムーミンパーク「メッツァ」の建設などフィンランドが話題になり続けています。そこで今回は、絶対外せない「フィンランドでしたい9のこと」をご紹介します。

このまとめ記事の目次

1.オーロラを見る

フィンランドでしたいこと1つ目は、オーロラ鑑賞です。フィンランドでは大変珍しいオーロラが見られ、その観測率は3日に1.66回と言われています。特にラップランド地方はオーロラが発生する領域、オーロラベルトに位置しているのでオーロラ観測の狙い目です。
オーロラは地球の天候に関わらず1年間いつでも発生していますが、人間の肉眼に映るのは限られています。時期としては9月から3月がオーロラ鑑賞に最適と言われていて、時間で言うと23時から0時が観測のピークです。フィンランドでは冬は建物内の気温は25度くらいに保たれていますが、夜には-30度と想像もできないほど気温が低下します。防寒着、防寒グッズをしっかり準備して行きましょう。

2.Ravintola Kamomeに行く

フィンランドでしたいこと2つ目は、「Ravintola Kamomeに行く」ことです。「Ravintola Kamome」は北欧ブームの火付け役となった映画「かもめ食堂」の舞台となったお店です。もともとは夫婦が2人で営んでいたお店で、オーナーの交代に伴って名前を変えて2016年にリニューアルされました。

Oishii Finland

やわらかい水色と白色、そしてウッド調の家具がとても北欧らしい内装のお店です。こちらは日本人観光客向けにフィンランドの味を堪能してもらいたい!という思いで作られたお料理で、9種類のフィンランド料理+デザート代わりに、自家製シナモンロールもついてきます。シナモンロールはフィンランド人にとって、おにぎり的存在なんだそうです。外国人向けに、和食もありますよ。

詳細情報

  • Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki, Finland

3.ヘルシンキ大聖堂に行く

フィンランドでしたいこと3つ目は、「ヘルシンキ大聖堂に行く」ことです。1812年にロシアによって首都がヘルシンキに移された後に建設が始まり、1852年に完成した歴史ある スポット。聖堂の下に広がる広大な階段は、市民の憩いの場としても有名で夏場にはアイスクリーム片手に日光浴を楽しむ人でいっぱいになるんだとか。

詳細情報

  • Unionsgatan 29, 00170 Helsingfors, Finland
  • +358 9 23406120

4.エスプラナーディ通りで北欧雑貨ショッピング

フィンランドでしたいこと4つ目は、「エスプラナーディ通りで北欧雑貨ショッピング」です。エスプラナーディ通りへはヘルシンキ中央公園から10分ほどで着きます。ここはヘルシンキ最大のショッピングストリートで、近くには公園もあります。買い物に明け暮れてもよし、のんびり公園でくつろいでもよしの最高のフィンランド満喫スポットですよ。
買い物に疲れてしまった時の休憩スポットにもおすすめです。夏の公園は花と緑が豊かでとっても気持ちがいいですよ。ベンチに座ってアイスを食べたり、コーヒーを飲んだり、芝生の上で寝転んだり、読書をしたり、おしゃべりしたり。みんなそれぞれのくつろぎ方で楽しんでいます。

詳細情報

  • Rue de la Gare Aux Marchandises, Strasbourg, France

5.ヘルシンキ動物園に行く

フィンランドでしたいこと5つ目は、「ヘルシンキ動物園に行く」です。ヘルシンキ動物園への主なルートはフェリーまたはバスの2つです。フェリーの運行は5月から9月までなのでそれ以外の時期にいく人はバスを利用することになります。
島が丸ごと動物園になっていて、公園や砂場もあります。檻の中は森の中のようになっているので、自然に近い環境での動物たちが観察できます。その分動物が見つけづらいこともありますが頑張って見つけてくださいね。ヨーロッパにしか生息しない貴重な動物を見ることもできますよ。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する