• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ニュージーランドの首都・ウェリントンの定番おすすめの過ごし方10選!

海外旅行は好きですか?でもちょっと皆が行くような定番の街はもう飽きちゃった。 ニュージーランドに行くのに、どのガイドブックを見てもウェリントンの十分な情報が見つからない。そんなあなたに、ウェリントン在住の私から見た女子旅におすすめの過ごし方をご紹介します!

このまとめ記事の目次

1.ケーブルカーに乗ってcityを見下ろす

定番中の定番、ケーブルカーです。
ロンドンバスのような鮮やかな赤が印象的ですよね。
入口で切符を買い、10分程乗った後は、ウェリントン中心部の景色や小島の景色が綺麗に見えます!頂上にはケーブルカーミュージアムやおしゃれなカフェもあるので、一息つくのもいいかもしれません。
駅の入口は大通りのLambton Quayから見逃してしまいそうなほど細い小道に入口がありますので、観光の際は看板をよく見ながら注意してくださいね。
  • LambtonQuay,Wellington,6011ニュージーランド
  • +6444722199

2.ボタニックガーデンを散歩する

上記のケーブルカーの頂上に隣接して作られているガーデンですので、ケーブルカー+ガーデン散策の組み合わせが効率的だと思います。
世界の植物やローズガーデン、室内植物園もあります。また春夏など期間限定で音楽イベント等開催されている事もありますので、要チェック!

3.Cuba Streetのカフェをめぐってみる

シティ中心部にある、カフェが特に集まるおしゃれ通り、キューバストリート。
あなたのお気に入りのカフェがきっと見つかるはず!また、有名なハンバーガー屋さんやフィッシュアンドチップス屋さんもあるので、ここでお腹を満たしてもいいかもしれませんね。
また、ニュージーランドは古いものを大切に使う文化があるので、古着屋さんやアンティークショップ、古本ショップもいくつもあります。是非あなただけの一点ものを見つけて下さい!
※ニュージーランドのカフェは基本的に15時~17時までの間に閉まるところが多いので、気を付けてください。

Address:Cuba St,Te Aro,Wellington

4.オリエンタルベイを散歩する

中心地にあり、観光スポットからもアクセス抜群のOriental Bay。有名モデルが撮影で訪れたというおしゃれな倉庫もここにありますので、海沿いを散策してみてください!
アイスクリームやコーヒーを飲みながら語りあかすのもいいかもしれませんね。

Te Papa museum、Underground Marketなどのすぐ隣にあります。

5.フォトジェニックなストリートアートに出会う

ウェリントンには、このようなインパクトのある大きなストリートアートがいたるところにあります!インスタ映えを狙う方にも是非おすすめです。是非あなたのお気に入りアートを見つけて下さい。ちなみにこのアートはCuba Streetから1本曲がったGhuznee Streetにあります。

6.テパパ博物館でニュージーランドについて学ぶ

この大きな博物館、なんと誰でも入場無料なんです!
ここではニュージーランドの生き物や自然現象、先住民族マオリの人々の歴史や文化を知る学ぶことが出来ます。展示物に日本語表記はありませんが、じっくり見て回るだけでも2~3時間は過ごせるはずです。

7.現地人の生活を垣間見る。マーケットにいってみる

週末になると、シティ中心部ではマーケットが開催されます。
上記の写真は、毎週土曜日にOriental Bayで開催されているUnderground Market。おもわずお土産に欲しくなるようなアートやアクセサリー、マオリのお土産まで買うことが出来ます。
毎週日曜日の朝から昼過ぎまでは、テパパ博物館のすぐそばの広場で野菜マーケットが開催されますので、曜日が重なった方は是非訪れて見てください!ニュージーランド特有の野菜やフルーツを探されてみてはどうですか?
また多国籍料理の屋台も並びますので、楽しめること間違いなしです!
  • Wellington Waterfront, Jervois Quay, Wellington, New Zealand

8.国会議事堂にいってみる

ニュージーランドの首都、ということで政府関係の建物も集中しています。
こちらは見た目からBEE HIVE(ハチの巣)と呼ばれている国会議事堂です。無料の見学ツアーを随時催行されているので、チェックしてみてください。

Address:Molesworth St, Pipitea, Wellington

9.世界的に有名な映画製作スタジオに行ってみる

WETA CAVE。こちらは映画製作スタジオに隣接されているお土産ショップです。
誰でも入場料なしに入ることが出来ます。あの映画の様々なキャラクターがあなたを迎えてくれますよ。
実際に映画の備品を作っているところを見学するツアーも催行されていますが、予約必須・別料金です。私が参加した際には、今まで製作してきた映画の説明や、制作秘話、俳優たちが使用していた武器やコスチュームを実際に触って体感することが出来ましたので、お土産ショップだけとはいかずツアーに参加されてみてはいかがですか?

Address:1Weka St, Miramar
City中心部から1番のバスMiramar行きに乗り、終点で下車すぐの所にあります。

10.野生のアザラシに会いに行く

野生のアザラシに会える事で有名なRED ROCKS。シティ中心部から1番のIsland Bay行きのバスに乗る事約30分、終点で降りて、海沿いをひたすら歩くこと約2時間。
野生のアザラシの群れに出会うことが出来ます!日本だとそうそうないですよね!
公衆トイレも途中1か所ありますので、体力と時間のある方は是非!
(※季節が日本とは逆で、シーズンは5月~10月の寒い季節のみです!)

いかがでしたか?

以上、ウェリントンの過ごし方10選をお届けしました。
ニュージーランドを旅行する際は是非参考にしてくださいね。

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

shizuku3ニュージーランド在住。ニュージーランド全土や近隣国の情報を中心にお届けします!

このまとめ記事に関して報告する