• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【2018年1月オープン】豪華セレブ宿 “ハイアットセントリック東京銀座”とは?

2018年1月、東京・銀座に「ハイアット セントリック 東京 銀座」がオープンしました。世界の有数都市にある豪華セレブ宿「ハイアット セントリック」は、アジア初進出となります。今回は、そんな素敵なホテルについてご紹介していきます。今年の誕生日/記念日は、「ハイアット セントリック 東京 銀座」に決まりです。(※掲載されている情報は2018年2月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

“ハイアット セントリック”ってどんなホテル?

まず、ホテルブランドについてご紹介していきます。「ハイアット セントリック(Hyatt Centric)」は、ラグジュアリーなホテル「ハイアット」の系列ブランドで、世界でも主要なビジネス都市や観光都市の中心地に展開しています。
ハイアット セントリックには、「街の中心」「情報の中心」の二つの意味が込められています。ただ宿泊するだけでなく、それ以上の価値を提供し、街が持つ個性をホテル自身がもち、街の情報も提供してくれるホテルなのです。
「情報の中心」であることは同時に、やってくるゲストとのコミュニケーションも大切にしているということでもあります。ハイアットだからこそ、高いホスピタリティを十分に備えており、温かみのあるサービスは受けることが出来ます。

“ハイアット セントリック 東京 銀座”とは?

アジア初進出!

北米を中心に展開していたハイアット セントリック。アジア初進出となるのが「ハイアット セントリック 銀座 東京」です。2018年1月22日(月)、都会の一等地である銀座にオープンしました。

伝統と革新のデザイン

デザインを務めたのは、赤尾洋平氏が中心となる「ストリックランド」。ラグジュアリーで、和やアジアンを組み入れた空間が評判です。最先端の文化と歴史や伝統が入り混じっている銀座ならではのデザインが光ります。

東京・銀座らしさ

ホテルの入り口は、荘厳なクラシックな造りでありながら、最先端のファッションを感じさせるカラフルなオブジェが見えます。銀座のシンボルのように、ゲストを迎え入れてくれるのです。
一見すると、ホテルではなくブティックやレストランのようにも見えますね。新しいものを取り入れていくスタイルは、まさに銀座スタイルであり、東京スタイルでもあると言えるでしょう。

広々とした和モダン客室

銀座を眺めながら

ラグジュアリーホテルで一番気になるのは、客室。銀座にいることを忘れてしまうほど、広々とした豪華客室では、ゆったりとした時間を過ごすことが出来るでしょう。窓から見える銀座の夜景も素敵ですね。

絵と楽しむ景色

窓のサイドに描かれたイラストは、まるで襖(ふすま)絵のようです。外の景色とともに、内なる文化も味わうことが出来ます。景色とともに美しい絵を堪能することが出来るという点でも、楽しむことが出来るでしょう。

4種類の客室

客室の種類は、スタンダード、デラックスルーム、スイート、そして客室最上階にあるナミキスイートの4種類。ナミキスイートには、キッチン付きのダイニングエリア、銀座を一望するテラスも備わっています。

コンパクトな遊び心

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する