• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての福井で絶対にやるべき観光おすすめ7選

東尋坊や恐竜。福井(嶺北・福井市周辺)には決まった1つの魅力というよりも、バラエティ豊かな魅力が詰まっています。北陸周遊旅行にも是非立ち寄りたい福井。今回は初めて福井を訪れる方向けに、北部の嶺北地方に絞って絶対にやるべき観光おすすめを厳選してまとめましたのでご紹介します。

このまとめ記事の目次

福井(嶺北)の観光のすすめ

福井(嶺北・れいほく)は福井県北部のエリアで金沢や富山とのアクセスも近く、北陸周遊にもピッタリなエリアです。福井を指す「越前」と言われるエリアはこの地域になります。同じ福井県といえども敦賀市を中心とする嶺南地域とは文化も歴史も異なっており、北陸地方の文化は嶺北地方の方が強く残っています。
中心となるのはJR北陸線「福井駅」と「芦原温泉駅」で特急列車の停車駅にもなっている為非常に便利です。(「芦原温泉駅」は一部列車が通過します)交通は両駅を拠点として観光する事になります。
観光スポットが点在している福井では、鉄道駅よりバス乗り継ぎのアクセスが殆どのため、効率性を重視する場合は自家用車やレンタカーの利用もおすすめです。北陸自動車道と中部縦貫自動車道が主に使うアクセス路線となります。冬場の運転は雪道になる事もあり、十分に注意が必要です。

1.「東尋坊」で奇勝地を楽しむ

波の浸食によって荒々しくできた断罪絶壁が続く日本有数の奇勝地が「東尋坊(とうじんぼう)」です。岩の上から眺める事もできますし、遊覧船や東尋坊タワーなどで海上や上から見下ろすようにして見る事もでき、様々な楽しみ方ができます。
「東尋坊」へはJR北陸線「芦原温泉駅」から京福バスで約1時間ほどのアクセスになります。車の場合は出発地により最寄りのインターチェンジが異なりますので、ルートを確認して向かうようにしましょう。尚、「芦原温泉」の温泉街からは京福バスで40分のアクセスです。
  • 福井県坂井市三国町安島
  • 0776-82-5515

2.「芦原温泉」で北陸屈指の温泉で寛ぐ

石川県の加賀温泉に近く、北陸屈指の温泉地「芦原(あわら)温泉」。福井観光だけでなく、北陸周遊型の観光でも拠点として使いやすくおすすめです。冬の時期には「越前ガニ」などの料理も楽しめるので、その時期に訪れる場合は是非体験してみましょう。
「芦原温泉」へはJR北陸線「芦原温泉駅」から京福バスで約15分のアクセスです。旅館によっては送迎バスが出ている場合もありますので事前に確認しておきましょう。車の場合は北陸自動車道「金津IC」より約10kmのアクセスです。
  • 福井県あわら市温泉

3.「丸岡城」で現存する最古の天守閣を見る

「丸岡城」は現存天守閣では最古の建築様式を持つ平山城になっています。春には桜の名所としても有名で、桜の中に浮かぶ丸岡城は非常に幻想的です。「丸岡城」は深い歴史を持っているので、福井の歴史、日本の城の歴史を感じに是非訪れてみましょう。
「丸岡城」へは京福バスでのアクセスになります。JR「芦原温泉駅」からは約20分、JR「福井駅」からは約40分のアクセスです。車の場合は北陸自動車道「丸岡IC」より約4km程の道のりになります。
  • 福井県坂井市丸岡町霞町1丁目59
  • 0776-66-0303

4.福井駅界隈で郷土料理「越前そば」を食べる

福井の郷土料理といえば「越前そば」。福井だけでなく、石川・富山を含めた北陸地方で広く食べられてきた歴史があります。大根おろしを添える「おろしそば」が特徴です。代表的なお店に「福そば」があり、本店は大野市ですが福井駅前にも支店があり、距離も近いので立ち寄って食べるのにおすすめです。
「福そば福井駅前店」へはJR北陸線「福井駅」より徒歩5分の立地になります。車では北陸自動車道「福井IC」より約5kmの道のりです。車の場合は、福井市街地に向かう道のため混雑が予想されるので注意しましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する