• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
欲張り女子の夢が叶う旅先!台湾女子旅でしたい10のこととおすすめスポット

今や女子旅、週末旅、カップル旅の代表的な旅行先となっている台湾。日本から3〜4時間で行くことができ、フォトジェニックなスポットや美味しいグルメまでたくさんの見所があります。そんな台湾でやりたい10のことをご紹介します。ぜひ台湾に行く機会があれば参考にしてくださいね。 (※掲載されている情報は2018年4月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

【1】おいしいカフェ巡り

※画像はイメージです

台湾女子旅でしたい10のこと、1つ目にご紹介するのは「おいしいカフェ巡り」です。旅先の雰囲気を感じたいならまずは地元のカフェに行くのが1番いいですね。台湾にも可愛くて美味しいカフェがたくさんあるんです!

Melange Café

まずご紹介する台湾のおすすめカフェは「Melange Café(メランジェカフェ)」。中山駅周辺はたくさんのお土産屋さんやレストランが揃う台湾の中心エリア。そんな中山駅にあるこのカフェでは、美味しいワッフルが大人気です。
  • Lane 16, Section 2, Zhongshan North Road, Zhongshan District, Taipei City, Taiwan, Province of China
  • +886 2 2563 6768

OROMO Cafe

続いてご紹介するのは「OROMO Cafe(オロモカフェ)」です。ここのカフェは、「滑り台があるカフェ」として台湾の女子たちを中心に大人気のカフェなんです。Wi-Fiやコンセントも揃っていて、何時間でもいられるようなスポットになっています。
  • No. 26, Nanyang Street, Zhongzheng District, Taipei City, Taiwan, Province of China
  • +886-2-2311-7070

【2】十分でオリジナルランタンを飛ばす

photo by whiteberry
台湾女子旅でしたい10のこと、2つ目にご紹介するのは「十分でオリジナルランタンを飛ばす」です。台北市内から鉄道やローカル線を乗り継いで1時間半の場所にある十分(シーフェン)では、自分たちオリジナルのランタンをあげることができるんです。
十分の街に着くと、たくさんの人が次々とランタンをあげている光景が目に入ります。色を選び、墨で願い事を書いたら、店員さんがたくさん写真を撮ってくれます。合図に合わせてランタンをあげましょう!線路とランタンのコラボがフォトジェニックですね!ダントツ人気は恋愛運のピンク色だそうですよ。
  • 十分老街

【3】人気小籠包を食べまくる

台湾女子旅でしたい10のこと、3つ目にご紹介するのは「人気小籠包を食べまくる」です。小籠包は日本でも人気の高いグルメ。台湾には本場ならではの絶品小籠包店がたくさんあります。滞在中は小籠包を食べまくってみてはいかがですか?

鼎泰豐(ディンタイフォン)

ご紹介するのは鼎泰豐(ディンタイフォン)です。こちらのお店は、日本に数多く店舗を持ち、日本で最も人気と言っても過言ではないお店。台湾の鼎泰豐だけにしかないオリジナルメニューなどもあるのでぜひ行ってみてください!安定の美味しさですよ。
  • 104 Taipei City, Zhongshan District, Nanjing West Road, Taiwan
  • +886 2 2511 1555

【4】九份に日帰り旅

台湾女子旅でしたい10のこと、4つ目にご紹介するのは「九份に日帰り旅」です。今や台湾の定番スポットとなっている九份。日暮れからランタンが灯り始め、街中がランタンの明かりで照らされる姿はなんとも幻想的。「千と千尋の神隠し」のモデルとしても有名になりました。
台北市内からは1時間半程度、十分からも手軽に行くことができます。みなさんがよく見るであろうこの写真は、実はお茶屋さんなので実際に中でお茶を楽しむこともできます。のんびりお茶をしながら日が暮れるのを待つのもいいですね。
  • jiufen Taiwan,

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する