• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての青森・奥入瀬・十和田で絶対にやるべき観光おすすめ8選

東北最北端の青森県。十和田湖・奥入瀬・八甲田山をはじめとする自然景観と、ねぶた祭りの代表される街文化の残る青森市の観光ルートは非常に魅力的です。しかし、なかなか初めての旅では土地勘がなく、計画が立てづらいもの。今回は初めて青森(十和田・青森市)を訪れる人向けに、絶対にやるべき観光おすすめを厳選してまとめましたのでご紹介します。

このまとめ記事の目次

青森・奥入瀬・十和田観光のすすめ

青森(十和田・青森市)は青森県の中央を縦断する観光ルートです。十和田湖や奥入瀬へはバスでのアクセスも可能ですが、小回りが利きづらいのでレンタカーでのアクセスがおすすめです。一方で青森市内は公共交通機関でのアクセスでもしやすく、レンタカーでもバスや電車でもどちらでも観光を楽しむ事ができます。
十和田湖・奥入瀬へは東北新幹線「新青森駅」や「青森空港」でレンタカーを借りるのが最適です。十和田湖の拠点は「休屋」、奥入瀬の拠点は「焼山」、青森市の拠点は「青森駅」になります。拠点への移動方法をまずは確保して旅行計画を立てましょう。今回は、十和田湖から青森市内へ抜けるルート順にご紹介します。
  • 青森県青森市石江高間140−2
  • 青森県青森市大字大谷字小谷1-5
  • 017-739-2000

1.神秘の湖「十和田湖」の絶景を見る

「十和田湖」は日本で3番目の深さ(326m)を誇り、極寒の地にも関わらず、冬でも湖面が凍らない事から「神秘の湖」と言われています。眺望スポットも多く、1周ぐるりと回ってみるのも良いでしょう。「発荷峠展望台」は雄大さが眺められるのでおすすめです。
「十和田湖」へは青森市内から70km前後。奥入瀬や八甲田山を通らず向かう場合には、東北自動車道「黒石IC」などを利用するとより速く移動する事ができます。冬には「十和田湖冬物語」が開催されます。新青森駅・青森駅からはバスも運行されているのでうまく活用しましょう。
  • 青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
  • 0176-75-2425
  • 秋田県鹿角郡小坂町十和田湖字生出
  • 0176-75-1531

2.「十和田湖遊覧船」で湖上から絶景を眺める

湖上からの絶景ポイントを眺める事ができるクルージング。十和田湖の拠点「休屋」から運行されている「十和田湖遊覧船」は十和田湖に来たからには是非体験しておきたいスポットです。年によりコースが変更になる場合があるので、事前に確認をしておきましょう。
十和田湖の拠点「休屋」より運行されている為、「十和田湖」にアクセスができれば「休屋」に向かえば問題ありません。付近には十和田湖、青森・秋田両県の名産を使ったレストランがあり、休憩にもおすすめです。
  • 青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
  • 0176-75-2201

3.「奥入瀬渓流」で絶景トレッキング

十和田湖を水源として原生林の中を流れていく「奥入瀬(おいらせ)渓流」。四季の変化により見える景色が変わるのもポイントで、まるで絵に描いたような風景が広がっています。東北地方を代表する絶景が奥入瀬にあり、絶対に行くべきスポットです。
「奥入瀬渓流」は約14kmもの距離に絶景が続いています。できれば全体的に訪れてみたいのですが、時間によっては石ヶ戸~阿修羅の流れ(約1.5km)と雲井の滝~銚子大滝(約4.7km)に絞って訪れるのもおすすめです。奥入瀬「石ヶ戸」へは十和田湖「休屋」から国道103・102号線を通り約20kmの道のりです。
  • 青森県十和田市奥入瀬渓流
  • 0176-74-1233(奥入瀬渓流館)

4.絶景の渓流沿い「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」に泊まる

奥入瀬はトレッキングの距離も長く、できればゆっくり滞在する事をおすすめします。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」は奥入瀬渓流沿いにある唯一のホテルで、絶景を楽しみながらののんびりとした滞在が楽しめます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する