• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての北海道・札幌で絶対にやるべき観光おすすめ10選

北の大地、北海道・札幌。本を見るだけでも楽しくなる札幌ですが、初めての北海道・札幌旅行でどこに行けばよいのか、戸惑ってしまうものです。今回は初めて北海道・札幌を訪れる人のために、絶対にやっておくべき観光おすすめを厳選してまとめましたのでご紹介します。

このまとめ記事の目次

札幌観光のすすめ

北海道の中心地・札幌は人口約194万人の日本第5位の大都市です。札幌を観光する場合にはレンタカーなどは不要で、地下鉄を初めとした公共交通機関での観光を楽しむ事ができます。JR「札幌駅」から「大通」「すすきの」までの間は地下通路で繋がっており、電車に乗らなくても移動する事ができます。札幌駅~すすきの駅までは徒歩20分程です。
また新千歳空港からはJR千歳線・快速エアポートを利用するか、バスを利用します。ホテルの場所によって選ぶのが最適で、札幌駅界隈の場合はJR千歳線・快速エアポートを、大通・すすきの界隈の場合はバスが最適です。ただし、バスは渋滞に巻き込まれる可能性がありますので注意が必要です。

1.「大通公園」で四季の札幌に触れる

「大通公園」は札幌中心部の緑に囲まれた公園で、「さっぽろ雪まつり」や「YOSAKOIソーラン祭り」なども開催される札幌屈指のスポットです。四季折々のイベントも開催されているので、訪れる時に何が開催されているか、楽しみに行くのも良いでしょう。
「大通公園」はJR「札幌駅」からは地下歩行空間「チカホ」経由で約900m、徒歩12分ほどで到着します。地下鉄では全路線が乗り入れる「大通駅」が最寄駅になります。大通公園の東端「さっぽろテレビ塔」へも合わせて訪れてみましょう。
  • 北海道札幌市中央区
  • 077-251-0438
  • 北海道札幌市中央区大通西1丁目
  • 011-241-1131

2.「北海道庁旧本庁舎」で札幌の歴史を感じる

1888年に完成した「北海道庁旧本庁舎(赤レンガ庁舎)」は北海道の開拓の歴史を感じる事ができる札幌随一のスポットです。四季により見える風景が変わるのも特徴的で、赤レンガの建物が歴史を感じさせてくれます。
「北海道庁旧本庁舎」へはJR「札幌駅」より徒歩7分の場所にあります。付近には「赤レンガテラス」ができ、「北海道庁旧本庁舎」へのストリートとして、赤レンガ風の道となり、雰囲気を盛り立てています。
  • 北海道札幌市中央区北3条西6
  • 011-204-5019

3.日本最古の塔時計「札幌市時計台」

「札幌市時計台」は1878年に完成した、現存する日本最古の塔時計です。130年以上もの間、動き続けています。周辺に高いビルが立ち並ぶようになったため、少し目立たなくなりましたが、北海道の開拓の歴史を感じるスポットとして、是非訪れましょう。
「札幌市時計台」へは地下鉄「大通駅」から徒歩5分。JR「札幌駅」からも徒歩10分と非常に近く、訪れやすい場所にあります。花々がキレイに時計台を彩っており、季節によって見え方が変わるのも特徴です。
  • 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
  • 011-231-0838

4.「北海道大学ポプラ並木」を見に行こう

「北海道大学」は東京ドーム約38個分の広大な敷地を持ち、エルムの森など、自然に囲まれたキャンパスが印象的です。大学の象徴の「ポプラ並木」は観光名所にもなっており、北海道らしさを感じる事ができるのでおすすめです。
JR「札幌駅」より「北海道大学ポプラ並木」へは徒歩18分。大学の入口までは約7分です。札幌の中心駅より徒歩わずか10分と少しで自然豊かな場所に到達するのも、北海道らしい風景で、四季を感じながら向かう事ができます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する