• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【トランジットから宿泊まで】無敵のプラン!プーケット女子旅完全ガイド

みなさんこんにちは。寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。こんなにも寒いと、南国へも行きたくなるはず。今回は女子旅人気トップのタイ、プーケットの女子旅をフリープランで行きたい方へ、完全ガイドをご紹介します。(※記載の情報は2018年2月時点のものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

完全フリープランで行ってみたいけど。

せっかくの女子旅だし、時間に左右されずに行動できる、「フリープラン」がいい。と考えている方も多いはず。フリープランとは、ホテルと宿だけ旅行会社のものを予約し、あとは自由にプランニングするというもの。
その他に、航空券も宿泊先もすべて自分たちで決めていく、完全フリープランもありますよね。筆者はつい先日、この完全フリープランでプーケットに行ってきました。今回はおすすめ完全フリープランをご紹介。

①宿泊先はAirbnbがおすすめ。【宿泊先編】

まずはじめに、気になるのが「宿泊先」です。手厚いサービスや空港からのアクセスが嬉しいホテルで、快適に過ごすのか、価格を優先し、最近ブームの「Airbnb」(エアビーアンドビー)などの別荘やアパートを借りるほうがいいのか..
完全フリープランの筆者が宿泊したのは、空港からタクシーで一時間ほどのところにあるコンドミニアムでした。プールやジムが使い放題のリッチなアパートで、実際に住んでいる人もいます。
アメニティは全部そろっていて、タオル数枚、ヘアドライヤーなども完備。ホテルにはないお皿などの食器、ケトル、電子レンジなどがあるので、自炊して節約することもできちゃいました。値段はなんと6日間の滞在で1人約1万円。(価格変動の可能性があります)
なんといっても、一番の魅力は、全長100mの巨大プール。宿泊客・住民であれば、夜の10時まで使い放題でした。プーケットだから絶対に海は行きたいけれど、プールだって外せない、そんな方におすすめです。

詳細情報

hotelsCombinedで見る
  • Vichitsongcram Rd Kathu Phuket

アクセス:空港からリムジンタクシーで約1時間。電話番号は、連絡をとるホストによって異なります。

②格安航空券はトランジットが心配 【トランジット編】

航空券の準備で大切なのが、「航空券」ですよね。すでに航空券の価格比較サイトなどは複数あり、数社の中から最安値を見つけることが容易になってきました。しかし格安航空券で気になるのはトランジット。
最高でも3~4時間の待ち時間でトランジットができるなら、空港内のカフェやレストラン、航空会社のラウンジなどで過ごすのがおすすめです。長旅はリラックスして、現地で使うエネルギーをとっておきたいもの。

おすすめスポット「CAPSULE BY CONTAINER HOTEL」

プーケットに行く途中、マレーシア・クアラルンプールでトランジットがなんと12時間あった筆者は、こちらのカプセルホテルに泊まりました。価格は9時間で日本円で約3000円。シャワールームやタオル、歯ブラシ、ペットボトルの水などが付いてこの値段。
ホテル内は、カラフルでとっても可愛らしく、女性が好きそうなデザインで溢れていました。暇つぶしに本を読めたり、もちろんインターネットも使うことができたり、快適に過ごすことができます。
部屋1つ1つは、もはや「カプセル」とは程遠く、とっても可愛いんです。コンセントの差し込み口が枕元にあり、壁には折り畳み式のテーブルが。朝、メイクをするのにとっても便利でした。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する