• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
川越の新たな観光スポット!『トリック3Dアート in COEDO』オープン

2018年3月31日(土)、国内外のメディアに多数取り上げられるトリックアート作家・服部正志の東日本初のミュージアム『トリック3Dアート in COEDO』が川越・蔵造りのエリアにオープンします。観光の思い出写真が撮れる小江戸・川越オリジナル作品もあるのだそう。川越の新たな観光スポットになりそうですね。

このまとめ記事の目次

『トリック3Dアート in COEDO』川越にOPEN

オープン日:2018年3月31日(土)

2018年3月31日(土)、国内外のメディアに多数取り上げられるトリックアート作家・服部正志の東日本初のミュージアム『トリック3Dアート in COEDO』が川越・蔵造りのエリアにオープンします。
ヨーロッパ、日本など国内外のメディアに多数取り上げられている服部正志氏は、強烈な錯覚効果をもつ現代的な作品を製作しています。そんな服部氏の地元でもある川越のミュージアムには、約30作品を選抜して展示するのだとか。
観光の思い出写真が撮れる小江戸・川越オリジナル作品もあります。小江戸・川越のシンボルである時の鐘をモチーフにした『時の鐘に登る』や川越祭りのイメージで製作した『ホローフェイス/川越祭りの三つのお面』など盛りだくさん。川越観光の際には訪れることをおすすめしますよ。

旅の思い出写真にぴったり!

こちらは作者のスタジオも兼ねているので、タイミングが合えば作者の作品解説に触れられるのだとか。撮りあって楽しむ参加型トリックアートは、ファミリー、カップル、お友達同士など、誰とでも楽しめること間違いなし!川越の新たな観光スポットになりそうですね。

詳細情報

『トリック3Dアート in COEDO』
オープン日:2018年3月31日(土)
営業時間: 10:30(水曜は13:00)~17:30(最終入館17:00)
価格: 大人(高校生以上) 700円/小人(4歳~中学生) 500円/4歳以下 無料
  • 埼玉県川越市元町1-13-1
  • 049-298-4727

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する