• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
三宮でイタリア料理を食べるなら!気軽に行けるお店10選

イタリア料理のお店には、イタリアの大衆食堂や家庭料理を提供する「トラットリア」と、高級感があり、コース料理を楽しむ「リストランテ」、ワインを楽しむことがメインの「エノテカ」とそれぞれ呼び名があります。三宮にも、たくさんのイタリア料理店があります。どこに行くか考えるとき、お店の名前を少しだけ意識してみると行きたいお店が決まりやすいですよ。ぜひ、参考にしてみてください。

このまとめ記事の目次

1.ターナフォルノ 三宮店

ターナフォルノ

三宮駅前にあり、緑と茶色の木目が洒落ていて落ち着く印象のお店です。リーズナブルに本格的なピッツァを楽しめるとあって、三宮界隈行ったらぜひとも食べておきたい店の一つです。店内も落ちついたインテリアでゆっくりとワインなど飲みながら、ディナーを楽しめます。

ターナフォルノ 三ノ宮

メニューの種類が豊富で雰囲気もよく、ピッツァもパスタもどれもお値段が手頃なので、女子会などで利用しやすいですね。平日ランチは特にコスパが良く、窯焼きの本格ピッツァや美味しいパスタなどを、とても良心的な値段で頂けます。場所もコスト的にも気軽に立ち寄れるお店です。

基本情報

tabelogで見る
  • 兵庫県神戸市中央区加納町4-3-14 高木ビル1F
  • 05055899186

2.RValentino(アールヴァレンティーノ)

R Valentino

南イタリアの小さな町のトラットリアという感じで、情緒を感じられるお店です。南イタリアを中心とした家庭料理が頂けます。三宮の大通りから一本中に入った路地にあるビルの3階にあります。元気なイタリアの挨拶が飛び交う活気溢れる中、楽しい気分で食事を楽しめます。

R.valentino

イタリアンは場の雰囲気もとても大切です。本場のイタリアの食堂にいるような雰囲気のなかで食べる料理はどれも本格的。イタリアの本場さながらの楽しい雰囲気にさらに食欲が増し、料理の美味しさも増します。一度訪れるとまたすぐ訪れたいという声が多いお店です。

基本情報

  • 兵庫県神戸市中央区加納町4-5-13ヌーバスピリトビル3F
  • 0783321268

3.炭焼MITSU

炭焼MITSU

三宮駅から異人館方面へ北上、北野坂の路地を入った辺りにある隠れ家的なレストランです。炭焼きで頂くイタリアンというおもしろい組み合わせのお店で、女子会やデートなどで寛ぎたい方におすすめの落ちついた空間です。まずは美味しいタパス系とともにワインを楽しみましょう。

炭焼MITSU

メインディッシュの人気メニューは、鮑などの魚介系や肉料理です。迷ったときには旬の素材を活かした季節限定のコースや目玉商品として書かれているメニューをオーダーしてみてください。シェフが食材ごとに吟味して調理していますので、旬の食材のメニューはぜひおすすめです。

基本情報

  • 兵庫県神戸市中央区中山手通1-14-9 大月ビル1F
  • 0783213212

4.ピノッキオ

ピノッキオ

神戸のガイドブックにも頻繁に登場する、老舗のかわいらしいピザスタンドです。中山手通りにあり、読書好きな人には有名な作家の小説に出てくる「小さな紙片が付いたピザ」が頂けるお店です。この小さな紙片には、このお店で何枚目のピザなのかが記されています。

ピノッキオ

時代を重ねた趣を感じられる店内の雰囲気が素敵で、老舗でしか作り出せない心地よさがあります。有名なピザは、ホワイトソースとモッツァレラチーズという極めてシンプルのものです。生地のサクサクの食感とクリーミーなチーズのバランスが丁度良く、癖になる味わいです。

基本情報

  • 兵庫県神戸市中央区中山手通2-3-13太洋ビル1F
  • 0783313330

5. erre (エッレ)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する