• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【終了】約90本の桜と東京の粋を楽しむ。「八芳園 Spring Festival」開催

2018年3月19日(月)~4月15日(日)の期間、庭園内の約90本の桜と共に江戸・東京の粋を楽しむ「八芳園 Spring Festival2018”粋“大江戸、爛漫」が八芳園で開催されます。昼・午後・夜と1日を通して様々なイベントが開催されるので人数や時間帯にあわせて、思い立ったらいつでも桜を見ることができますよ。

このまとめ記事の目次

「八芳園 SpringFestival2018 "粋"」開催

開催期間:2018年3月19日(月)~4月15日(日)

2018年3月19日(月)~4月15日(日)の期間、庭園内の約90本の桜と共に江戸・東京の粋を楽しむ「八芳園 Spring Festival2018”粋“大江戸、爛漫」が八芳園で開催されます。
歴史ある八芳園の庭園には、吉野桜・八重桜・しだれ桜・御衣黄あわせて約90本の桜があり、3月下旬から順番に咲いていくので、長く桜を愉しむ事ができるのが特徴なんだとか。昼・午後・夜と1日を通して様々なイベントが開催されるので人数や時間帯にあわせて、思い立ったらいつでも桜を見ることができるんです。

桜特別ライトアップ PINK LIGHT UP -Sakura Pink Illumination-

2018年3年21日(祝・水)~4月8日(日)の期間、日没~22時頃まで、庭園内の「染井吉野」を中心に庭園が桜色に染まります。昼間の桜とは一味違う、幻想的な桜を楽しむことができますよ。

粋 NIGHT

世界のトップアーティストをも魅了する「沖野修也(KJM)」が、八芳園を占領し、今年も日本庭園をもてあそぶんだとか。会場は、夜桜を一望できる本館。心躍る音楽、心躍る美酒、そしてライトアップされた桜が大人のハートを打ち抜きますよ。予約不要で当日思い立ったら参加することができます。

桜花爛漫祭「大江戸屋台2018」※要予約

今年の桜花爛漫祭では、オリジナル櫓「KAGURA」が設置され、和洋中の多彩な屋台料理をビュッフェ形式で楽しむことができます。江戸食を代表する「すし」「天ぷら」はもちろんのこと、江戸野菜、下町和菓子など東京ならではのメニューが用意されているんだとか。当日は、「東京高円寺阿波踊り」や、東京地酒の「利き酒コーナー」がお花見を盛り上げますよ。

美食縦断 2018「粋三昧」※要予約

江戸蕎麦・江戸野菜・江戸地酒。東京の粋を五感で楽しむ贅沢な一夜を過ごすことができます。当日は、石川酒造・豊島屋酒造の蔵元も参加し、作り手自ら日本酒のこだわりを披露。
料理人も目の前で腕を振るい、手打ち蕎麦をはじめとした一品一品を丁寧に仕上げていきます。

ほろ酔い切子体験

東京江東区の江戸切子職人「清秀氏」のWAZAを目の前で見ながら、東京地酒「石川酒造」「田村酒造」「小澤酒造」を愉しむクラフトイベントです。日本を代表する伝統工芸に挑戦し、最後はMY切子で地酒を堪能。当日は、日本酒や日本のワインに合わせた、オリジナルお花見弁当も用意されていますよ。

提携農家から届く新鮮野菜や生産者の方が心をこめて作っているワインがおいしい、Farm to Table「スラッシュカフェ」※要予約

テラス・店内のどの席からも庭園の桜を見ることができるスラッシュカフェは、今年農園から届いた新鮮な野菜に加え、牧草だけで育った完全放牧牛「グラスフェットビーフ」やスーパーフード「デーツ」を使い、身体にも優しい味わいを提供。テラス席の予約はお早めに!

カウンター越しの庭園の景色と、寿司職人が握るお寿司、こだわりの日本酒が美味しい槐樹(えんじゅ)※要予約

カウンター越しに桜をはじめとした庭園の景色を眺めながら、目の前で握るお寿司を味わうことができる槐樹では、旬と寿司をテーマに春の味を存分に愉しむことができますよ。

春を存分に楽しもう!

いかがでしたか?はやいものでもう桜の季節になりました。このイベントは昼も夜も楽しめるのが嬉しいですよね。春を存分に楽しみに、ぜひ足をはこんでみてください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する