• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【最高の女子旅】超フォトジェニック!京都のおしゃれなデザインホテル12選

女子旅で特に重要なのがホテル選び。安いホテルでリーズナブルに済ませるのもいいのですが、たまには贅沢に、そして、とびっきりおしゃれなひと時を過ごしてみませんか?京都のフォトジェニックなおしゃれホテルをご紹介します。部屋、料理、お風呂、随所に京都らしさと女心をくすぐる工夫が光る、女子旅におすすめのホテルを激選しました。インスタ映え間違いないおしゃれなホテルを選びたい方は「【最高の女子旅】超フォトジェニック!京都のおしゃれなデザインホテル12選」を参考にしてみてください。

このまとめ記事の目次

1.THE SCREEN(ザ スクリーン)/丸太町

建物は建築家の岡田新一氏がデザインした大理石のシックな装い。内部は13組のアーティストにより、リノベーションを実現した全13室の客室からできている「THE SCREEN」。つまり、13部屋それぞれのコンセプトがある全く新しいデザインホテル。ロビーでは、京和傘の老舗「日吉屋」がプロデュースしたシャンデリアと、西陣織のソファが宿泊客をお出迎え。感性を研ぎ澄まされる、フォトジェニックでインパクト大のホテルです。
ホテルの中にはフレンチを楽しめるレストラン「BRON RONNERY(ブロン・ロネリ)」があります。追いついた雰囲気の店内は、京都らしい天井画など、話のエッセンスも感じられ、一流シェフの洗練された料理を楽しむことができます。シックな雰囲気と、スタイリッシュなフレンチはインスタ映えすること間違いありません。
建物の最上階にはプライベートラウンジ「そら床 鍾馗 SHO-KI(しょうき)」があります。春から秋の晴れた暖かい夜には、テラス席でシャンパンを味わいながら記念日を祝い合うのも雰囲気たっぷり。京都の食材をふんだんに取り入れた、フレンチのフルコースとともに、おしゃれで素敵な夜を過ごすことができます。
まるで城の中のような雰囲気を感じられる部屋や、映画の中でしか見たことのない猫足バスタブ、シャンデリアなど、女心をときめかすアイテムがたくさん。一部屋一部屋の雰囲気が異なり、13の個性が織り成す空間演出はまさに圧巻。とびっきりおしゃれで、スタイリッシュな京都旅行を楽しんでみませんか?
名称:THE SCREEN(ザ スクリーン)
住所:京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町640-1
アクセス:地下鉄烏丸線丸太町駅から徒歩8分
電話:075-252-1113
bookingで見る 他の提供元を表示8件
  • 京都府京都市中京区寺町丸太町下ル下御霊前町640-1
  • 075-252-1113

2.KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(クマグスク)/壬生・大宮

アートホステルという名に違わない、「クマグスク」。まさにインスタ映えを狙ったかのような外観、内部の部屋の作り、そしておしゃれな雑貨。まるで京都の現代美術館に入るような錯覚を覚えます。ゆったり寛ぐというよりは、感性を刺激されながら、ワクワクドキドキを楽しむ。そんな、京都を代表するおしゃれホステルです。
クマグスクの宿泊者は500円で朝食が食べられます。一汁三菜。白味噌のお味噌汁には「結び三つ葉」が浮かべられ、非常に縁起が良く、古代米の主食に、ご飯に合う季節の食材が添えられています。大きなホテルのビュッフェに比べると、量こそ多くはありませんが、美しい彩りはさることながら、なんと言っても非常にうまい!目でも舌でも満足のいく朝食です。
京都のいわゆる住宅街に溶け込んでいるため、建物自体が大きくありません。部屋数もたった4室と、非常にアットホーム。部屋の外はすぐギャラリーになっており、中庭も含めて芸術を楽しむことができます。部屋、食事、ギャラリー、全てがインスタ映えする景色。あなたも京都でアートな宿を体験してみませんか?
名称:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(クマグスク)
住所:京都府京都市中京区壬生馬場町37-3
電話:075-432-8168
アクセス:阪急京都線大宮駅から徒歩約5分
駐車場:なし
rakutenで見る
  • 京都市中京区壬生馬場町37-3
  • 75-432-8168

3.ホテル アンテルーム京都/九条

「友人であるアーティストの家」というコンセプトの「ホテル アンテルーム京都」は、もともと学生寮として使用されていた建物をリノベーションしホテルとして利用されています。スタイリッシュで洗練されたデザインの内部は、居心地の良い空間が広がっています。
開放感のある「ANTEROOM BAR」では、京都の地ビールやウイスキーなどを楽しめます。無線LANも使用できるので、おしゃれなホテルライフを写真に撮り、SNSに投稿するのも楽しみですね。大きな窓があるので、日中は明るい日差しも差し込みます。
スタンダードなゲストルームはシックなデザインです。また、スタンダードなお部屋の他に、アーティストが手がけるコンセプトルームもあります。代表的なアーティストとして彫刻家の名和晃平氏、写真家や映画監督として活躍する蜷川実花氏が手がけるコンセプトルームがあり、ファンにとってはたまらない贅沢になるほか、インスタ映えも間違いない写真を撮ることができます。
「ANTEROOM MEALS」では、スタイリッシュな空間で、日替わりの朝食をいただけます。スムージーやサンドイッチなど、野菜をふんだんに使った料理を朝から堪能できます。野菜は京都の野菜提供企業「坂の途中」から仕入れているということで、地元の新鮮な野菜を摂ることができます。
名称:ホテル アンテルーム京都
住所:京都府京都市南区東九条明田町7
アクセス:地下鉄烏丸線九条駅から徒歩8分
駐車場:なし

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

sliver元バックパッカー。現主婦。たまに大食い。毎年旅行。週1ラーメン。未経験バスツアー。

このまとめ記事に関して報告する