• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
憧れの◯◯が叶うかも!ニューカレドニアでやってみたい6つの夢体験

「天国にいちばん近い島」として知られているニューカレドニア。世界遺産に登録されているラグーンが美しく、ビーチリゾートとしてのイメージが強いですが、海だけではなく山や森でのアクティビティーも楽しめる場所なんですよ。また、実は“日本から最も近いフランス”なので、おしゃれな街並みでのショッピングや一流グルメなどラグジュアリーで優雅な休日にもぴったり!今回はニューカレドニアで叶えてみたい“夢の体験”を厳選してご紹介します。

このまとめ記事の目次

ニューカレドニアで夢を叶えませんか?

まるで宝石のような輝くきれいな海が広がるニューカレドニアは、海だけでなく、自然に囲まれた美しい島として有名です。今回はそんな美しいニューカレドニアで、やってみたい“夢体験”を実現できるチャンス!

でも、まだニューカレドニアについてあまり知らないという方もご安心を。今回はおすすめの「ニューカレドニアで体験したくなる夢体験」を6つご紹介します。その中から「自分もやりたい!」と思う体験をぜひキャンペーンで応募してみてくださいね。

その1 ▷ 天国にいちばん近い島“ウベア島”に行きたい

ウベア島へは、ヌメアから国内線飛行機で約30分ほど。旅行記、映画の舞台で一躍有名となった「天国にいちばん近い島」がこのウベア島なんです。まるで天国のように美しい島は、約20kmにわたり続く真っ白なパウダーサンドビーチと透き通ったエメラルドグリーンの海が広がる南の楽園です。
©Naonori Kohira
ウベア島でぜひおすすめしたいのが、ウベア島に1泊して近くの無人島へアイランドホッピングすること。美しい無人島を巡るとより奥深いニューカレドニアの魅力を発見できます。シュノーケルなども楽しめ、アクティビティー好きにはうってつけの体験です。移動中のボートからマンタなどの貴重な生き物が見られるチャンスも。

ウベア島の「パラディ・ドゥ・ウベア」のホテルに宿泊すれば、「Pleiades islets tour」というアイランドホッピングツアーの予約が可能。このホテルには、長年勤めている日本人女性スタッフもいるため安心です。

その2 ▷ リビエール・ブルー州立公園で愛の鳥「カグー」に会いたい

「青い川」と名前に入っている「リビエール・ブルー州立公園」。青い川、赤い土、自然豊かな緑の森が広がる自然保護区です。ニューカレドニアには動植物の固有種の割合が世界第3位!植物も約8割が固有種ですが、この州立公園の敷地内では植物の約9割の固有種が見られます。

この州立公園で人気なスポットが「沈める森」と言われるこの湖。枯れた木々が湖面から突き出している景色はまるで幻想的な世界。アウトドア好きなら、ここでのカヤック体験がおすすめ。特に満月の夜にだけ開催されるナイトカヤックは、ひときわ幻想的ですよ。
リビエール・ブルー州立公園は、ニューカレドニアの国鳥である「カグー」との遭遇率が高いスポット。カグーはつがいになると一生添い遂げると言われており「愛の鳥」とも呼ばれています。この州立公園にきたら、ぜひ愛の鳥「カグー」に会いたいですね。

リビエール・ブルー州立公園はガイドを聞きながらの現地日帰りツアーがおすすめ。日本語ガイドが案内してくれるので、日本人も思う存分楽しめますよ。

その3 ▷ 恐竜が潜んでいそう!巨大シダの森でのハイキング

© S. Ducandas / NCTPS
まるで古代に恐竜が生きていた時代にタイムスリップしてしまったような木生シダが生い茂る森が広がる巨大シダの森公園。ここでは、ハイキングやサイクリングで自然を満喫できると人気です。

木生シダの希少種・固有種が数多く見られるだけでなく、固有鳥類も多数生息しているため、運が良ければカグーにも遭遇できるかもしれません。
©NCTPS
この公園に行くには、車で行くか現地ツアーに参加することになりますが、特におすすめはレンタカー。ドライブなら、山などの自然やショッピングなどができる街の両方を気軽に楽しめます。また、ニューカレドニアの主要ルートは主に海岸沿いにあるため、青く輝く海を眺めながら走るのも気分爽快ですよ。

その4 ▷ “ラ・フォア”で乗馬しながら無人島を散策してみたい

© Stanislas Fautré
ヌメアから北に110kmほど離れたところにある「ラ・フォア」は、牧草地が広がり、開拓時代の名残を感じさせるのどかな町です。ここでトライしてみたいのが、乗馬体験。ニューカレドニアでは、馬は“王様”と呼ばれるほど大切で、身近な存在なんです。そんな土地で馬と触れ合う体験は、乗馬ははじめてという人にも、きっと夢のような思い出になるはず。
© S. Ducandas / NCTPS
馬場内を歩くだけの乗馬ではなく、自然豊かな森の中やビーチ沿いを馬に乗っていくことができるのもニューカレドニアならでは。

またプランによっては、なんと潮の引いた海の中を馬に乗ったまま渡り、近くの無人島まで行くなんていうコースも!ニューカレドニアだからこそ叶う、貴重な乗馬体験は見逃せませんね。

その5 ▷ 水上コテージのある“メトル島”で遊びたい

ニューカレドニアで唯一水上コテージを有するホテル「エスカペード・アイランド・リゾート」がある島が「メトル島」。ヌメアからはボートで約20分ほどと近いのも魅力的です。

まるで宝石のように輝く海でスタンド・アップ・パドル(SUP)やバナナボート、ジェットスキー、シュノーケリングなど様々なマリンアクティビティが楽しめることから、ハネムーンやカップル旅行はもちろん、女子旅や友達同士のグループ旅にも人気です。
特に、初心者でも簡単に楽しめて人気が高いアクティビティがSUP。水上コテージをバックにすると“インスタ映え”も抜群なので、最近はインスタグラマーさんたちにも人気上昇中なんです。

メトル島周辺の海は海洋保護区域に指定されているため、野生のウミガメを見られる可能性も非常に高いとか。海の生き物たちとの思いがけない出会いが楽しめるのも、美しいラグーンに囲まれたニューカレドニアならではなので、ぜひ一度、体験してみてくださいね。

その6 ▷ 南仏の港町のようなおしゃれな街歩きをしたい

ニューカレドニアにきたらショッピングやグルメも楽しみたいですよね。首都ヌメアは南太平洋のコートダジュールとも言われていて、南仏の港町のようにおしゃれな街並みが広がっています。歩いているだけで、素敵な街並みに魅了されるはず!

ニューカレドニアにきたらショッピングやグルメも楽しみたいですよね。首都ヌメアは南太平洋のコートダジュールとも言われていて、南仏の港町のようにおしゃれな街並みが広がっています。歩いているだけで、素敵な街並みに魅了されるはず!

ニューカレドニアのグルメとしてイチ推しなのが「天使のエビ」。ニューカレドニアの美しい海の中、自然のエサのみでストレスなく育てられたエビは生のままでも臭みなどを感じさせないおいしさ。日本では高級食材ですが、現地ではブッフェにも登場するのでお腹いっぱい食べられちゃいます。他にもフランス領のため、バケットやクロワッサンなどのパンがおいしい上に安くて人気なんです。パン屋さん巡りをしてみるのもおすすめです。

ニューカレドニアのグルメとしてイチ推しなのが「天使のエビ」。ニューカレドニアの美しい海の中、自然のエサのみでストレスなく育てられたエビは生のままでも臭みなどを感じさせないおいしさ。日本では高級食材ですが、現地ではブッフェにも登場するのでお腹いっぱい食べられちゃいます。

他にもフランス領のため、バケットやクロワッサンなどのパンがおいしい上に安くて人気なんです。パン屋さん巡りをしてみるのもおすすめです。

いかがでしたか?

いかがでしたか?ニューカレドニアはビーチリゾートとしての印象が強いですが、山や森などでのアクティビティも魅力的ですよね。また、フランス領だからこその極上グルメや街あるきも見逃せません。

そして今なら、ニューカレドニアで「どんな夢を叶えたいか」を応募すると、選ばれた人1名がニューカレドニアの体験ツアーに参加できるキャンペーン実施中!この機会に、あなたの夢を叶えてみませんか?


■“ニューカレドニアで夢を叶えたい旅人”コンテスト
応募フォームから「どんな夢を叶えたいか」を書いて応募すると、世界6ヶ国(日本、フランス、中国、イタリア、ニュージーランド、オーストラリア)の代表者が参加するニューカレドニア体験ツアー(2018年秋頃予定)をプレゼント。

期間:2018年5月7日(月)〜6月30日(土)
応募方法:以下、キャンペーンリンクから応募要綱を確認し、応募してください。

関連するリンクこの記事に関連するリンク