• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
頑張った自分にグルメでご褒美を!銀座で食べられる絶品ランチ15選

銀座と聞くと「ランチも高そう」とついつい考えがち。しかし、銀座のランチだからこそ食べられる絶品グルメが沢山あるんです!そこで今回は料理ジャンル別に分け、絶品ランチを15個ご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

和食好きなあなたに

【1】鳥ぎん

鳥ぎん 銀座本店

メトロ銀座駅より徒歩3分、ニューギンザビル6号館にある釜めしと焼き鳥のお店です。戦後より銀座で創業を続ける老舗のグルメスポットで、落ち着きのある和の空間は、まさに都会の隠れ家です。カウンター席やテーブル席などがあり、広々としていますが、ランチタイムはすぐに満席になるほどの人気です。

鳥ぎん 銀座本店

ここで必ずいただきたいのが「釜めし」です。定番の「鳥釜めし」は、甘めのそぼろがたっぷりのっていて、ご飯がどんどんすすみます。「たらこ釜めし」や「かに釜めし」などの海鮮系も見逃せません。焼き鳥5種類が一度に味わえる「ライトコース」は、軽く一杯飲みたい時におすすめです。

詳細情報

  • 東京都中央区銀座5丁目5−7ニューギンザビル6号館
  • 03-3571-3333

【2】鮨 石島 (すし いしじま)

メトロ新富町駅2番出口より徒歩5分の場所にある寿司処です。高級感のある洗練された店構えで、白木のカウンター席とお座敷席があります。デートや接待、記念日など特別な日に利用したいですね。普段はリーズナブルなランチメニューがあるので、気軽に立ち寄ってみましょう。

鮨 石島

ランチタイムは、旬のネタが盛り沢山の「おまかせにぎり」がおすすめです。リーズナブルながらボリューム満点の「ばらちらし」も人気があります。また、人数や予算に合わせたコース料理やにぎりもあるので気軽に相談してみましょう。ワインや焼酎などの酒類も充実しています。

詳細情報

  • 東京都中央区銀座1-24-3
  • 0362286539

【3】銀座 鮨正(すしまさ)

銀座を代表する寿司処の1つが「銀座 鮨正」です。メトロ東銀座駅A4出口より徒歩1分の街中にありながら、喧騒とは無縁の洗練された空間が魅力的です。ゆったりとした白木のカウンター席が並び、中では板前さんが自慢の腕を振るいます。職人の技をじっくりと眺めながら、旬の味覚をたっぷり味わいましょう。

銀座 鮨正

ランチタイムは、厳選素材をふんだんに盛り込んだ「ランチ限定 おまかせ会席」や、旬のネタがタイムリーに味わえる「本日のおまかせ握り」、ボリューム満点の「ばらちらし」などがあります。寿司に水菓子などのデザートが付いた「おまかせランチ」も見逃せません。

詳細情報

ikyuRestaurantで見る
  • 東京都中央区銀座5-14-5 光澤堂GINZAビルB1
  • 03-3541-5882

【4】銀座 佐藤養助(さとうようすけ)

銀座 佐藤養助

銀座で稲庭うどんがいただける数少ないグルメスポットです。銀座駅C2・C3出口より徒歩3分の近さにあるので、普段のランチにぴったりです。店内は広く、テーブル席、個室、掘りごたつ席など様々なタイプの席があります。内装は洗練された和モダンで、ちょっとしたランチでも贅沢気分が味わえますよ。

銀座 佐藤養助

ランチタイムは、醤油つゆと胡麻味噌つゆの2種類でいただく「二味せいろ」や「天ぷらせいろ二味」などがおすすめです。稲庭うどんとご飯が両方楽しめる限定の「比内地鶏炊き込みご飯セット」や2種類のタイカレーにつけていただく「タイカレー二味」なども人気です。

詳細情報

  • 東京都中央区銀座6丁目4−17出井本館1F
  • 0362156211

【5】飛騨牛一頭家 銀座 馬喰一代 (ばくろいちだい)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する