• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
2016年までに行きたい国No.1!キューバのおすすめ観光スポット15選

南米の国キューバは、2016年までに行きたい国No.1! なぜなら、2015年にアメリカとの国交が正常化され、2016年にも現在の社会主義が廃止されてしまう可能性があるからです。 ノスタルジックな観光スポットとクラシックカーのタクシーがおすすめだったキューバも、民主化に伴う外資流入によって、姿を変えてしまうかもしれません…だからこそ!現在のキューバを知りに出かけませんか? 今だからこそ見たいキューバのおすすめ観光スポット15選を紹介します。

このまとめ記事の目次

①オビスポ通り

音楽が聴こえて来るレストランやバー、カフェや土産物屋だけでなく、地元の人が通う昔ながらの雑貨屋さんやアイスクリーム屋さんなどもあり、旧市街の中でも特に華やいでいる感じ。

出典:search-ethnic.com
キューバの首都ハバナに来て、まず訪れたいのがこの観光スポットです。アルマス広場からセントラル公園まで伸びる通りで、旧市街の中でも昔ながらの町並みを残しており、おすすめです。
通りの石畳は植民地時代のものであり、歴史を感じることができます。そして、キューバならではのカラフルな家やクラシックカーが通りを彩ります。

この通りの両替所CADECAはレートが良いことでおすすめですよ。
【アクセス】ハバナ市内。アルマス広場からセントラル公園までの通り

②古都トリニダー

時間が止まったかのような落ち着きと風情があって、
居心地がよすぎてつい、1泊の予定が2泊してしまいました。

出典:ameblo.jp

トリニダーは16~19世紀に栄えた古都で、町全体が世界遺産に登録されています。

出典:ashita-asatte.com
街丸ごと博物館のような景観はCUC25セント硬貨にも描かれています。
当時は作物と奴隷売買で栄えた地として、その繁栄を象徴するかのような立派な建物がいたるところに建っています。
現在は博物館や町歩きに人気の観光スポットとして、キューバを代表する都市となっています。洞窟や渓谷などの自然美も楽しむことができるので、是非おすすめです。
なお、当時の名産品であったサトウキビを使ったお酒も飲むことができ、トリニダーに来たら是非チャレンジしてほしいおすすめの一つです。
【アクセス】ハバナからはツアー参加が一般的。個人であれば、ビアスールからバスで6時間
【予算】ハバナからのツアーであれば、1泊2日でCUC115~

③フエルサ要塞

ハバナにあるいくつかの要塞の一つであり、中はいろんな展示物のある博物館になってる。

出典:ameblo.jp
ハバナには世界遺産に登録されている要塞が4つあり、そのうち最古のものがこの観光スポットです。
当時は木造でしたが、後に珊瑚石を使った現在の姿に生まれ変わりました。
堀がグラされた堅牢な要塞からの眺めはおすすめで、キューバの首都ハバナが一望できます。
このような要塞をいくつも見ると、現在のキューバが多くの戦いを経て「自由」を手に入れたことが分かります。民主化への道を歩むキューバの今を考えさせられるおすすめの場所です。
【アクセス】オビスポ通りをアルマス広場に向かって歩き、アルマス広場の隣
【営業時間】9時30分~17時
【料金】CUC3
【休日】月曜日

④アルマス広場

ハバナ旧市街を訪問したら、まずはこの広場を目指すことになるでしょう。広場には市立博物館・フエルサ要塞があり、また古本市・土産物屋で多くの人で賑わっています。

出典:www.tripadvisor.jp

何しろ400年間も続いたスペインの植民地時代ですから、今でもその面影を残す建物があちこちにあり、独特の雰囲気を醸し出しています。

出典:blogs.yahoo.co.jp
キューバの世界遺産にも登録されているハバナ旧市街の中心となるのがこの観光スポットです。
中央には独立戦争の父カルロス・マヌエル・デ・セスペデスの銅像が立ちます。
この広場を中心としてレストランやショップ、ホテル等が位置していますので、キューバ初心者はこの広場近くのホテルを利用するのがおすすめです。
周辺の市場では値段交渉をしたりと、陽気なキューバの人々との触れ合いもあり、他の観光スポットへのアクセスも抜群というおすすめの場所です。
【アクセス】オビスポ通りの東端
【営業時間】随時
【料金】無料
【休日】無休

⑤ラム酒ハバナ・クラブ博物館

内部が博物館になっており、サトウキビの生産からラム酒製造まで良く分かります。 サトウキビ工場の模型があり、蒸気機関車の模型が走っていました。 最後はラム酒の試飲をやっており、隣の売店で販売していました。

出典:www.tripadvisor.jp
キューバと言えば、葉巻ともう一つ有名なのがラム酒です。
この観光スポットでは、サトウキビで作られるラム酒の最初の製造過程である圧搾を見学できます。他にも工場を再現したセットや、サトウキビを運ぶ蒸気機関車などが展示されており、その精巧さには目を見張るものがあります。
試飲もできるので、お酒好きには特におすすめ!
ショップではラム酒が安く買えたり、オリジナルグッズもありますので、お土産にもおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する