• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【完全保存版】初めての仙台で絶対に食べたいおすすめ牛タン店7選

仙台名物といえば「仙台牛タン」。戦後から続くその歴史の味は仙台の旅では外すことはできません。老舗や全国店舗の発祥地が仙台中心部に多いのも特徴です。そこで今回は初めての仙台でおすすめの絶対に行きたい「仙台牛タン」のお店を厳選してまとめました。

このまとめ記事の目次

仙台の牛たんの歴史と観光

仙台と言えば「仙台牛タン」。その歴史は戦後まで遡り、仙台にGHQが駐在することとなり、大量に牛肉を消費する駐留米軍が残したタンを有効に活用するために、牛タン焼きの専門店を開業されました。それが「仙台牛タン」の始まりとされています。
「仙台牛タン」の有名店の本店の多くは仙台一の繁華街、「一番町」と「国分町」に集中しています。一部「仙台駅周辺」や「泉中央」などにありますが、アクセスに車が必要、という場所はあまりありません。公共交通機関で、本場の「仙台牛タン」を楽しみに行きましょう。

1.伊達の牛たん本舗 本店(仙台駅周辺)

※画像は他店舗のものを使用しています

※画像は他店舗のものを使用しています

全国的にも店舗展開が多く、有名店の1つ「伊達の牛たん本舗」は仙台市内にも多くの店舗があります。1本の牛タンの中でやわらかな部位を厚切りにした「芯たん」が人気です。その老舗の本店は、JR仙台駅から徒歩圏内と非常に近いのもおすすめポイントです。
「伊達の牛たん本舗本店」はJR・地下鉄南北線・東西線「仙台駅」より徒歩7分ほど南に向かった所にあります。一部仙台駅前のホテルからも近いので、宿泊ホテルによっては直ぐに行ける場所にあることも。是非本店で「仙台牛タン」本場の味を楽しみましょう。
  • 宮城県仙台市青葉区中央4-10-11
  • 022-722-2535

2.青葉亭仙台エスパル店(仙台駅周辺)

仙台伝統の「仙台牛タン」の味を継承しながらも、さらなる追究に挑む有名店が「青葉亭」。実は「伊達の牛たん本舗」の姉妹店でもあります。「柚子胡椒味」が自慢のポイントです。レストランとして飲食できるのは「仙台エスパル店」のみとなります。
「青葉亭」は仙台駅に隣接した「仙台エスパル」に店舗があります。東館や仙台駅にはイートインスペースやお土産品としての販売のみがされています。仙台駅に隣接しているので、時間が少ない時に本格的な地元の「仙台牛タン」を味わいたい時には特におすすめです。
  • 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 エスパル仙台店B1

3.一隆本店(国分町)

仙台牛たんの老舗で創業から40年以上を数える「一隆(いちりゅう)」。昔ながらの手づくり料法にこだわり続けており、売り切れ次第終了の昔ながらのスタイルを貫いているのが特徴です。なるべく開店時間丁度もしくは余裕を持って早めに訪れることをおすすめします。
「一隆本店」は仙台一の繁華街「国分町」エリアにあります。地下鉄南北線「広瀬通駅」から徒歩10分、東西線「青葉通一番町駅」からは徒歩7分ほどの距離になります。行列ができることも多いので、時間に余裕を持って訪れましょう。
  • 宮城県仙台市青葉区国分町1-4-21
  • 0222614026

4.雅(一番町)

平成13年開業と「仙台牛タン」の中では新興勢力の「雅(まさ)」。お店の歴史は新しいものの、口コミで評判のお店です。牛一頭から2人前しかとれないとうお刺身用のタンを使用しているのが特徴です。
「雅」は仙台の繁華街「一番町」エリア南側にあります。地下鉄東西線「青葉通一番町駅」から徒歩3分ほどで到着する他、「仙台駅」からも徒歩15分とやや歩きますが徒歩で到着することもできます。
  • 宮城県仙台市青葉区一番町2-6-17内ヶ崎ビルB1F
  • 0222680715

5.味太助(一番町)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Shinusi旅って、異日常。そのたくさんの異日常を味わいたい。それが私のテーマ。日本は47都道府県を踏破。日本だけでなく、最近は海外にも高い関心があり、経験を基に国内外の各地の旅の楽しさ・魅力をご紹介しています。

このまとめ記事に関して報告する