• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
海派?山派?どちらも楽しめる「しまなみ海道周辺」の観光スポット10選

あなたは海派ですか?それとも山派ですか?海派のあなたも、山派のあなたも、どちらか一つに選べないあなたも、しまなみ海道ならみんな満喫できちゃうんです。瀬戸内の海はもちろんのこと、お花見の名所や展望台として山も魅力的。ぜひ参考にして、あなたもしまなみ海道へ出かけてみてくださいね!(※掲載されている情報は2018年7月記事掲載時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

しまなみ海道って?

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60㎞の「瀬戸内しまなみ海道」。瀬戸内海に浮かぶ島々を7つの橋で結んだ絶景ロードは、ドライブはもちろんのこと、サイクリングもおすすめです。「サイクルロード」は、日本で初めて海峡を横断できる自転車道で、観光客をはじめサイクルニストたちの聖地となっています。そんなしまなみ海道の、おすすめ観光スポットをこれからご紹介します。

1.千光寺(せんこうじ)公園 / 尾道市市街地

「千光寺公園」は、広島県の観光名所として知られる尾道市の、シンボルとも言える公園です。恋人の聖地にも認定されていて、人気のデートスポットとなっています。また、公益財団法人「日本さくらの会」が選定した日本桜名所100選にも選ばれていて、春にはたくさんの花見客で賑わいます。
頂上には展望台があり、尾道市街や瀬戸内海の島々を一望することができます。天気の良い日には、四国のほうまで見渡せることも。ここからの夜景は夜景100選に選定されているので、夜も景色を楽しむことができます。また、園内には尾道市立美術館や、文学のこみちなど他にも様々なみどころがあります。

詳細情報

  • 広島県尾道市西土堂町19-1
  • 0848257184

2.因島(いんのしま)水軍城 / 因島

日本で唯一の水軍城型資料館で、日本遺産に認定された「村上海賊」の武具、遺品、古文書など貴重な歴史資料が展示されています。村上海賊とは、南北朝時代から室町・戦国時代にかけて、因島を拠点に瀬戸内海で活躍した村上水軍のことです。
甲冑(かっちゅう)や刀剣の展示のほかに、蝋(ろう)人形による作戦会議の様子の再現など、歴史好きにはたまらない展示がたくさんあります。資料を通して村上水軍の功績をたどり、彼らをしのんでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

  • 広島県尾道市因島中庄町3228−2
  • 0845240936

3.平山郁夫(ひらやまいくお)美術館 / 生口島(いくちじま)

平山郁夫氏は、現在日本を代表する画家です。彼の作品を余すところなく紹介するため、出生地である現在の生口島に建てられたのが、この「平山郁夫美術館」です。幼年期の作品や、本画の前に制作される下図など、多くの貴重な作品が収蔵されています。
平山画伯の作品に「しまなみ海道五十三次」というのがあります。これは、しまなみ海道の開通を記念して、画伯が広島県尾道市から愛媛県今治市にかけて、60枚の水彩画を描いたという作品です。しまなみ海道では、画伯が実際にスケッチしたポイントにオブジェがあるので、観光と合わせてぜひチェックしてみてください。

詳細情報

  • 広島県尾道市瀬戸田町沢200−2
  • 0845-2-73800

4.開山(ひらきやま)公園 / 伯方島(はかたじま)

「開山公園」は、瀬戸内海に浮かぶ伯方島に位置する、開山の山頂にある公園です。桜の名所として知られていて、春にはソメイヨシノなど5種類の桜が、約1,000本にわたって咲き乱れる絶景が広がります。お花見の時期には夜桜用に提灯が灯されたり、おでんの屋台が出たりします。
頂上の展望台からは、伯方・大島大橋、大三島橋、多々羅大橋など多くの橋の姿を望むことができます。公園内には、36メートルのロング滑り台や、ジャングルジムなどの遊具もあります。また、遊歩道も整備されていて、絶好のハイキングコースとなっています。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する