• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ピュアな見た目に騙されないで。“憎いウマさ”の真っ白グルメ10選

真っ白で純白な見た目。けれど、フタを開けてみると“憎いほどにウマい”真っ白グルメが全国にたくさんいました。一体なんなのか正体が掴めないグルメから濃厚スイーツまで、選りすぐりの10選をご紹介します。あなたもピュアな見た目には気をつけた方がいいかも?(※掲載されている情報は2018年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

1.初代 / 恵比寿

真っ白すぎて、一体なんなのか正体が掴めないこちらは「白いカレーうどん」。恵比寿にある「初代」の看板メニューです。そして、この白い渦の正体は“ジャガイモと生クリームをムース状”にしたもの。いわゆるヴィシソワーズであり、濃厚な旨味が“ぎゅっ”と凝縮されています。
麺をすくうと、しっかり“カレー色”のうどんが現れます。やっぱり正真正銘のカレーうどんでした。牛すじが入ったカレーうどんは辛味がそれほどなく、ムースを少しづつ混ぜることによって更にマイルドな味わいに。ピュアな見た目からの、このギャップはやられちゃう。

詳細情報

  • 東京都渋谷区恵比寿南1丁目1−10 1階
  • 03-3714-7733

2.銀座スカイラウンジ / 有楽町

14:00から17:00のティータイムで頂ける「マロンシャンテリー」で、うっとり贅沢気分に浸るのはいかが?50年以上前に誕生して以来、不動の人気を誇るレトロケーキ。食べるのをつい躊躇しちゃう美しさですが、食べちゃってください。口に広がるのは、食べ終わるのが悲しくなる美味しさ。
陶芸品のようなクリームで包まれたケーキは、中に黄金色に輝くたっぷりの栗が詰まっています。実は銀座スカイラウンジ、80分かけて1周する回転レストランなんです。筆者も最初は「ん?」となりましたが、昭和時代はこのような様式のレストランはロマンに溢れ、一つのステータスだったんだとか。

詳細情報

tabelogで見る
  • 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館15F
  • 0332122775

3.白一(しろいち) / 渋谷・心斎橋

筆者も大好きな「シロイチ」は、牛乳“生”アイスのお店です。ソフトクリームではございません。そうじゃないということは、食べてみたら分かります。見た目のインパクトも大ですが、一口目の食感のインパクトは衝撃的のはず!
白一オリジナルの黒蜜トッピングもおすすめ。こんなにも長くてか弱そうなのに、全然溶けないタフなやつ。秘密は、巻き上げてから再度冷やすからなんだとか。どこかシャーベットをも思わせる食感で、濃厚なのにあっさりという不思議な味わいは、食べてみないと分かりません。

詳細情報

  • 東京都渋谷区神南1丁目7−7 ANDOSIIビル
  • 0364165574
  • 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-11-9
  • 0662141461

4.西洋菓子しろたえ / 赤坂見附

筆者とっておきの「しろたえ」で食べられる「レアチーズケーキ」は、東京にいる人みんなに食べて欲しいケーキだと思っています。材料は、クリームチーズ・レモン・砂糖のみ。誕生してからの約40年間、今も変わらぬ味を守り続けています。
お土産に持っていったら喜ばれること間違いなし。しかし、レトロなアンティークに囲まれながら店内でゆったり過ごすのもおすすめ。常に満席が続く人気店なので、平日が狙い目です。真っ白なケーキにちょこんと乗ったピスタチオは見た目も食感もシャレてて、いいアクセント。

詳細情報

  • 東京都港区赤坂4-1-4
  • 0335869039

5.銀座のジンジャー / 銀座一丁目

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 最近、刺激は足りてますか?ただ食べるだけじゃ満足できない!見て撮ってシェア...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する