• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
歴史を感じたいアナタへ!絶対に行くべき比叡山おすすめ観光地10選

世界遺産としても有名な比叡山延暦寺。しかし、ここをもっと深堀りしてみると、魅力的な風情に溢れた名所がたくさんあります。比叡山延暦寺の三塔/比叡山山頂/坂本・おごと温泉エリアの3つに分けて10つのスポットをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

1.根本中堂(こんぽんちゅうどう) / 東塔エリア

まず初めは、三塔の一つ、東塔エリアにある“根本中堂”。ここは東塔の総本堂であり、本尊は最澄が供えた薬師如来です。不滅の法灯という1200年も灯し続けている法灯が有名です。灯りを見ていると不思議に癒されるようです。また、仏様が参拝者と同じ目線になるように設計されているので、仏様が身近に佇んでいるような感覚になります。
秋の時期は、紅葉がとても美しく彩られていますので、特に秋に行くのがおすすめですよ。また、注意点として、根本中堂へは階段や坂が多いので、履きなれた靴を履いてくるといいでしょう。また、女性の方はスカートはなるべく控えてパンツなどの服装がいいかもしれませんね。
  • 滋賀県大津市坂本本町4220
  • 077-578-0001

2.阿弥陀堂 / 東塔エリア

次に紹介するのは、東塔地区で最も高く位置する阿弥陀堂。宗派に関わらず、一般参拝者の回向法要(=死者を追随する法要)も行われています。また、阿弥陀堂の前には水琴窟(すいきんくつ)があります。庭師によって繊細に仕掛けられたこの水琴窟が奏でる音に、ぜひ耳を傾けてみてはいかかでしょうか。きっと気分も清々しくなることでしょう。
延暦寺阿弥陀堂は、東塔エリアで最も高く位置します。駐車場からは坂道を登らなければいけない上、かなり長い階段が続く、かなり起伏の激しい道並みとなります。前述した通り、身軽な服装や持ち物で行くなどの工夫をすると楽に回ることができますよ。
  • 滋賀県大津市坂本本町4220
  • 電話番号を追加する

3.大講堂 / 東塔エリア

次に紹介するのは、僧侶が法華経の講義を開いたり、互いに問答して勉強した場である"大講堂"です。ここでは数多くの仏教界のスターが学問を積んだと言われています。勉強の得意でない人もここに来れば知力アップに繋がるかも…?
参拝者の多くが、1回50円で大講堂の前庭にある平和の鐘を鳴らし、平和への誓いを行なっています。各々、お願い事を心に浮かべながら鐘を鳴らしたら叶うかもしれません。大講堂の外陣は国の重要文化財に指定されているところも見所の1つです。ぜひ1度足を運んでゆっくり散策してみてくださいね。
  • 滋賀県大津市坂本本町4220
  • 077-578-0001

4.釈迦堂 / 西塔エリア

東塔エリアから西塔エリアへはシャトルバス(毎年12月上旬~3月下旬は運休)で5分、徒歩では約20分の場所にあります。そんな西塔の本堂である"釈迦堂"は、延暦寺で最も古い建物として知られています。期間限定で、普段は入ることのできない聖域である内陣や秘仏本尊の開帳を見ることができます。ぜひ見たい方は、訪れる前に事前チェックをしてくださいね。
左右対称に廊下で結ばれているこのお堂は、正面向かって左が「常行(じょうぎょう)堂」、右が「法華(ほっけ)堂」です。弁慶が両堂をつなぐ廊下に肩を入れて担ったとの言い伝えから「にない堂」と呼ばれています。ただ廊下を歩くだけでなく、そういう歴史があったことを知った後に渡って見ると、ちょっぴり歴史に詳しくなったような気がしますね。
  • 滋賀県大津市坂本本町4220
  • 077-578-0001

5.横川中堂(よかわなかどう) / 横川エリア

東塔エリアから横川エリアへはシャトルバスにて15分、西塔エリアからはシャトルバスにて10分と、少し離れた場所にあります。この横川中堂、下から見てみると何かを模造しているように見えませんか?舞台造りとなっていて海に船が浮かんでいますように見えます。実はこれ、遣唐使船をモデルとしているんです!ぜひ自分の目で確かめて見てくださいね。
夏には、新緑、秋には、色鮮やかな紅葉と美しい朱色で彩られた本堂と見事にマッチするので、四季折々の風景を楽しめます。横川中堂へは少々不安定な階段が続くので、女性の皆さんは多少歩きやすい靴を履いて向かうのがおすすめです。
  • 滋賀県大津市坂本本町4225
  • 520-0116

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する