• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
絶景すぎる“日本平ホテル”に泊まろう!1泊2日で行く静岡旅プラン

風景美術館と言われる「日本平ホテル」をご存知ですか?ホテルからの絶景が美しいと国内外からも評価の高い静岡県静岡市駿河にあるホテルです。今回はそんなおすすめの絶景ホテルを目的にした1泊2日の旅行プランをご紹介。ぜひ参考にしてでかけてみてくださいね。

このまとめ記事の目次

「日本平ホテル」をご存知ですか?

Photo by Iwashita
静岡市にある“風景美術館”をテーマとしている「日本平ホテル」を知っていますか?標高308mの日本平山頂にあり、およそ60階建てのビルと同じ高さにあるホテルです。その高さゆえ、静岡の景色は絶景と人気が高いんです。

今回はそんな“風景美術館”「日本平ホテル」を思う存分満喫できる、静岡の1泊2日旅プラン。丸1日ホテルでまったりしつつ、もう1日は、静岡駅周辺のスポットをご紹介します。


▼今なら、日本平ホテルのある静岡中部=するが地区で夏にぴったり「茶氷」プロジェクト実施中!ぜひ見てみてくださいね

13:30〜 JR静岡駅に着いたらそのまま「日本平ホテル」へ

Photo by RETRIP
「日本平ホテル」は、到着したロビーからすでに絶景のおもてなしがスタート。高級感溢れるロビーの先に見えるのは、一面ガラス張りの窓の外に見える富士山。まるで絵画を見ているかのような美しさがそこに広がります。
Photo by RETRIP
14時からチェックイン可能なので、早速部屋へ。全7タイプありますが、今回ご紹介するのは、日本平の名を冠したくつろぎのツインルーム「日本平ツイン」。一般的なツインルームより一回り広い部屋なんです。

そして、この絶景!外にはバルコニーもあり、気持ち良い風と鳥のさえずりが聞こえ、時間が経つのを忘れてしまうほど。ついお部屋にこもってしまいたくなりますね。
Photo by RETRIP
ずっと部屋にいるのも楽しいのですが、せっかくなので「日本平ホテル」でしかできないこともぜひ体験してみてください。

今年、2018年8月1日からスタートする「ハレ旅プラン」(※1)に合わせて、静岡名産のお茶をメインとした「和フタヌーンティー」が登場します。通常のアフタヌーンティーとは違い、この「和フタヌーンティー」は、専用の“おかもち”に入ったお重タイプ。そのため、ホテルの中のどこで食べてもOK!天気の良い日はやっぱり庭園で絶景を眺めながら食べるのが◎。

※1 2018年7月1日より予約スタート
Photo by RETRIP
お重の中身は、お茶を使った和スイーツや手毬寿司などのフィンガーフードがぎっしり。(※2)合わせて、温冷10種類から3種類選ぶことができ、このかわいいボトルにいれて提供してくれます。

いろんな種類を少しずつ味わえるので、このボリュームもあっという間に食べてしまいます。2名分から注文することができるので、ぜひ食べてみてくださいね。

※2 時期によって内容が変更になる可能性があります
Photo by RETRIP
日本平ホテルの中はどこを見ても素敵な風景を見ることができるので、いろいろと見て回るのも楽しいのですが、ちょっと贅沢にスパの体験をしてみるのもおすすめ。

「スパ ペボニア・ボタニカ」は、世界のセレブに愛されているスパブランド。スパルームからも絶景を見ることができ、リラックス効果は抜群。たまにはちょっと贅沢して自分へのご褒美にいかがですか。
Photo by Iwashita
夕食は、新感覚のフランス料理をご提案する「ザ・テラス」で。地元の旬の食材を使ったコース料理は、1皿1皿丁寧に作られていて、ついつい撮りたくなる美しさ。日本食は、伝統の「日本料理・寿司処 富貴庵」でいただくことができます。
Photo by RETRIP
日本平ホテルで過ごす1日は、まだ終わりません。ここ「アッパーラウンジ」は、日本平ホテル最上階にあり、夜景遺産にも登録された静岡の美しい夜景を一望することができます。昼間とはまた一味違った絶景を見ながら、今日1日の思い出を振り返るのも楽しい時間ですよね。
Photo by RETRIP
様々な種類のお酒がありますが、静岡を代表する「お茶」と「富士山」をイメージしたオリジナルカクテルはいかがですか。

左は、お茶を使ったムースカクテル「DAMONDE(ダモンデ」。右は、日本平ホテルから見える冬の富士山をイメージしたスパークリングカクテルは、「Snowcap(スノーキャップ)」。ぜひ飲んでみてくださいね。
Photo by RETRIP
翌朝はちょっと早起きして、朝日が昇る瞬間を見てみてください。日が昇るのをじっと眺めているとなんにも考えず、気持ちがリセットされていきます。
Photo by Iwashita
ホテルの朝食は、ホテルに泊まるときの楽しみの一つ。「ザ・テラス」では、ブッフェ形式で、地元の食材や、卵料理を自分の好みで調理してくれるのもうれしいところ。

その中でもぜひ味わってほしいのは、朝摘トマト100%のトマトジュース。眼の前でしぼられるトマトジュースは、今までのトマトジュースとは全然違うんです。ここでしか飲めない1杯なので、ぜひ味わってくださいね。
  • 静岡県静岡市清水区馬走1500−2

13:00〜 お腹いっぱいになったら、ロープウェイで「久能山東照宮」へ

Photo by Iwashita
日本平ホテルのチェックアウトは12:00。名残惜しさもありますが、最後にゆっくりしてから観光にでかけましょう!

日本平ホテルから車で2分ほどにある「日本平ロープウェイ」から「久能山東照宮」へ行きましょう。約5分ほどの空中散歩では、四季折々の絶景を楽しむことができます。
Photo by Iwashita
久能山東照宮は、徳川家康公をご祭神としてまつられている場所で、全国東照宮の原型にもなっている御社殿が建てられています。御社殿は、国宝に指定されており、豪華絢爛な姿は鮮やかでつい見惚れてしまいます。
  • 静岡県静岡市清水区草薙597−8
  • 0543342026

関連するリンクこの記事に関連するリンク