• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【満足度200%】パリも地方都市も楽しむフランス周遊8日間ツアーとは

30年連続で観光客数が「世界1位」のパリ。世界中に愛される美しさはひと目見ておきたいと誰もが思いますが、実はフランスの地方都市もパリに負けず劣らず美しい所ばかり。そこで、必ず回りたい「アルザス地方・モンサンミッシェル・パリ」をすべて楽しめるフランス周遊ツアーをご紹介します。

このまとめ記事の目次

30年連続で観光客1位! 花の都『パリ』

shutterstock
絶大な人気を集める花の都、パリ。ロマンティックな街並み、美術館の多さ、世界遺産の美しさは、オトナ女子が憧れるNo.1都市といえます。
shutterstock

世界遺産区域『パリのセーヌ河岸』

そんな中でも、パリの一番人気は「パリのセーヌ河岸」です。パリの街を横断するセーヌ川周辺がまるごと世界遺産に登録されており、「エッフェル塔」をはじめ、中世に建てられた「ノートルダム大聖堂」、ステンドグラスが美しい「サント・シャペル」など、まさに美の宝庫です。
PIXTA

アポロン・ギャラリー / ルーヴル美術館

パリに行ったら美術館巡りも欠かせません。パリ市内に美術館は57館あり、なかでも有名な「ルーヴル美術館」は、世界で最も入場者数が多い美術館として知られています。

『モナ・リザ』や『ミロのヴィーナス』、『民衆を導く自由の女神』など歴史の教科書にある作品が惜しげもなく展示されていて、普段は美術館に行かない人でも十分に楽しむことができます。
shutterstock

凱旋門に連なるシャンゼリゼ大通り

観光も良いですが、ショッピングも楽しみたいですよね。

凱旋門まで一直線に伸びるシャンゼリゼ大通りは「世界で最も美しい通り」と呼ばれ、高級ファッションブランド店、老舗カフェ、キャバレーなどが所狭しと並びます。

もちろん本場のフランス料理も堪能できるので、食・文化・ファッションなんでも楽しめるのがパリの魅力なんです。

パリとあわせて行きたい!地方都市の魅力

shutterstock
パリだけでも十分楽しめますが、フランスの魅力はそれだけではありません。

地方都市には、まるで “おとぎの国” のようなのどかで美しい景色が広がっています。せっかくのフランス旅行なら、パリも地方都市もあわせて周遊したくありませんか?

20万円台でフランスを周遊! “ここだけ” のツアー

shutterstock
そこで、フランスの魅力がぎゅっと詰まった “フランス周遊ツアー” をご紹介します!

“この記事を読んだ方限定” のツアーで、4都市も回れるのに「213,800円〜」と破格なんです。それでは、気になるツアーの中身をご紹介します。

周遊する「4都市」をご紹介

① 木組みの民家がおしゃれなストラスブールに1泊

shutterstock

ストラスブールの街並みと運河

このツアーでは、まずアルザス地方にある「ストラスブール」というドイツ国境近くの街を訪れます。

ここは、旧市街がまるごと世界遺産になった街。木組みの民家がとてもおしゃれで、散策するだけでワクワクしちゃいます。運河の遊覧船に乗ってのどかな景色を楽しむのがオススメですよ。
shutterstock

ノートルダム大聖堂 / ストラスブール

ここで有名な観光スポットは、旧市街中心の『ノートルダム大聖堂』です。

15世紀に完成したこの大聖堂は、細かい赤砂岩の彫刻が圧巻で、室内の天文時計やきらびやかなステンドグラスはゴシック美術の優美さを感じさせます。

② 街並みが可愛すぎる!女性に大人気なコルマールに1泊

shutterstock

パステルカラーの民家 / コルマール

次に訪れるのは、ストラスブールから70kmほど南の伝統的な町『コルマール』です。

ここはストラスブールと同じ木組みの民家と思いきや、1軒1軒がパステルカラーに彩られていて、なんとも可愛らしい街並みになっているんです!まるで絵本の世界からそのまま出てきたかのよう。
shutterstock

コルマール / まるで◯◯な街並み

この街並み、なんだか見たことのあるような気がしませんか?それもそのはず、コルマールは2017年にアニメの実写化がされて再ブレイクした映画のモデルの街としても知られています。
shutterstock

12月には「クリスマスマーケット」も

さらに、12月のコルマールはクリスマス一色!ドイツで有名なクリスマスマーケットですが、その国境に近いストラスブール、コルマールでも街一体がきらびやかに装飾されて賑わいます。例年通りだと、この周辺のクリスマスマーケットは11月末から12月末までの開催です。

③ 日帰りツアーで、あのモンサンミッシェルへ

shutterstock

フランスで最も有名な世界遺産「モンサンミッシェル」

アルザス地方だけではないのがこのツアーの魅力です。

なんと、このツアーには「モンサンミッシェル」の日帰りツアーが組み込まれています。パリから距離があるので自力ではなかなか大変ですが、パリ発のツアーで参加したら安心ですよね。

歴史を感じる街並み

モンサンミッシェルは、フランスの数ある世界遺産の中でも “最も有名な世界遺産” と言われています。

まるで “海に浮かぶ古城” のような妖艶な雰囲気が人々を惹きつけて止まない魅力ですが、その魅力の秘密の一つに「長い歴史」があります。

モンサンミッシェルは、1300年も前に海に浮かぶ岩山に聖堂が建てられたのが発端で、長い歴史とともに拡張をくり返し今の修道院となりました。その合間には、時には要塞に、時には牢獄にさえなったことも。そのような歴史の積み重ねが、今のモンサンミッシェルの魅力をより引き立てています。

レトロなお店が並ぶ路地 / モンサンミッシェル

このツアーでは、もちろんモンサンミッシェル内の散策も楽しめます。

張り巡らされた細い迷路のような路地は散策しがいがあり、まるで探検しているかのよう。「修道院の入場券」が付いているので、中に入って頂上まで行くことができます。そこからの眺めはまさに絶景です!

※5/1、12/25、1/1は修道院内の見学ができないのでご注意を

④ パリも3泊で大満喫!観光も食事もショッピングも

PIXTA

パリ滞在は充実の4日間

もちろん、パリの観光も満喫したいですよね。このツアーでは、間にモンサンミッシェルの日帰り観光を挟みつつ4日間もパリに滞在することができるので、パリも十分満喫することができます。

観光はもちろん、ルーヴル美術館やオルセー美術館などの美術館巡りも、シャンゼリゼ大通りでショッピングも、思うがままに満喫できますよ!

さらに嬉しい!ツアー限定の3つの特典

shutterstock
可愛い街並みの「アルザス地方」、人々の心を惹きつけてやまない「モンサンミッシェル」、そして世界で人気No.1の都市「パリ」。このすべてを満喫できるツアーなら是非行ってみたいですよね。

これで20万円台はたしかにお得だけど、やっぱり大金だし、、と思った方に朗報です。この旅をより一層充実させる3つの特典が付いているんです!

特典① パリの王道!『セーヌ川クルーズチケット』付き

shutterstock
このツアーには、なんとパリ滞在中に楽しめるセーヌ川のクルーズチケットが付いています!クルーズから河岸の世界遺産の数々を眺めつつ、異国情緒にうっとりしましょう。

特典② 美術館が見放題!『パリミュージアムパス』2日券付き

shutterstock

ヴェルサイユ宮殿の庭園

特典2つ目は、知る人ぞ知る『パリミュージアムパス 2日券』が付いていることです。

このチケットを持っていれば、ルーヴル美術館をはじめとするパリ市内と郊外約60か所の美術館すべてに2日間無料で入場することができます。

しかも、美術館だけでなくヴェルサイユ宮殿や凱旋門などの有名観光地も無料になるからとってもお得!人気の美術館などは入場券を買うのに長蛇の列ができていたりするので、その時間が短縮されるだけでも嬉しいチケットなんですよ。

特典③ モンサンミッシェル名物のオムレツ付き

提供:エス・ティー・ワールド
特典3つ目は、モンサンミッシェルツアーで名物の「ふわふわのオムレツ」が食べられること!他にも、昔ながらの景観が保たれた美しい村「ノルマンディー村」に立ち寄れたり、修道院の入場料がついていたりとちょっぴり嬉しい特典が満載です。

充実したフランス旅ならこれで決まり!

shutterstock
いかがでしたか?

これだけの内容に特典も付いて20万円台なら、お得な価格帯だと思います。在庫がなくなり次第終了となるのでお早めに。詳細は下記から確認してみてください。
※在庫の関係で、予告なく掲載停止となる可能性があるのでご注意ください。
※掲載情報は2018年6月に公開されたものです。必ず事前にお調べください。

関連するリンクこの記事に関連するリンク