• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ご当地スイーツで夏を乗り切る!鹿児島市内の白熊・かき氷が食べられるお店7選

鹿児島のご当地スイーツといえば練乳がたっぷりのひんやりスイーツ「白熊」ですよね。鹿児島名物かき氷で、夏の九州旅行には外せないスイーツ。今回は鹿児島市内の白熊・かき氷の名店を7カ所ご紹介いたします。(※掲載されている情報は2018年6月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

鹿児島のご当地スイーツといえば…?

鹿児島のご当地スイーツといえば練乳がたっぷりのひんやりスイーツ「白熊」ですよね。鹿児島名物かき氷で、夏の九州旅行には外せないスイーツ。昭和22年に生まれ、白いかき氷に干し葡萄を乗せたところ、白熊に似ていたからこのような名前になったそうですよ。

①天文館むじゃき

まず最初に紹介するのは、天文館通駅からアクセス抜群の「天文館むじゃき」です。なんとここは、白熊発祥のお店で、ここから鹿児島の名物スイーツが生まれたのです。全国的に有名なお店で、いつも賑わっています。一度は訪れたい名店です。

白熊

さらっとした氷に、みかんやメロン、レーズンがトッピングされ、甘いですが後味さっぱりのミルク・蜜がたっぷりかけられた「白熊」は絶対に食べたいメニュー。バリエーション豊富なメニューですが、初めての方はぜひ王道を食べてみてほしいです。

スポット情報

  • 鹿児島県鹿児島市千日町5-8
  • 0992226904

②リゾートレストラン イルモーレ

次に紹介するのは、「奄美の里」の2階にある「リゾートレストラン イルモーレ (RESORT RESTAURANT IL MORE)」です。ここでは、ミルク味の「白熊」ではなく、自社農園産のドラゴンフルーツが絶品な「赤熊」を提供しています。

赤熊(2018年7月2日~10月末日まで)

「赤熊」は2018年7月2日~10月末日までの提供で、13時~20時までです。見た目も可愛い赤熊ですが、ファミリーもいて、「白熊」「ママ熊」「パパ熊」 の3種類も楽しむことができるので、ぜひ可愛いかき氷で癒されてみてくださいね。

スポット情報

  • 鹿児島県鹿児島市南栄1-8-1 2F
  • 0992604300

③茶房 珈花子

次に紹介するのは、天文館通駅からアクセス抜群の「茶房 珈花子(かかし)」です。天文館菓々子横丁の2階にあります。天文館菓々子横丁とは和菓子や駄菓子を購入することができるスポットです。ここは「かすたどんのパフェ」が名物だそうです。

クロクマ

おすすめは「クロクマ」。キャラメルと黒蜜がかかり、バニラアイスが乗っていてシンプルなかき氷。ですが、別皿の白玉や水まんじゅうを自分でトッピングし、自分だけの顔が出来上がる楽しいかき氷になっていますよ。

スポット情報

  • 鹿児島県鹿児島市東千石町13-14菓々子横丁薩摩蒸氣屋2F
  • 0992220648

④紙風船

次に紹介するのは、「紙風船」です。天文館通駅からアクセスがよく、8時から営業しています。天文館アーケード2階にあります。モーニングにも人気な喫茶店で、レトロな雰囲気が素敵です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する