• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
東京駅周辺観光ならココ!絶対外さないオススメスポット10選

東京駅周辺にはぜひ行って欲しい観光スポットがたくさんあります。地方から来た人も都内や近郊に住んでいる人も、知らずにいるのはもったいない。東京駅周辺でお手軽に回れる観光スポット10選をご紹介します(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)。

このまとめ記事の目次

1.KITTE / 東京駅丸の内南口すぐ

東京駅の丸の内南口からすぐそばにあるのがKITTE(キッテ)。歴史を感じさせる石造りの低層部分と高層ビルからなる複合ビルです。低層部分は旧東京中央郵便局の局舎で「切手」と「来て」とかけてKITTEなんですね。中はお洒落な吹き抜け構造で、東大の博物館から美味しいお寿司屋さん、ラーメン屋さん、さらに手ぬぐい専門店やデザイン雑貨専門店など100近い店舗があり、一日いても飽きないスポットです。
6階の屋上庭園「KITTEガーデン」からは、東京駅舎を一望することができます。天気が良い日は、テイクアウトのお弁当などを買って広げるのもいいですね。また、夜にはライトアップされた東京駅が、さらにロマンチックな雰囲気になるのでおすすめです。

詳細情報

  • 東京都千代田区丸の内2丁目7−2
  • 03-3216-2811

2.丸ビル・新丸ビル / 東京駅丸の内正面口すぐ

丸ビル・新丸ビルは東京駅丸の内口正面に仲良く並んでいる2棟のビルです。昔はオフィスビルでしたが、今は高級雑貨店やスイーツ、中華や天ぷら屋さんもあるお洒落&グルメスポットです。上の写真では左のみ切れているビルが丸ビル、右が黒光りしているのが新丸ビルです。
どのお店も素晴らしいですが、特におすすめは新丸ビルの1Fにある「ショコラティエ パレ ド オール」。こちらの店内では、芸術品のようなチョコレートやケーキ、パフェなどを堪能できます。

詳細情報

  • 東京都千代田区丸の内2丁目4−1
  • 03-5218-5100

3.丸の内ブリックスクエア / 東京駅丸の内南口より徒歩5分

続いてご紹介するのは、KITTEから少し日比谷寄りにある丸の内ブリックスクエアです。ブリック、つまり、レンガで囲まれた広場には彫像やバラ、季節の花が並び、秘密の花園という雰囲気。しかも、ここでしか買えないスイーツがあるのも魅力です。例えば、フランスの有名な発酵バターであるエシレのケーキやロブションのガレットが結構お手軽価格で楽しめます。
レンガ建ての部分は三菱一号館という三菱財閥時代の建物で、現在は美術館とカフェになっています。美術館ではざまざまな企画展をやっていて昔のヨーロッパの雰囲気が漂います。また、カフェはCafe 1894 という1世紀以上前の銀行の店内をそのままカフェにしたもの。こちらもちょっと他では味わえない空間です。

詳細情報

  • 東京都千代田区丸の内2丁目6−1
  • 03-5218-5100

4.皇居外苑 / 東京駅丸の内南口より徒歩10分

東京駅丸の内中央改札を出て、ビル街を抜けると皇居の手前に広がるのが皇居外苑です。お壕を越えた敷地は広大な庭園になっています。昔の江戸城の本丸跡や忠臣蔵で有名な「松の廊下」を見ることもできます。また、桜や紅葉をはじめ季節の花々を見て回るのも楽しみです。こちらは休園日(原則的に月金)以外は無料で入園可能です(但し、夜間は閉園)。
皇居東御苑は大手門から入園しますが、その少し南、和田倉門の先にあるのが和田倉噴水公園です。お壕の重厚な雰囲気とは打って変わって開放的なスペースに噴水が。平成天皇のご成婚を記念してつくられた公園で、お洒落なレストランで食事も楽しめます。

詳細情報

  • 東京都千代田区皇居外苑1−1
  • 03-3231-0095(皇居外苑管理事務所)

5.東京駅ナカ / 東京駅構内

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する