• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
まるで彦星と織姫。“遠距離恋愛”を乗り切るための夏プラン7選

遠距離恋愛を続けること。それは、とても大変なことです。会いたい夜に会えない寂しさ、助けてあげたいときに側で支えてあげられないもどかしさは、互いにつらいものがあります。でも、だからといって諦めたくはないですよね。今回は、遠距離恋愛カップルにおすすめの夏プランをご紹介していきます。遠距離恋愛を乗り越えたカップルは、より強い結びつきが生まれるはずです。(※掲載されている情報は2018年6月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

遠距離恋愛の悩み

二人の時間を作ること

※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

遠距離恋愛のカップルにとって、会えない時間が生むのは「不安」。相手がどうしているのか、互いに気になりますよね。こまめに連絡をすることは大切です。でも、あまりに頻度が多いとそれが負担になってしまいます。定期的に、テレビ電話などでじっくりと話せる時間を作って、不安が蓄積しないように注意しましょう。

つらいときは、我慢しすぎないこと。

※ 写真はイメージです。

しかし、仕事で忙しいときは、つい連絡がおろそかになってしまいます。つらい気持ちが積み重なってきたら、無理をせず、相手に伝えるようにしましょう。あまりに我慢しすぎると、爆発してしまい、突発的に別れ話に発展してしまうかもしれません。

夜更かしも思い出に

※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

つらいときは、相手の立場を考えられるくらいの冷静さがあるうちに、話し合うのが一番です。恋人と話して、少しくらいの夜更かしをするのは、遠距離恋愛の醍醐味のひとつではないでしょうか。

※ 写真はイメージです。

そして、どうやって自分の時間を過ごすかも、遠距離恋愛を続けるために考えなければいけません。会えない時間をどうやってポジティブに楽しむか。時々生まれる寂しさは、「今度は一緒に行きたいな」と少しだけ相手に伝えることで、あなたの気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

自立したカップルになろう

※ 写真はイメージです。

※ 写真はイメージです。

遠距離恋愛を続けるには、一人の時間をどう過ごすかという点も重要になってきます。一人で行動していると、時折寂しい気持ちが襲ってくるでしょう。そんな時は、「今度は一緒に行きないな」と相手に伝えてみましょう。きっとあなたの気持ちが伝わるはずです。

※ 写真はイメージです。

さて、今回は遠距離恋愛をしているカップルにおすすめの夏プランをご紹介します。離れている時間が長いからこそ、二人の時間は大切にしたいですよね。遠距離恋愛を乗り切るために、素敵な夏の思い出を作りましょう。きっとその思い出は、二人を支える柱になってくれるはずです。

① 知らない街の“花火大会”に行こう

夏の思い出といえば、“花火”!

まず提案したいのは「花火大会」。日本全国にはたくさんの花火大会があります。地元の花火大会に行くと、他の友達もいて、二人の時間が中々作れませんよね。だからこそ、知らない土地に行って、花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

おススメの花火大会①:長岡まつり大花火大会(新潟県)

まずおすすめしたいのが、新潟県で開催される「長岡まつり大花火大会」です。この花火大会は日本で最も長い「信濃川」を舞台に打ち上げられる花火は、まさに圧巻。毎年8月2日、3日(2018年は8月2日(木)、8月3日(金))に開催されます。

おススメの花火大会②:2018 びわ湖大花火大会(滋賀県)

次におすすめしたいのが「びわ湖大花火大会」です。琵琶湖に打ち上げられるダイナミックな花火は、二人の夏の思い出を演出してくれるでしょう。平成30年は、8月7日(火)〔19:30~20:30 ※荒天の場合は、8月10日(金)に延期〕に開催予定です。

詳細情報

  • 新潟県長岡市大島町ほか 信濃川河川敷 長生橋下流
  • 0258-39-2221
  • 滋賀県大津市 / 滋賀県営大津港沖水面一帯
  • 077-511-1530 (びわ湖大花火大会実行委員会事務局)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する