• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ノスタルジーを感じよう!“合法で行ける”日本全国の廃墟15選

ダークツーリズムと合わせて廃墟観光が注目を集めている今日この頃。廃墟マニアはもちろん、観光スポットとして沢山の人々が廃墟に訪れています。廃墟を堪能したい気持ちもわかりますが、日本のほとんどの廃墟は侵入すると刑事罰に当たるということをご存知でしたか?知らなかったでは済まされないからこそ、きちんと合法で行ける廃墟に行ってみたい!そんなあなたにオススメの日本の廃墟を15か所厳選してみました。廃墟観光をしてみたい方は、まずは合法で行ける日本のオススメ廃墟15選から気軽に行ける廃墟を選んでくださいね!

このまとめ記事の目次

1.尾去沢鉱山(秋田県)

巨大坑道と廃墟の二つの顔を持つ近代産業遺産。とにかく規模が大きく、普段味わえないような感動を味わう事ができます。説明も充実していて、産業遺産に興味がない人でも詳しくなれます。
秋田県にある尾去沢鉱山は、かつて東洋一とまでいわれた巨大な鉱山跡です。産業の衰退と共に関連施設は廃墟となっていき、今では東北で合法的に廃墟を見学できる施設となっています。坑道をめぐる石切沢通洞坑コースと、施設の廃墟をめぐる産業遺産コースがあるので、廃墟好きは産業遺産コースを選んでくださいね!もちろんどちらも人気で大変オススメなのですが、ツアーの最小催行人数にご注意ください!
■名称 尾去沢鉱山
■住所 秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
■アクセス 東北道鹿角八幡平ICから国道282号経由6km10分
  • 秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13−5
  • 0186-22-0123

2.化女沼レジャーランド(宮城県)

未だに愛され続ける可愛らしい複合型レジャー施設の廃墟。元運営者の「自分の夢を叶えてくれる人が現れるまで撤去しない」という方針により、今でも遊具など一切を売却せず元運営社が保有しているそう。そんな素敵な方針を持ったこちらの遊園地では、どこか昔懐かしい、切なくて寂しいけど胸を打たれるスポットとなっています。
宮城県にあるこの複合型レジャー施設、化女沼レジャーランド。素敵な元運営者の方針で、廃墟とはなっているものの定期的に整備されており、許可を取れば撮影やイベントの開催をさせてもらえます。近年有志主催の廃墟ツアーが開かれるなど、寛容に対応してくれる合法廃墟施設として人気が高い廃墟です。自由立ち入りなわけではないので、きちんと許可をとって廃墟を堪能しましょう!
■名称 化女沼レジャーランド
■住所 宮城県古川市小野字遠沢10-39
  • 宮城県大崎市古川小野遠沢10-39

3.足尾銅山跡(栃木県)

公害によって衰退を余儀なくされた巨大銅山とその町。わたらせ渓谷鉄道の通洞駅の側、道路沿いに普通に廃墟が並んでいてもはや街に溶け込んでいます。こちらの足尾銅山はご存知の方も多いと思いますが、歴史が深いスポットです。
誰もが教科書で一度は見たことのある、足尾銅山。恐ろしい公害が発生したのち、かつて一大産業を気付いた銅山とその周辺施設は廃墟化を余儀なくされました。足尾銅山内の一部を見学できるほか、銅山周辺の道路を散策するだけでそこら中に廃墟が溢れています。建物内への侵入は法に触れる場合があるのでできませんが、廃墟の町を散策するだけでも圧巻です。その退廃的な美しさは、廃墟マニアから人気を得ています。
■名称 足尾銅山観光
■住所 栃木県日光市足尾町通洞9-2
■アクセス JR日光駅または東武日光駅から市営バスで53分

4.北沢浮遊選鉱場跡(新潟県)

それはラピュタか、古代ローマの遺跡か。施設自体は荒廃が進んでいますが、自然の蔦が絡まっていてまるでラピュタの世界が実在するかのようです。また、見方を変えれば中東やアフリカの古代遺跡のような景色にも見えます。とにかく日本ではないかのような異空間がここにあるんです。
新潟県佐渡島の佐渡金山にある北沢浮遊選鉱場跡。巨大な廃墟であるにもかかわらずあまり知られていない穴場のオススメ廃墟です。建造物への侵入はできませんが、間近まで近づくことができるのでその圧巻のスケールを直に感じることができます。まるで古代ローマの遺跡のような、はたまたラピュタのような面影は見る者を虜にしています。
■名称 史跡佐渡金山
■住所 〒952-1501 新潟県佐渡市下相川1305
■アクセス 両津港から車で約30km、約60分。大佐渡スカイライン経由は約90分。両津港から路線バスで「佐渡金山」行(約70分) 。または「相川」行(約60分)⇒「相川」で下車後「佐渡金山」行乗換え(約10分)。
  • 新潟県佐渡市相川北沢町3-2

5.米軍府中基地跡(東京都)

巨大なパラボラアンテナが目を引く風変りな廃墟。フェンスの中にはこれぞ廃墟といった世界が広がっています。米軍住宅跡と通信施設は撤去されずそのまま置かれており、雑木林が廃墟施設と共に茂っています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 暑い夏。ひんやりスイーツや避暑地など、とにかく“ひんやり”したいですよね?...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する