• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
本当に砂漠だらけ!アフリカの秘境ナミビアのおすすめ観光スポット15選

アフリカ南部に位置する ナミビア をご存知ですか?あまり馴染みがないかもしれませんが、世界遺産ナミブ砂漠を有する大自然を満喫できるおすすめの国なんです! 決して日本では見ることの出来ない光景が広がり、それは、どんな人為的な観光スポットにも勝る自然の造形美です。満点の星空、乾いた大地と空のコントラスト、砂が織りなす紋様…刻々と変わる魅力を体感しに、ナミビアへ出かけませんか?おすすめ観光スポット15選を紹介します。

このまとめ記事の目次

①エトシャ国立公園

しまうま、サイ、ライオン、ミーアキャット!象探しには苦労しましたが、夜中にキャンプエリアの柵のとこまで象が牙を研ぎにやってきたときは感動!と、あまりにも近く怖かったです。。 夜空の満天の星もすごかった!

出典:www.tripadvisor.jp

車の前を横切るセグロジャッカル。セレンゲティでは遠目にしか会ってないので、テンションがあがりました!・・が、キャンプ地に住み着いているらしく、夜、大勢のジャッカルが食べ残しを狙って徘徊してました。

出典:www.world-surfing.jp
ライオン、ゾウといった野生動物を見たいのであれば、迷わずここをおすすめします。
2万3000平方km弱にも及ぶ広大な自然保護区であり、114種の哺乳動物と340種の鳥類が暮らしています。
あまりに広大な観光スポットのため、1日で見て回るのは難しいでしょう。キャンプしながらじっくりと過ごすのがおすすめです。
ナミビアの乾期である5~10月は水場に動物が集まりやすく、多くの動物を観察する機会に恵まれます。
【アクセス】ヴィントフックから車で6時間
【営業時間】日の出~日没
【料金】80N$
【休日】無休

②カオコランド

半遊牧民で独自の伝統を守り抜くヒンバ族の村は強烈な印象を与えます。

出典:abroad.tour.travel.yahoo.co.jp

上半身が裸の女性、頭に荷を、お尻の上に赤ちゃんを乗せた女性、カラフルな衣装の女性たちが目に入ります。

出典:tabi70.pro.tok2.com
エトシャの北西に広がるこのエリアには、アフリカで最も古い生活様式を続ける民族の一つ「ヒンバ族」が暮らしています。
遊牧民である彼らは、上半身裸で全身赤茶色をしています。ナミビアの観光スポットとして、近年訪れる人が急増しているエリアです。あと数年もすれば伝統的な暮らしをするヒンバ族はいなくなると言われていますので、是非早めに訪れることをおすすめします。
拠点となる町オプウォやエプパの滝付近が彼らと出会えるおすすめのスポットです。
【アクセス】ヴィントフックから車で8時間
【料金】無料

③トゥエイフェルフォンテン

サイ、ゾウ、ダチョウ、キリンなどで、人や動物の足跡も刻まれている。こうした線画は、この地方で狩猟採集生活を営んでいた人々が、宗教上の儀礼の一環として描いたものと考えられている。

出典:yascovicci.exblog.jp

それにしてもキリンやライオン,サイ(?)や牛など,その種類は実に多彩である.中にはオットセイらしき海洋性の動物の岩絵もあるのには驚かされた

出典:byzantine21.com
2007年にナミビア初の世界遺産として登録されたのが、この観光スポットです。
アフリカ最古のサン族の壁画が残されており、あまりにたくさんの壁画が残されていることから、ここは学校であったのではないかと考えられています。
その多くの壁画を眺めるだけでもおすすめの場所ですが、ここの特徴は、岩に直接彫りつけられている点です。その他の場所では描かれたものが多いのに対し、ここでは岩に掘られたうえで、血などで彩色されています。そういった違いを見るのもおすすめの観察方法です。
【アクセス】スワコップムントから車で5時間。ヴィントフックからであれば6時間
【営業時間】随時
【料金】40N$
【休日】無休

④ケープ・クロス

何十万頭ものアザラシが群れをなしてすんでおり非常に驚きの景観でした。アザラシたちの泣き声はかなり大きく、非常に臭いんですけど、目の前に何十万頭もいると圧倒されます。

出典:www.tripadvisor.jp

凶暴な顔で叫んでいます。そんなオットセイたちは、可愛いさなんてなく恐怖すら感じます。海生哺乳類って怖い・・
動物園ではわからない現実です。

出典:sekatyoku.blog46.fc2.com
ミナミアフリカ・オットセイの生息地であり、何万頭ものオットセイが群れをなしています。
安易に訪れると、その臭いにびっくりするかもしれません…鳴き声も日本では決して聞くことが出来ないような大音量ですが、これは親と子を見分けるためのものだそうです。
動物好きにはおすすめの観光スポットです。また、ナミビアらしい風景の一つと言えるでしょう。

また、ここはポルトガル人が初めてナミビアに到着した地でもあり、歴史の始まりの地としてもおすすめです。
【アクセス】スワコップムントから車で1時間
【営業時間】8時~17時
【料金】70N$
【休日】無休

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する