• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで

このまとめ記事の目次

【アクセス】スワコップムントから車で1時間
【営業時間】随時
【料金】無料
【休日】無休

⑥リューデリッツ

かつてダイヤモンド鉱山として栄えた観光スポット。宿泊施設も多いので便利です。

アール・ヌーヴォーなど植民地時代の建築が残っていることや、アシカやペンギン、フラミンゴ、ダチョウといった野生生物でも知られている。以前は、ケートマンスフープへつながる鉄道があった。

出典:ja.wikipedia.org

小さな炭鉱の町であったコルマンスコップでダイヤモンドが発見され、多くの労働者の流入と共に病院や学校や発電所等のインフラが整えられ、カジノや劇場といった娯楽施設が次々と建設される程に賑わっていた。

出典:takashi1016.com
太平洋に面した小さな町で、ドイツの面影絵を残している観光スポットです。
町の見どころとしては、教会や旧駅舎など、植民地時代の建物や、沖合のアザラシやペンギンの繁殖地がおすすめです。
当時はダイヤモンド鉱山として栄えた町であり、町郊外にあるコスマンズコップという鉱山を巡るツアーもおすすめです。
ナミビアのダイヤモンドは地盤沈下によって海から採取出来ることで有名で、現在も海岸線はダイヤモンド・エリアとして立ち入り禁止になっています。
【アクセス】ヴィントフックから車で8時間

⑦スケルトン・コースト

砂漠に適応した進化を遂げた不思議な動物なども数多く生息しているのですが、無数に残る座礁した船の残骸、動物や人などの骸骨などが現在でも数多く放置されており、死の雰囲気が漂う海岸となっています。

出典:dailynewsagency.com

難破したが最後、生きながらえる手段の無いところだった・・・というわけです。確かに今の私達でさえ、無事帰れるの?と、心配になるくらいオドロオドロしい雰囲気のところでした。

出典:www.geocities.jp
ナミビアの大西洋岸に続く砂漠地帯です。海と砂漠が背中合わせにどこまでも続き、そのコントラストが美しいおすすめの観光スポットです。
「スケルトン・コースト(骸骨海岸)」と呼ばれているのは、かつてこのあたりの沖合で座礁する船が多く、運よく岸にたどり着いても、砂漠を抜けることは不可能であったためです。
砂漠を歩いていると、船の残骸や、大型哺乳類の骨など、その名にふさわしい姿に出会うことがままあります。
【アクセス】スワコップムントから車で1時間30分
【営業時間】随時
【料金】無料
【休日】無休

⑧ワルヴィス・ベイ

Photo by Rob Oo

大西洋に夕陽が沈む時間。水も空気も鳥たちもゆっくりと茜色に染まってこの世のものとは思われない美しさに息が止まりそうになります。

出典:www.hello-africa.com
ワルヴィス・ベイの南西にあるラグーンは、何万羽ものフラミンゴが生息する場所として有名です。
特に夕暮れにフラミンゴが飛び交う姿は幻想的ですらあり、是非おすすめです。
ほかにもこの町の楽しみ方は、町の東にある砂丘です。サンドボードやバギーを楽しむことができ、Dune7という有名な砂丘ではコンサートやパーティなども催されます。
もともとイギリスの植民地であったこともあり、ナミビアの他の地域とは違う華やかな文化が楽しめるおすすめの観光スポットです。
【アクセス】ワルヴィス・ベイ空港から車で20分。ヴィントフックからはシャトルバスが出ている
【料金】無料

⑨ムーン・ランドスケープ

水が削りだした渓谷です。
生命を突き放したような過酷な環境。
まさに他の惑星、というような景観です。ワクワクします。

出典:sekatyoku.blog46.fc2.com
なだらかな山々が視界いっぱいに広がる様は、まさに月面世界のようです。その光景からナミビア観光の定番観光スポットとして、多くのツアー客が訪れる場所でもあります。
また、景色と併せておすすめしたいのがヴェルヴィッチアという植物です。砂漠の真ん中で何千年も生きるという不思議な巨大植物で、もっとも大きなものは直径4m以上にもなります。
砂漠の不思議を感じることができるおすすめのエリアです。
【アクセス】スワコップムントから車で2時間
【料金】無料

⑩ナミブ・ナウクルフト公園

今まで見たこともない赤くオレンジの海が広がっていて、とても感激しました。登りはきついけれど、下りはおもしろい!一歩下るごとにギュっ!ギュっ!と砂が鳴る!!サーフィンのように下ったり!

出典:www.tripadvisor.jp
ナミビアと言えば、やはり砂漠です。その中でも、広さ5万平方km弱の大きさを誇るナミブ砂漠を有するのがこの観光スポットです。
ナミブ砂漠は世界最古の砂漠と言われており、アプリコット色の燃えるような姿が印象的です。
ツアーでは日の出や日没を砂漠で過ごすことができ、見渡す限りの砂丘が真っ赤に染まる姿は、ナミビア観光のハイライトとも言えるでしょう。
また、真っ赤な砂漠が見たいのであれば、ナミブ砂漠の中でも奥地にあるソススフレイ近辺がおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する