• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで

このまとめ記事の目次

⑪フィッシュリバー・キャニオン

この広大な風景。ナミビアに来た甲斐があったと言うものです。もちろん峡谷の風景も素晴らしいのですが、周囲には観光客も数えるほどしかおらず、この風景を独り占めしてしまえることほど爽快なことはありません。

出典:fotolondon.exblog.jp

このままこの渓谷内に迷い込んだらきっと誰にも発見されることなく、死を迎えてしまいそうな...
って意味では、こっちの渓谷の方が秘境の地で自然を感じる渓谷ではあった

出典:tossy4144.blog.so-net.ne.jp
ナミビア最南端に位置する大渓谷です。最大幅27kmにもおよび、アメリカのグランドキャニオンに次いで世界第2位の大きさを誇ります。
この観光スポットでの楽しみ方は、渓谷の最南端にある温泉やハイキング、トレッキングです。特におすすめなのはトレッキングで、渓谷に下っていくこともでき、眺めの良いビューポイントも点在しています。
トレッキングの後はアイ・アイスの町で温泉で疲れをいやすのがおすすめです。
【アクセス】拠点となるホバスの町までヴィントフックから車で8時間
【営業時間】日の出~日没
【料金】40N$
【休日】10~4月

⑫デッドフレイ

ここが私には一番のツボでした。 景観は地球のものとは思えないほどです。 ウユニ塩湖に匹敵するのではないかと思います。 空の青、砂漠の赤、地面の薄茶色、木の黒さ。。。 ナミビア一番のオススメです。

出典:www.tripadvisor.jp
ナミビアの象徴として使われることも多いこの観光スポットの光景は、灼熱のオレンジと青い空、黒く焦げたような枯木のコントラストが印象的です。
ナミブ砂漠有するナミブ・ナウクルフト公園の中に位置し、かつては沼地であった場所が干からびて現状の姿になっています。あまりの乾燥状態に、木々を分解するバクテリアも生息できず、900年もの前から現在の姿を保っています。生命の神秘を実感できるおすすめの場所です。
【アクセス】ヴィントフックから車で6時間
【料金】無料

⑬ヴィントフック

色鮮やかな街。
でも、ドイツの植民地時代の名残でしょうか、ヨーロッパ感満載

出典:potier.exblog.jp

アフリカとは思えぬ教会。ナミビアは昔、ドイツの植民地だったそうな。安宿のクオリティも高い。キッチンや部屋の調度品はヨーロッパのそれと比べて遜色ないんである。

出典:weblog-taka.blogspot.jp
人口約32万人を数える、ナミビアの首都です。国土のほぼ中央に位置し、回りをなだらかな山々に囲まれたのどかな町です。
町の中心にあるズ―パークからは各地への長距離バスが出ており、多くの観光者が利用することになるでしょう。
町の観光スポットのおすすめはフィデル・カストロ通りを上った先にあるクリストゥス教会とその隣にあるアルテ・フェステです。
アフリカでも最もきれいな町と称されるおすすめの場所です。
【アクセス】国際便はホセア・クタコ空港に到着する。空港から市内へはシャトルバスで40分、予算280N$程度
【営業時間】町の観光案内所は7時30分~16時30分

⑭スワコップムント

ここはドイツ人が作り上げた、ナミビア屈指のお洒落な町。
町並みは、整然と作られ、カラフルな建物が所狭しと立ち並ぶ。

出典:fieldvill.blog115.fc2.com

いい街だった。
ヨーロッパの田舎町の雰囲気漂う街並みは落ち着いており、遠くに望む砂漠と海がナミビアらしさを出している。

出典:shutterbugtraveler.blog.fc2.com
ナミビアの西端に位置し、スワコップ川の河口に位置します。ナミブ砂漠観光の拠点となる町であり、多くの観光者が訪れることになるでしょう。
町の中心はサム・ニョヨマ通りであり、通り沿いの世界一大きな水晶が飾られているクリスタル・ギャラリーやスワコップムント博物館などの観光スポットがおすすめです。
シーフードが美味しい町としても知られており、特におすすめはThe Tugです。漂泊したタグボートを改装したオープンデッキのレストランで、美しい夕陽を見ながらのディナーが楽しめます。
【アクセス】国内線・国際線ともに就航しているワルヴィス・ベイ空港が窓口。市内まではシャトルバスで30分。予算180N$程度
【営業時間】町の観光案内所は8時~17時

⑮ソススフレイ

写真を見ればきれいなのは一目瞭然。「ナミビアに行って、ソススフレイ行きを見合わすことなかれ!」と言われるくらい。

出典:www.tripadvisor.jp
世界遺産にも登録されているナミブ砂漠ですが、その代表的な景観があるのがここ、ソススフレイです。
300m者高さを持つ世界最大の砂丘群が延々と連なる姿はまさに圧巻です。雨季には、砂漠の真ん中に小さな湖が現れることもあり、まさに神秘の砂漠を代表する観光スポットです。
おすすめは日の出と日没の時、見渡す限りの砂漠が真っ赤に染まる姿です。ツアーにも組み込まれていることが多いのですが、これは是非自らの目で体感することをおすすめします。
【アクセス】ヴィントフックから車で6時間
【料金】無料

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する