• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
与那国島を見る!体感する!おすすめ観光スポット7選

日本最西端の島として知られる沖縄県与那国島は、那覇から飛行機で1時間半ほどで到着します。周囲約27kmほどの小さな島に詰まった豊かな自然と独自の文化に魅了される人も多いです。今回は、与那国島に来たらぜひ訪れてほしいおすすめの観光スポットを7ヵ所紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

① 比川浜(ひがわはま)

与那国島の中でも一番小さな集落比川(ひがわ)集落の前に広がるビーチ「比川浜」は、与那国島を舞台にした名作ドラマ「Dr.コトー診療所」の中でも何度も登場した場所です。ドラマのオープンセットが見どころですが、ビーチ自体も与那国島では珍しい白い砂浜でシュノーケリングやバーベキューが楽しめます。
比川浜には、実際に当時ドラマの撮影で使われたセットが置かれ、有料で内部を見学できるようになっています。待合室や入院室など、ドラマで使われた本物の道具がそのまま置かれていて、ドラマの雰囲気はもちろん、島の医療の様子についても感じることができます。見学料金は1人300円、時間は10時から17時30分です。

詳細情報

  • 沖縄県八重山郡与那国町与那国

② 日本最西端の碑

与那国島の最西端にある岬西崎(いりざき)は、陸地では本当に日本の一番端になります。この岬には、展望台や灯台だけでなく、「日本最西端の碑」が立っています。せっかく与那国島まできたからには、やはりこの碑の前で写真を撮っておきたいところです。与那国町観光協会では来島の記念として「日本最西端の証」も発行してくれます。
日本最西端の碑がある西崎からは、晴れている日であれば海の向こうに台湾が見えることもあります。高台になっているので展望台から与那国島全体を見渡すこともできる絶景スポットです。夕方には海の方角に沈んでいく夕日が美しいので、ぜひ日本で一番最後に沈む夕日を堪能してください。

詳細情報

  • 沖縄県八重山郡与那国町久部良
  • 0980872241

③ ティンダハナタ

ティンダハナタは空港や町役場がある島の北部に位置しています。祖納(そない)集落から山を見た時、一際大きく目立っている岩山がティンダハナタです。港の近くなので、船で与那国を訪れると一番最初に目に入ります。ここに女首長サンアイ・イソバが住んでいたという伝説があり、記念の碑が建てられています。
ティンダハナタの中腹には、自然にできた展望台となっている場所があります。標高100mほどの小さな山ですが、開けた場所から祖納集落やその後ろに広がるナンタ浜までが一望できます。展望台に至るまでは階段や手すりなどである程度は道が整備されているので、ぜひ行ってみてください。

詳細情報

  • 沖縄県八重山郡与那国町与那国

④ 東崎展望台(あがりざきてんぼうだい)

島の最西端東崎には、東崎展望台がありその白い姿が青い空と海に映えて印象的です。展望台のある岬の周囲は切り立った崖になっていて、岸壁に高波が打ち付ける様子は絶景です。駐車場から灯台までは徒歩で10分ほどかかりますが、ヨナグニウマの糞が落ちているので注意してください。
東崎展望台の周囲は広大な牧草地になっていて、牛やヨナグニウマが放牧されています。ベンチもあるので、展望台や風景を見ながらのんびりと過ごせます。展望台近くにある東牧場には、珍しくも柵や塀が設けられておらず、動物たちが与那国の自然の中で悠々と過ごしている姿を見ることができます。

詳細情報

  • 沖縄県八重山郡与那国町与那国東崎
  • 0980-87-2241

⑤ サーウェスヨナグニ「海底遺跡」見学

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する