• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
カップルで行きたい憧れの北欧!コペンハーゲン おすすめ観光スポット15選

デンマークの首都であるコペンハーゲンは、カップルで訪れたい憧れの都市です。北欧ならではのスマートで優雅な町並みや、かわいらしカラフルな小物たち…見ているだけでHAPPYな気分になってしまいます!また、アンデルセン童話の生まれた地でもあり、おとぎ話の世界も垣間見える観光スポットのおすすめです。 是非次の旅行はパートナーを誘ってコペンハーゲンに行きませんか? おすすめの観光スポットをご紹介します。

このまとめ記事の目次

①ローゼンボー離宮

Photo by dSeneste.dk

お伽話に出てくるお城のようで素敵す。町の中にあるので、朝空いている間の、ホテルからお散歩がてらゆっくりと散策するのがおすすめです。

出典:www.tripadvisor.jp
オランダ・ルネッサンス様式の建物は荘厳な外装と、豪華絢爛な黄金の内装がまぶしい観光スポットです。
ここが愛のスポットとして親しまれている理由は、ここがクリスチャン4世と絶世の美女と謳われたキアステンの愛の新居だったためです。是非カップルにはおすすめしたい、縁起を担げそうな場所ですよね。
内部は大理石張りの居間を始め、戴冠式に使用した椅子、宝物などが展示されており、見ごたえがあります。コペンハーゲン観光でまずおすすめしたい場所です。
【住所】Oster Voldgade 4A, 1350 København
【営業時間】10時~17時
【料金】75DKK
【休日】1月1日~2月11日、2月21日~4月20日、11月1日~12月22日、12月23~26日、12月31日

②ニューハウン

カラフルな建物、船、オシャレなカフェやお店・・・ミーハーな観光客の自分にとっては、1番の写真スポットでした。散歩するだけでも楽しいですし、実際にカフェに入店してみてもよいと思います。

出典:www.tripadvisor.jp
運河に沿ってカラフルな木造家屋が並ぶ景観は、見ているだけでも気分が上がりそう!
カップルで来たらついつい話が進みそうですよね。運河沿いにはレストランが並び、夏場にはテラス席も出ますので、運河を眺めながら食事を楽しむのもおすすめです。
おとぎ話作家のアンデルセンが愛した観光スポットとしても知られています。
【住所】Nyhavn, 1050 København
【営業時間】店舗により異なる

③クリスチャンボー城

建物が素敵です。中央の広場は開放的です。タイミングが合えば、兵隊さんの更新が観れるので、是非確認して訪れてみてください。

出典:www.tripadvisor.jp
当時ほんの小さな砦でしかなかったコペンハーゲンですが、現在はこの観光スポットを取り囲むように運河が巡り、現在のコペンハーゲンの元の姿となりました。
かつては王宮として使われていた荘厳な作りは外観もおすすめですが、内部はさらに多くの王族関連施設が並びます。

中庭は市民の憩いの場となっていますので、のんびり過ごすにもおすすめです。
【住所】Prins Joergen Gard 1, 1218 Kobenhavn
【営業時間】10時~17時
【料金】70DKK
【休日】10~4月の月曜日

④アメリエンボー宮殿

Photo by jasonlsraia

ちなみにアメリエンボー宮殿の建物の上にデンマーク国旗が翻っていたら、女王さまが来ているってことらしいです。直接お目にかかることは難しいだろうけど、なんかドキドキしちゃいますよね^^

出典:www.copen-walk.com

通りの方からは交代要員の衛兵さんが行進してきた!
しゃきしゃきと一糸乱れぬ動き。さすが!

出典:tabinokakera.blogspot.jp
元々は貴族のマンションであったものを、クリスチャンスボー城の炎上によって宮殿としたものです。
外観だけみるとやや質素な作りの観光スポットですが、ここでもおすすめは衛兵の交代式です。英国と異なり、黒い衣装に身を包んだ衛兵が一糸乱れぬ動きで行進する様子は必見です!
内部は4つの建物に分かれており、そのうちの宝物殿が公開されています。また、クリスチャン7世王宮殿も夏期のみガイドツアーにて見学することができます。
【住所】 Amalienborg Slotsplads 5, 1257 København K
【営業時間】10時~16時
【料金】60DKK
【休日】11~4月の月曜日

⑤国立博物館

かなりの見応えがあります。展示物も、発掘物や、装飾品、骨、バイキング、などが豊富にあり、時代やテーマに沿って展示されてあります。全部をじっくりと見たかったのですが、回りきれませんでした。

出典:www.tripadvisor.jp

ミイラがいくつも展示されていて、興味深いものの少し怖かったです。手の込んだアクセサリーなどの副葬品の数々も見ごたえがあります。

出典:tabisuke.arukikata.co.jp
デンマークの美術品や、歴史的な発掘品を展示している観光スポットです。
無料で入れますが、予想外の展示品の充実に、時間が足りなかったという人が多数です!特におすすめなのは「太陽の車」という黄金の日輪を運ぶ車で、青銅器時代の発掘品であると言われています。
せっかくコペンハーゲンに来たのであれば、是非デンマークの歴史についても触れてみるのも良いかもしれませんね。
【住所】 Ny Vestergade 10
【営業時間】10時~17時
【料金】無料
【休日】月曜日

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する