• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
エリア別・解説!世界遺産“長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産”全12スポット

2018年5月4日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に認定されました。潜伏キリシタンが誕生するキッカケとなった地、潜伏キリシタンの信仰の実践、潜伏キリシタンの共同体の維持、そして潜伏の終わり。このような歴史的な背景に沿った4つのテーマに分かれて登録されています。今回は実際に訪れる際に参考になるように、エリア別で全12スポットをご紹介していきます。この美しくて悲しい遺産に会いに、長崎を訪れてみませんか。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

▼天草・島原エリア

始まりの場所

南蛮貿易によって、キリスト教が広まった島原・天草。しかし幕府がキリシタンを禁じたことから、多くの潜伏キリシタンが誕生しました。迫害に加えて、大雨と日照りが重なり、貧窮する状況の中、農民たちが起こした「島原・天草一揆」。結果として多くの犠牲者を出し、さらに幕府の鎖国政策をより強固にするきっかけとなりました。

① 原城跡

籠城した原城跡

まず、ご紹介する世界文化遺産は「原城跡」です。かつて島原・天倉の一揆軍が籠城した地です。かつて領主であった有馬貴純が作った原城。兵糧攻めの後の総攻撃によって、主導した天草四郎を含み、ほぼすべての人々が惨殺されたと言われています。

いまも聴こえる祈り

原城は取り壊され、現在、その姿を見ることは出来ません。しかし、昨今の調査によって、当時命を落とした、たくさんの人骨が発掘されました。また、鉄砲の玉から作った十字架なども一緒に発掘されています。当時の人々の祈りの声に耳をかたむけてみましょう。

詳細情報

  • 長崎県南島原市南有馬町己

② 天草の﨑津集落

漁村に残る教会

2つ目にご紹介する世界文化遺産は「天草の﨑津集落」です。禁教期には、貝殻の内部の模様を聖母マリアとして信仰をするなど、漁村ならではの組織的方法をとり、潜伏キリシタンとして活動を続けていました。

海に寄り添う﨑津教会

1805年に5000人もの潜伏キリシタンが摘発された「天草崩れ」が発生。しかし、その摘発数の多さに、厳しい処分の徹底が難しく、その後も隠れて信仰を継続することが出来ました。島のシンボルとなるのは「﨑津教会」。1934年に作られた木造の教会で、中の床部分は畳(たたみ)が敷かれています。

詳細情報

  • 熊本県天草市河浦町﨑津539
  • 0969-22-2243

▼平戸・佐世保エリア

潜伏キリシタンたちの歴史

かつてザビエルがやってきて、キリスト教の布教をスタートした平戸。また、佐世保の黒島には、多くの潜伏キリシタンが移民としてやってきて、開拓をしていきました。二つのエリアには禁教時代に迫害を乗り越えてきた歴史が深く残っています。

③-④ 平戸の聖地と集落

③ 春日集落と安満岳

by -
3つ目にご紹介する世界文化遺産は、「春日集落と安満岳」。ここは、平戸エリアの西部にあり、海へと続いていく春日の棚田はとても美しい事で有名です。また、平戸島の最高峰である「安満岳」は、平戸の山岳信仰の対象であり、潜伏キリシタンも聖地として参拝しました。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する