• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【2018夏】アートに触れる夏!関西地方のおすすめ美術展・展覧会まとめ

日常に潤いをもたらしてくれるアート。今回は、2018年の夏に楽しむことができる、関西地方のオススメ美術展や展覧会をご紹介。普段なかなか美術館や博物館に行かない、という方でも楽しめる美術展・展覧会ばかりです!お見逃しなく。(※掲載されている情報は2018年7月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

【1】赤と青のひ・み・つ / MIHO MUSEUM(滋賀)

開催期間:2018年6年30日(土)〜8月26日(日)

一つ目に紹介するのは、滋賀県にあるMIHO MUSEUMで開催されている「赤と青のひ・み・つ」。古代エジプトやインダス、メソポタミア、中国などの芸術品が揃っているMIHO MUSEUM。そのコレクションはもちろん、まるで桃源郷のような建築の美しさが話題となっている美術館です。
そんなMIHO MUSEUMで開催されている「赤と青のひ・み・つ」は、古代から近世における、国内外の美術品に使われた「赤」と「青」の色をフィーチャーし、人間と色の関係性について解き明かしていく、そんな展示会になっています。色に対して考えるよいきっかけになるはず。

詳細情報

  • 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
  • 0748823411

【2】藤田嗣治展 / 山王美術館(大阪)

開催期間:2018年3月1日(木)〜7月31日(火)

次に紹介するのは、大阪にある「山王美術館」で開催されている「没後50年 藤田嗣治展」。日本生まれながら、人生の大半をフランスで過ごし最終的にはフランスに帰化した、世界が認める画家・フジタ。その展示を関西で見ることができます。
フジタの独特な色使いや、筆のタッチなどを堪能できる数少ない機会。時間を忘れてうっとりしてしまうこと間違いなし。今回の藤田嗣治展は7月いっぱいで終わってしまいます。この機会をお見逃しなく!

詳細情報

  • 大阪府大阪市浪速区湊町1丁目2−3
  • 06-6645-7111

【3】プラド美術館展 / 兵庫県立美術館(兵庫)

開催期間:2018年6月13日(水)〜10月14日(日)

次に紹介するのは、「兵庫県立美術館」で絶賛開催されている「プラド美術館展 ーベラスケスと絵画の栄光ー」。スペイン・マドリードにあるプラド美術館は、世界屈指の美の殿堂として知られている美術館で、スペイン画家をはじめヨーロッパの美術品を展示している美術館です。
今回の「プラド美術館展」では、スペインを代表する画家ベラスケスの作品を中心に、17世紀のスペイン宮廷に関する美術が一堂に会するまたとない機会。迫力のある大作揃いです!

詳細情報

  • 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1−1
  • 0782620901

【4】麻田鷹司展 / 何必館(京都)

開催期間:2018年7月1日(日)〜8月19日(日)

次に紹介するのは、京都・祇園にある「何必館(かひつかん)」で開催される「麻田鷹司(あさだたかし)展」。日本の名所を描いた麻田鷹司の風景画は、心に訴えかけてくるような魅力があります。
何必館は京都市内にあるため、京都観光ついでに立ち寄るのもおすすめ。展示はもちろん、建築や内装も美しい何必館。季節によってその表情を帰る美しい坪庭もあり、展示と合わせて楽しんで見てくださいね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

torigasuki知らない鳥まだまだたくさん

このまとめ記事に関して報告する