• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
群馬の人気お出かけスポット!詰め放題が噂の「こんにゃくパーク」がキニナリすぎる

こんにゃくといえば、何を思い浮かべますか?いつもお母さんが作ってくれた味噌汁に入っているこんにゃくだったり、寒い日に食べたいおでんのこんにゃくだったり。人それぞれ、違ったこんにゃくへの愛着があると思います。中には、こんにゃく自体、あまり好きでないかも。なんて言う人もいるかもしれません。しかし、こんにゃく好きでも、そうでなくても、絶対に楽しめると噂のスポットが群馬にあります。それでは、そんな「こんにゃくパーク」について紹介します。

このまとめ記事の目次

実はみんな大好き、こんにゃく

昔から、いつもは意識してないけど、もしなくなったら嫌だなあ、困るなあ。そんな存在のものって、ありますよね。きっと私にとっても、あなたにとっても、こんにゃくって、そんな存在ではないでしょうか。
学校の給食で度々登場する味噌汁や、お母さんがいつも作ってくれるピリ辛こんにゃく。いつも意識してないけれど、実は大好物だったりする。そんなこんにゃくを存分に楽しめるスポットが、必竟の地、群馬にあるんです。

こんにゃくパークとは?

今、話題沸騰中の「こんにゃくパーク」は、群馬県甘楽郡にある、こんにゃくの工場です。この工場に関して、特筆すべきはなんといっても、入場・工場見学・食べ放題バイキングがすべて無料であること。
こんにゃくパーク施設内には、こんにゃく・白滝工場ゾーン、ゼリー工場ゾーン、バイキング・おみやげゾーンの3つのゾーンがあります。工場見学では、その迫力に圧倒されてしまうこと間違いなしです。
工場見学を通して、こんにゃくの製法について知ることができる「こんにゃくパーク」。それだけでも十分楽しそうですが、実は、その太っ腹な魅力はまだまだ他にもたくさんあるんです。

本当に無料なの?大人気のこんにゃくバイキング

こんにゃくパーク

「こんにゃくパーク」の一番の魅力といっても過言ではないかもしれない、無料こんにゃくバイキング。20種類以上ものこんにゃくを、これでもかと言うほどたらふく食べることができます。
1ヶ月でなんと、約60トンものこんにゃくがこのバイキングで消費されているのだとか。「こんにゃくパーク」内に隣接している工場間との輸送コストがないため、実現されたバイキングです。

他にもまだある楽しみ方!

こんにゃく詰め放題

「こんにゃくパーク」を訪れたら絶対に挑戦したいのが、「こんにゃく詰め放題」。独特の柔らかさで、なんとなくたくさん詰め込めそう。そう思っていても、実際はセンスの差が如実に現れます。ぜひ、友達や恋人と競って挑戦してみてください。

こんにゃく販売

「こんにゃくパーク」内にある工場で作られた、様々な種類のこんにゃくを一度にお手軽価格で、たくさん買うことができます。工場見学やバイキングをした後なら、きっとどれもこれも買ってしまいたくなるはず。

足湯

なんと、「こんにゃくパーク」内には、足湯もあるんです。ドライブで訪れたとき、ちょっと一休みしていきたい。そんな気持ちをしっかりと癒してくれる、素敵な心遣いです。こんにゃくを満喫して、体もリフレッシュして、最高の1日を過ごすことができそう。

こんにゃくに埋もれるようなひと時を

こんにゃくパーク

話題沸騰中の、群馬県にある「こんにゃくパーク」について紹介しました。こんにゃく好きの方も、そうでない方も、きっとこんにゃくを好きになるひと時がそこにはあるはず。ぜひ、家族や恋人と楽しんでくださいね。

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204−1
  • 0274604100

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

JALJAL結構似てるって言われる

このまとめ記事に関して報告する