• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
《保存版》次の海外旅行先は断然ココ!“ケアンズ”の一度は訪れたいスポットまとめ

世界的に有名なグレート・バリア・リーフの玄関口でもあり、オーストラリア大陸の北東岸に位置する都市「ケアンズ」。みなさんは訪れたことがありますか?実はケアンズには美しい景色、ワクワクするような体験、美味しくてたまらないグルメなど、全てが詰まった場所なんです。ゆったり流れる時間が心地よく、一度訪れたらあなたもケアンズの虜になってしまうはず。ぜひ参考にして素敵な旅を過ごしてくださいね。(掲載されている情報は2018年8月記事公開時点のものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

ケアンズってどんなところ?

みなさんは「ケアンズ」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?オーストラリアだから、なんとなくコアラをイメージしたり、美しいビーチやカラッとした暑い気候を想像したりしますよね。日本からの飛行時間は、成田空港からケアンズまで約7時間30分ほど。直行便が出ているため便利で、日本との時差も+1時間と少ないので、時差ボケがないのも嬉しいですね。
オーストラリアはもともと南半球に位置しているため、日本とは季節が逆。またその中でも熱帯性気候に属しているケアンズは、日本のようなはっきりとした四季が存在しないのも覚えておきたいポイントです。12~3月頃の雨季は日によっては40℃近くまで上がることもあり蒸し暑く、反対に5~8月頃の冬に当たる乾季は最低気温が16度前後なので過ごしやすいのも特徴です。
※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

注意点としては、オーストラリアは独自の生態系を守るために他国からの持ち込みがとってっも厳しく制限されているので、事前にチェックしておくこと。罰金を課せられることも場合によってはあるので気をつけてくださいね。また気になるチップの習慣については、必ず渡さなければならないということもないので、良いサービスを受けた時に支払う程度で十分です。では、そんなケアンズで訪れたい観光スポットをご紹介していきます!

【1】キュランダ

まず最初にご紹介するのは「キュランダ」。キュランダは世界最古の熱帯雨林で世界遺産にも登録されており、ケアンズの観光地としても人気のスポットです。ここへはケアンズで1、2を争う大人気アトラクション「キュランダ高原列車」に乗って行くことができます。
ケアンズ市内からキュランダまでの約33kmの道のりを、2時間ほどかけて高原列車でトコトコと進みます。歴史ある古い列車はゆっくり進んで行きますが、この2時間の間に見ることができる景色がとにかく美しく、見る人を魅了します。バロン滝駅では、10分ほど停車するため、降りて見学することもできますよ。
1960年代になるとヒッピーやアーティストが好んでこの町に住むようになったため、この村ではどこかアーティスティックな雰囲気が漂い、どこからか演奏が聞こえてきたり地元アーティストの作品を売っていたりと新鮮で楽しめますよ。

詳細情報

  • Bunda St, Australia
  • +61 7 4036 9333

【2】レインフォレステーション ネイチャーパーク

2つ目にご紹介するのは「レインフォレステーション ネイチャーパーク」。こちらはキュランダの町の中に位置するテーマパークなのですが、ここでは水陸両用のアーミーダックに乗り、熱帯雨林探検をすることができます。
アーミーダックツアーは熱帯雨林の中を45分かけて探検するツアーで、豊富な知識を持ったダックキャプテンやツアーガイドによる案内を受けることができます。熱帯雨林特有の動植物を目にすることができたり自然を存分に感じることができるので、ぜひ参加してみてくださいね!

詳細情報

  • 1030 Kennedy Hwy, Kuranda QLD 4881 オーストラリア
  • (07) 4085 5008

【3】ケアンズ・エスプラネード・ラグーン

3つ目にご紹介するのは「ケアンズ・エスプラネード・ラグーン」。ここはケアンズ市内屈指の観光スポット「ケアンズ エスプラネード」の中に位置する“人工プール”。ケアンズにある海では遊泳が禁止となっているところが多いため、このラグーンプールは人々の憩いの場所になっているんです。
水辺でのんびり過ごすのもいいですし、世界的に有名なグレートバリアリーフを眺めながら海と一体となったような感覚で遊泳を楽しんでもいいですね。プールはひんやりとしていて日陰のエリアも多いため、昼間の暑さをしのぐためにやってくる方も多くいます。
まわりには熱帯植物が茂る庭園が広がっており、フィットネス教室に参加している人がいたりのんびりと読書を楽しんでいる人がいたりと、思い思いの時間を過ごしているよう。朝から夜にかけて色々な表情を持つラグーンプールはとっても素敵ですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する