• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
神秘と混沌。“エモい街”イスタンブールで訪れたい観光スポット7選

「東西文明の十字路」と呼ばれ、アジアとヨーロッパの境でもあるイスタンブールはかつてのローマ帝国やオスマン帝国の首都に定められ、帝国文化の栄枯盛衰を感じられる重厚な建造物が数多く残っています。交通の要衝としても栄え、あらゆる文化が入り乱れ独自に発展したイスタンブールで悠久の歴史に思いを馳せてみては?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

【1】ブルーモスク/スルタン・アフメト駅

正式名称「スルタンアフメト・ジャーミー(Sultan Ahmet Camii)」は、オスマン帝国時代の1616年に建造され「イスタンブール歴史地区」の中心に位置し観光客や市民の憩いの場として親しまれています。季節を問わず夜にはライトアップされ一層、荘厳な雰囲気を漂わせます。
青を基調とした色彩で装飾を施されておりステンドグラスを通して内部に日の光が差し込むとより一層鮮やかなブルーが際立ちます。この絢爛華麗なブルーモスクは「世界で最も美しいモスク」と評されることもあります。1日5回の礼拝の時間を除き、内部の見学も自由となっており誰でも入ることが出来ます。入場は無料ですが寄付制となっています。

詳細情報

  • Bilal Eroğlu Caddesi, Mezar Sokak No:8, Göreme Belediyesi/Nevşehir Merkez/Nevşehir, Turkey
  • +90 533 025 58 00

【2】アヤソフィア/スルタン・アフメト駅

ギリシア語で「聖なる叡智」を意味するこの大聖堂は焼失した2代目アヤソフィア聖堂を再建する形で537年のビザンツ帝国時代に建造されました。高さ約55m、直径約31mもある巨大なドームを有したバシリカ式の聖堂は当時の建築技術からすると奇跡的なもので、ビザンツ建築の最高傑作と言われています。
本来はキリスト教の大聖堂としての起源を持ちますが、1453年のコンスタンティノープル陥落(現在のイスタンブール)をきっかけにオスマン帝国の支配下に入るとイスラム教のモスクとして生まれ変わりました。しかし、オスマン帝国の時代が終わりトルコ共和国の現在では博物館として利用されています。

詳細情報

  • AhmetMahallesi,AyasofyaMeydanı,34122Fatih/İstanbul,トルコ
  • +90 212 522 1750

【3】トプカプ宮殿/ギュルハネ駅

「イスタンブール歴史地区」の小高い丘の上に位置し、北は金角湾、東にボスポラス海峡、南にマルマラ海と三方向に面したトプカプ宮殿はオスマン帝国繁栄の象徴となっています。その名の通りスルタン(オスマン帝国の皇帝)の居住地であったトプカプ宮殿は約400年もの間、権力と行政の中心としてその役割を果たしました。現在は博物館として一般に公開されています。
外観は重厚で一見、無機質にも見えますが内部は栄華の象徴と言わんばかりの豪華なつくりになっています。敷地内には政治を執り行う「政庁」や別料金で入場可能な「ハレム」があります。「ハレム」とは後宮の女性たちが暮らした空間でトルコ版の大奥とも言える場所です。また、歴代のスルタンたちが収集した財宝を展示した「宝物館」も一見の価値ありです。

詳細情報

  • Topkapi Sarayi
  • 0212(512)0480

【4】ボスポラス海峡/カラキョイ駅など

黒海とマルマラ海を結ぶ海峡でトルコがアジアとヨーロッパに分かれる境目になっています。昔から交通の要衝であり軍事的にも重要な拠点として知られています。1973年にボスポラス大橋が完成しヨーロッパとアジアは陸続きになりました。是非、ここでヨーロッパとアジア両大陸を堪能してみては?
また、ボスポラス海峡ではクルージングも楽しむことが出来るので、陸地での観光から気分転換したい時には海の上でのんびりと潮風に吹かれるのも一興でしょう。比較的安い値段でクルージングを楽しめるところが多いので、お財布に優しいのも嬉しいポイントです。

詳細情報

  • Bosphorus, Turkey

【5】グランドバザール/ベヤズット駅

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

koyabu_66関西弁の背の高い某お笑い芸人に似ているとよく言われます。私自身は生粋の神奈川っ子です。

このまとめ記事に関して報告する