• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
“本の街”の新名所。「神保町ブックセンター」で本に囲まれて過ごしたい

“本の街”として有名な東京・神保町。そんな神保町に2018年4月に誕生した「神保町ブックセンター」をご存知でしょうか。今回は、神保町の新名所とも言えるこちらのお店の魅了をご紹介します。ぜひこれを参考に訪れてみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年8月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

神保町ブックセンターとは?

東京・神保町。あなたはこの街にどんなイメージがありますか?きっと、「本の街」というイメージが強い方が多いはず。たくさんの本屋、古本屋が立ち並ぶことで有名なエリアですよね。
そんな「本の街」神保町にある「本の複合施設」をご存知でしょうか?その名も「神保町ブックセンター」。2018年4月にオープンした、神保町の新名所として、今とっても話題なんです。
都営三田線、都営新宿線、東京メトロ半蔵門線A6出口より徒歩1分というアクセスの良さも大きな魅力ですよね。「本の街」神保町の新しい顔をいうことができそうです。
こちらのお店、本を選んだり、購入したりといった以外にも、様々な使い方ができるとっても素敵なお店なんです。今回は、そんな「神保町ブックセンター」の魅力を徹底解剖しちゃいます。

新しい本と出会える書店スペース

まず、こちらのお店の書店スペースをご紹介します。こちらで販売しているのは、全て「岩波書店」の出版物です。学術書や小説、絵本などなど、幅広い分野の書籍が販売されているんです。
のんびりと売り場の本棚を眺めていると、普段はあまり目に留まらないような本も「面白そう!」と思えるかも。新しい本との出会いがあるのも、こちらのお店の大きな魅力なんです。

本に似合うメニューが揃う喫茶店

喫茶店は、そんな書店スペースに囲まれるようなかたちで配置されています。本に囲まれているような空間で、本好きにとっては、なんともたまらない雰囲気を堪能することができますよ。
この喫茶店のちょっと珍しいポイントは、店内の書籍を持ち込んでも大丈夫、自分で持ってきた本を読んでも大丈夫、ということ。せっかくなので、本を読みながらのんびりくつろいじゃいましょう。
しかし、カフェスペースでは本を読まなければいけない、というわけではありません。食事やお茶をするだけの利用も可能なんです。実際に筆者が訪れた際にも、本を読んでいる方や食事をとっている方など、様々な使い方をしているお客さんがいました。
好きな席に座って、メニューを見て注文する、というシステムです。まるで文庫本のような見た目のこちら、実はメニューなんです。とってもおしゃれで、思わず読み込みたく待ってしまいそう。
喫茶店で食べたいお料理メニューといえば、やっぱりカレーという方も多いはず。こちらは「チキンカレー」です。また、こちらの喫茶店、ランチメニューを頼むとフリードリンクがついてくるのでとってもお得です。
こちらはモーニング限定メニューの「トーストセット」です。シルバーのトレーがレトロ感満載でたまらないですよね。赤いさくらんぼがついてくるのも、なんだか雰囲気があります。
こちらはデザートメニューの「プリンアラモード」。本を読んでちょっぴり疲れた頭にぴったりの甘いスイーツです。どこか素朴で懐かしい味わいのスイーツ、ぜひこちらに訪れたらいただいてほしい一品です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する