• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
有楽町に新スポットが!「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」オープン

有楽町マリオンのTOHOシネマズ 日劇の跡に、新たなプラネタリウムエンターテイメント施設として「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」が2018年12月19日(水)にオープンします。「プラネタリウムドームシアター」と「多目的デジタルドームシアター」という日本初のツインドーム、さらに「体験型VRアトラクション」を備えたドームシアターコンプレックスとなる予定です。

このまとめ記事の目次

「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」オープン

オープン日:2018年12月19日(水)

2018年12月19日(水)、新たなプラネタリウムエンターテイメント施設として「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」がオープンします。宇宙と音楽が融合する、唯一無二のプラネタリウムを楽しむことが出来る施設なんです。
「プラネタリア TOKYO 」のオープニング作品には、世界的作曲家・久石譲が全編にわたり楽曲を提供。プラネタリウムの音楽を書き下ろすのはキャリア初とのこと。『宇宙』をテーマにオーケストラ編成による壮大なサウンドスケープが繰り広げられつのも魅力の1つですね。
さらに、最新の立体音響システム「SOUND DOME(R)」に対応しているので、まるで実際に目の前でオーケストラが演奏しているかのような、重厚かつ繊細な音響空間を楽しむことが出来るんです。
作品のテーマは、宇宙飛行士が体験した“本当の宇宙”。日本人宇宙飛行士の土井隆雄さん、山崎直子さん、大西卓哉さんの3名の体験を元にそこから見える宇宙の光景(すがた)が、コニカミノルタプラネタリウムの最新投映機「Cosmo Leap Σ(コスモリープ シグマ)」と全天周CG映像で再現されます。
さらに、プラネタリウムドームの裏側に43個のスピーカーと、壁の背面に4個のウーハーが配置され、前後左右に加え上下や回転といった、きめ細かな音像移動を表現しています。オーケストラによる演奏や環境音を忠実に再現し、プラネタリウムの中で、まるで“その場所”に居るような、リアルな体験を楽しむことが出来るんですよ。
そして、もう一つのオープニング作品も登場!日本を代表するアーティストDREAMS COME TRUEとのコラボレーションが決定しているそうです。作品のテーマは“夜空を見上げ、星空に魅了され、星を知ろうとした人々の想い”。DREAMS COME TRUEの紡ぐ歌詩、メロディ、そして吉田美和の歌声が、作品のテーマと重なり壮大なプラネタリウム作品を創り上げること間違いないですね。

音と映像が繰り広げられるリアルな空間

いかがでしたか?今回は、有楽町にオープンする施設「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」をご紹介しました。新たな新スポットとして、早くも話題になりそうですね。宇宙と音楽を融合したリアルな空間を是非、体験してみてくださいね。

詳細情報

■コニカミノルタプラネタリア TOKYO
オープン日:2018年12月19日(水)※予定
場所:有楽町マリオン 9・10階
※デザインやサービス内容は、変更になる可能性があります
※オープン時期は変更になる場合があります
  • 東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン 9・10階

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する