• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
旅行前に必ず読んで!ハワイ旅行で知っておくべき“10個のこと”とは

常夏の楽園、ハワイ。日本からの渡航者もとても多く身近なリゾート地の一つですよね。とは言ってもやはりハワイも海外。日本にはない意外と知らないルールもたくさんあるんです。今回はそんなハワイ旅を楽しむために知っておくべきことをご紹介したいと思います。ぜひハワイ旅行前に読んで、しっかり準備して行ってくださいね。 (※掲載されている情報は2018年10月に公開されたものです。事前に最新情報をご確認ください。)

このまとめ記事の目次

【交通手段編】

①レンタサイクル「biki」を上手く活用

まずはじめにハワイに訪れるなら押さえておきたい交通手段をご紹介。1つ目は、レンタサイクルを上手く活用すること。ワイキキ中心部は徒歩で周ることができるものの、ダウンタウンやカカアコ方面などちょっぴりワイキキから離れた場所へ向かう時は交通手段に迷いますよね。そんな時におすすめなのが新しく始まったこのレンタサイクルサービス「biki」(ビキ)。
photo by hawaii_pua
チャイナタウン〜アラモアナ〜ワイキキ〜カパフル エリアまで広く使えるのが嬉しいポイント。自転車が止まっているbiki stopも街のあらゆるところにあるので気軽にレンタルすることができますよ。30分以内の利用で3.5ドルから利用することができ、日本語メニューで借りることができるので安心ですよ。ワイキキからちょっと足を伸ばして観光したい時にはおすすめのサービスです。カカアコからアラモアナまでは15分ほどで行けました。(事前にアプリをダウンロードしておくのがおすすめ!)

②配車サービスアプリも忘れずに

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

先ほどレンタサイクルサービス「biki」を紹介しましたが、やっぱり自転車だけだと行動範囲はまだまだ狭いもの。レンタカーを利用してカイルアやノースショア方面に出かけるのがやはりおすすめですが、運転免許証を持っていなかったり、海外での運転に不安な方も多いですよね。そんな時におすすめなのが「UBER」(ウーバー)や「Lyft」(リフト)といった配車サービスです。
ワイキキから車で30分ほど走らせればカイルアビーチやラニカイビーチのあるカイルア方面や、ワイケレプレミアムアウトレット、ウェットアンドワイルドなどに行くこともできます。特にラニカイビーチに行きたい時に配車サービスを利用するのがおすすめ。ラニカイビーチ周辺には駐車場やバス停がなく、レンタカーを利用してもなかなか駐車場が見つからない…なんてことも。配車アプリを利用すればビーチのすぐそばで停車してくれるのでとっても便利ですよ。
筆者が2016年にラニカイビーチからアラモアナセンターまでUBERを利用した際は27ドルで乗車することができました。4人で利用したので一人7ドルほど、と考えるととってもリーズナブルですよね。UBERはアカウント作成の際に電話番号が必要になるので、必ず旅行前に日本国内でアカウントを作成しておくことをおすすめします。

③ハワイの定番!“トロリー”はやっぱり便利

photo by hawaii_pua
ハワイの交通手段としてもっとも手軽なのが「トロリー」。ワイキキの街中にはたくさんのツアー会社が運行するトロリーが走っています。特にアラモアナセンターまでの移動はトロリーが便利。10分間隔ほどで運行しているものが多いのでスケジュールを気にせず好きな時に訪れることができるのが嬉しいですね。筆者もアラモアナセンターやダイアモンドヘッドなど比較的ワイキキから近い場所への移動はトロリーを利用していました。
ツアー会社利用の旅行ではない、という方も「ワイキキトロリー」という誰でも利用できるトロリーが運行しているのでご安心を。一回の乗車につき2ドルで利用できますが、JCBカードを提示すると無料で乗車することができるのでお持ちの方はお忘れなく。ホテルについたらまずは最寄りのトロリー停車場をチェックしておくのがおすすめです。

④運転に自信があるなら!1日レンタカー利用がおすすめ

photo by hawaii_pua
そして、オアフ島を存分に満喫したい時におすすめな交通手段が、レンタカー。ローカルなハワイを味わいたいのなら、レンタカーで色々な街を周るのがおすすめ。けど海外での運転ってやっぱり怖いし、運転免許証はどうすればいいの…?なんて思う方も多いかもしれません。
まず、ワイキキでのレンタカー利用は日本で発行される免許証があればOK。日本の免許証とパスポートを見せれば借りることができますよ。もちろん国際免許証を持っているに越したことはないですが、急遽レンタカーを利用したい!となった時でもこの2つがあれば借りることができます。
また、日本から事前に予約していなくてもハイシーズンでなければ前日に現地で予約することも可能。ワイキキ中心部にある「ギャラリア」という免税店の中には「ニッポンレンタカー」があるので買い物の際に立ち寄ってみては。事前に予約しておいても天候が不安定…。なんていう心配をしなくても良いのが嬉しいですよね。レンタカーを利用できる年齢は21歳からですが、25歳未満の方は別途保険に入る必要があるので注意が必要です。車上荒らしが多い地方もあるそうなので、レンタカー利用の際は車内に貴重品は置いていかないようにしてください。

⑤歩きスマホで罰金?

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

海外に行くと色々な観光スポットを巡りたいものですよね。そんな時に頼りになるのがスマホのマップ機能。ついついスマホに熱中して、歩きスマホをしてしまう人も多いのでは?ハワイでは、横断歩道以外での道路の横断や、スマホなどを見ながら横断歩道を渡ることは禁止されています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

hawaii_puaハワイ情報配信中

このまとめ記事に関して報告する