• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
全てが可愛い!スペインの白い村ミハスの観光でしたい7つのこと

スペイン、アンダルシア地方の白い村「ミハス」をみなさんはご存知ですか?白い家々が並ぶ小さな村ですが、その可愛らしさと美しい景観が人気の観光地です。今回はそんな白い村ミハスでしたいこと7つを実際に訪れたことのある筆者がご紹介します!スペイン旅行の際には是非足を伸ばしてミハスを訪れてみてくださいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

ミハスとは?

一年中眩しいほどに太陽の光が降り注ぐスペイン、アンダルシア。そんなアンダルシア地方には、真っ白に塗られた家で統一された白い村が点在しています。そんな白く輝く美しい村の中でも、観光地として有名なのが「ミハス」。徒歩でまわれるほどの小さな村ですが、訪れるべき様々な魅力が詰まった美しい村です。

①白い家並みのフォトジェニックな写真を撮る

ミハスに来て一番にしたいことはやっぱり写真を撮ること。白く輝く家々が連なる景観は、どこを切り取っても絵になるような可愛さです。ミハスの中で最も美しいと言われているのは「サン・セバスティアン通り」というおしゃれなお土産屋が並んでいる通り。ポストカードやガイドブックの写真にもよく使われています。
一年中晴れの日が多く、太陽の光が眩しい気候であるアンダルシア地方。強い太陽の光を反射させ気温が高くなるのを緩和させるために家の壁に白い塗料を塗っているためこのような白い村になっているのです。壁は数年に一度塗り直しており、常に真っ白で美しい景観が保たれています。

②可愛らしい町並みを散策する

ミハスは、徒歩でまわれる小さな村。写真を撮りながら散策してみましょう。通りから外れて小さな小道に入っても可愛らしい景色に出会うことができますよ。ミハスは山の中腹に位置するので、傾斜や階段の多い村。そのため家々が重なったような美しい景観を生み出しています。
ミハスの可愛さのポイントは家々の白い壁だけではありません。白い家に映えるようにセンス良く飾られた青い植木鉢や色鮮やかな陶器、また鮮やかな花々が引き立てています。お気に入りのデコレーションがあったらぜひ写真に収めてくださいね。

④ロバタクシーに乗って町を巡る

ミハスを訪れたなら挑戦したいのが名物のロバタクシー。バスの停留所から南東へ行くとロバタクシー乗り場があります。お兄さんに引き連れられて可愛いロバが町を巡ってくれますよ。白くて小さな町をロバが歩く姿はなんとも可愛らしくて思わず写真を撮ってしまいます。
また、ロバタクシーだけでなく村では観光馬車も利用することができます。ミハスは徒歩でまわれる小さな村ですが、ロバタクシーや馬車に揺られて町を眺めれば、よりのんびりとして落ち着いたアンダルシア地方の小さな村の空気を感じることができるかもしれません。

③展望台で真っ青な地中海を一望する

山の中腹に位置し高度の高いミハスからは、地中海を見晴らすことができます。ミハスの展望台は、水平線で霞むほど遠くまで地中海を一望できる絶好のビューポイント。写真には収まりきれない絶景は実際に見ないとわからない美しさがあります。是非自分の目で確かめてくださいね。
ミハスの展望台は、木漏れ日の下青い空と海を見ながら澄んだ空気を感じれるとても気持ちのいいスポットです。散策に疲れたら、一息つきに訪れてみましょう。旅の疲れも癒されるはず。

⑤岩を掘ってできた礼拝堂を見学する

展望台に行ったら、すぐそばに佇む「ラ・ペーニャ聖母礼拝堂」をのぞいてみましょう。このラ・ペーニャ聖母礼拝堂は岩を掘り抜いて造ったと言われている珍しい礼拝堂です。言い伝えではなんとたった一人の修道士が掘ったのだとか。
礼拝堂内部の祭壇にはミハスの守護聖母ラ・ペーニャの聖母子像が祀られています。礼拝堂自体は小さいながらも、白い家々とは対照的な天然の岩で出来た礼拝堂に入れば、静かなエネルギーが感じられます。

⑥世界で一番小さい闘牛場をのぞく

ミハスの南西の端にある闘牛場は1900年に造られたもので、世界最小と言われる闘牛場。激しいイメージのある闘牛ですが、ミハスの闘牛場は可愛らしく町に溶け込んでおり、素朴な佇まいです。
闘牛は休日に行われていますが、平日でも闘牛場の内部を見学することができます。闘牛場の中に立つという他の闘牛場ではできない貴重な体験ができますよ。また、闘牛博物館も併設されていて、闘牛士の衣装など闘牛に関する展示を見学することができます。

⑦ミハスでしか手に入らないお土産探しをする

ミハスには可愛らしい土産屋やオリジナルの雑貨屋が軒を連ねています。せっかく訪れたからには、ミハスでしか手に入らないお土産をゲットしたいですよね。アンダルシアの色鮮やかな陶器で出来た雑貨や、高品質なオリーブを使用した商品、ガラピニャーダと呼ばれるアーモンドを砂糖でくるんだ名物のお菓子など、個性豊かなお土産が並んでいます。是非時間をかけてショッピングを楽しんでくださいね。
また、日本の観光客が多いため日本語表記のあるお店も多く、ミハスは日本人に優しい観光地でもあります。何軒か日本人スタッフのいるお店もあったので安心です。村の入り口に「日本の皆様ありがとう」と日本語で書かれた石碑が設置されるほど、日本から来る観光客のおかげでミハスは支えられているそうですよ。

白い村ミハスを訪れよう。

いかがでしたか?どこを切り取っても絵のように可愛い白い村、ミハス。是非一度足を運んでその景色に出会いに行ってみてくださいね。

詳細情報

  • Mijas Spain

▼RETRIP公式のキャンペーンもチェック✔

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する