• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
グルメ情報に耳をすませば。聖蹟桜ヶ丘のリピーター続出のお店7選

新宿駅から京王線で約30分ほどの所にある聖蹟桜ヶ丘。実は、ある有名映画の舞台になった場所で、聖地巡礼に訪れる人も多いのだとか。そんな聖蹟桜ヶ丘で耳をすませば、グルメ情報がたくさん入ってきました!今回は、そんな聖蹟桜ヶ丘に行ったら絶対に食べて欲しいおすすめのグルメ7選を紹介します。きっとあなたも聖蹟桜ヶ丘に魅了されるはず。(※掲載されている情報は2018年10月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

① HUGSY DOUGHNUT (ハグジー ドーナツ)

最初に紹介するのは、「HUGSY DOUGHNUT (ハグジー ドーナツ)」です。聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩7分のところにあります。古民家をリノベーションしたドーナツ屋さん兼アトリエです。遊び心溢れる夫婦が作り上げる可愛らしいドーナツがとってもキュートなんです。
NYスタイルのイーストドーナツで、見た目も味もユニークなドーナツは大人にも子どもにも大人気。バラエティ豊かなので、ついついリピートしたくなっちゃいます。営業日は土日と祝日のみなので注意してください。イベントなどで出店していることもあるそうなので、HPでチェックしてみてくださいね。

詳細情報

  • 東京都多摩市関戸2-18-7
  • 09061641916

② cafe GARDEN (カフェ ガーデン)

2つ目に紹介するのは、「cafe GARDEN (カフェ ガーデン)」です。聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩3分のところにあります。肉メニューがメインのお店ですが、パフェやパンケーキなどのスイーツも充実しているので、ティータイム利用もおすすめです。14〜18時 (土日は15〜18時)は愛犬と一緒に食事を楽しむことができます。
おすすめは、ハンバーガーです。全12種類とハンバーガーの種類が豊富なんです。すべてのバーガーにポテトがついてくるのでボリューム満点。月ごとに変わるマンスリーバーガーも必食です。SNSで料理の写真をアップすると¥100引きになるそうなので、お写真もお忘れなく!(ランチタイムは対象外です)

詳細情報

  • 東京都多摩市関戸2-37-3 さくらゲート1F
  • 0423730670

③ mametra (マメトラ)

3つ目に紹介するのは、「mametra (マメトラ)」です。聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩6分のところにあります。ここはなんと、古着屋さんに併設されたカフェなんです。さらにアート展などのイベントも行われるお店です。古着もアートもごはんも楽しめるなんて、贅沢なお店です。
カフェメニューでおすすめなのが、サラダプレートです。日替わりのデリの中から、主菜・副菜・サラダ・ドリンクを1種類づつ選ぶというシステムになっています。女性に嬉しいヘルシーごはんです。アート空間で心もお腹も満たされるひと時を過ごしてみてくださいね。

詳細情報

  • 東京都多摩市関戸4-34-15
  • 0423553699

④ cafe sakura (カフェ サクラ)

4つ目に紹介するのは、「cafe sakura (カフェ サクラ)」です。聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩15分のところにある、知る人ぞ知る隠れ家カフェです。手作りの天然酵母パンが売りのお店です。民家を改装したカフェで、アットホームでまったりくつろげる空間です。
お店自慢の天然酵母のパンはもちろん、サンドイッチやスイーツなども楽しむことができます。定期的にワークショップやマルシェが行われていたり、ハンドメイド雑貨の販売も行っています。基本的に金曜・土曜が営業日ですが、休みの時もあるので、営業日については、HPなどを確認するようにしてください。

詳細情報

  • 東京都多摩市桜ヶ丘4-9-8
  • 042-376-9096

⑤ ぱくぱく くもくま堂

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する