• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
カラフルなお城が可愛すぎ!ポルトガル「ペーナ宮殿」の魅力をたっぷりとご紹介

「こんなかわいいお城があるなんて」、と心奪われて実際にポルトガルを旅行した筆者が、シントラにある「ペーナ宮殿」の魅力を紹介していきます。シントラまでのアクセスや山の上にあるペーナ宮殿までのアクセスも紹介しているのでこれから旅行に行くかたもぜひ参考にしてみてくださいね。 (※掲載されている情報は2018年11月に公開されたものです。事前に最新情報をご確認ください。)

このまとめ記事の目次

ペーナ宮殿はどこにあるの?

ペーナ宮殿はポルトガルのシントラという町にあります。シントラは、忍者屋敷のように仕掛けがある「レガレイラ宮殿」やかつてシントラを支配していたムーア人が建てた「ムーアの城跡」といった観光地が集まっているだけでなく、1995年に「シントラの文化的景観」として文化財がユネスコの世界遺産に登録されたのです。

レガレイラ宮殿

レガレイラ宮殿はブラジル人の富豪によって建てられたと言われています。見どころは宮殿の敷地内。地下通路があったり、飛び石で渡る池があったり、らせん階段で上に上がったりと、冒険をしているかのような気分になれるのです。
地下に行くルートの入り口は洞窟なのです。暗くて不安になりながら進むと水の音が聞こえてきます。ネタバレはここまでにしておくので、ぜひ冒険をしに行ってみてください。およそ2~3時間で見ることができます。

詳細情報

  • R. Barbosa do Bocage 5, 2710-567 Sintra, Portugal
  • +351 21 910 6650

ムーアの城跡

かつてこの地がポルトガルになる前は、イスラム勢力に支配されていたのです。レコンキスタという国土回復運動が行われ、ヨーロッパの手に渡ることになりました。「ムーアの城跡」は山のほぼ頂上にあり、ここでムーア人たちがヨーロッパ勢力を見張っていたのです。
城跡はただ見るものだと思っていませんか。実はこの城壁部分を歩くことができるのです。場所によっては柵がないので、本当にスリリングです。勇気を出して城壁を渡ると、シントラの町を見下ろすことができますよ。

詳細情報

hotelsCombinedで見る
  • 〒2710シントラ
  • +351219237300

フォトジェニックなペーナ宮殿をご紹介

ペーナ宮殿最大の魅力は、どこを撮っても絵になる外観です。外壁は黄色やオレンジ色、青タイルと単一ではないのが特徴。さらに、山の上にあるため、余計なものが写り込まないというのもフォトジェニックな理由の1つなんです。
あまりにもかわいいので観光客向けの建物かと思われるかもしれませんが、かつてはポルトガル王家の離宮として使われていたため、大きな門があったり、見張り台があったりと、リアルな世界観が楽しめるのも魅力の1つ。
宮殿内には家具が再現されて置いてあるので、この部屋はどのように使われていたのか、イメージがしやすいんです。

お気に入りのタイル探し

ポルトガルの建物には「アズレージョ」と呼ばれるタイルを使っていることが多く、ここペーナ宮殿の外と中には様々なタイルが張られているんです。ペーナ宮殿を回りながら、お気に入りのタイルを探すのも楽しみ方の1つ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する