• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
「東京芸術劇場」で芸術に触れよう!いつもとちょっと違った一日に。

一年を通して芸術に触れることができる複合文化施設「東京芸術劇場」。こちらは、クラシック専用の大ホールに、演劇などの公演を行う中小ホールなど、幅広い芸術を楽しめるスポットとして多くの方に利用されています。もちろん、ホールだけでなく、ゆっくりお食事が楽しめるレストランもありますよ。そんな今回は、東京芸術劇場でしたい5つのことをご紹介します!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前に確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

東京芸術劇場ってどんなところ?

池袋駅西口を出て、階段を上がると池袋西口公園の向こうに特徴的な外観の建物が見えてきます。これが「東京芸術劇場」です。地下4階、地上10階の日本最大級と言われる大劇場であり、クラシック音楽を中心としたコンサートをはじめ、演劇、舞踊、演芸といった様々な公演が定期的に行われています。こちらの東京芸術劇場は1990年に誕生し、2012年9月にリニューアルオープンしています。では、東京芸術劇場の見どころをピックアップしてお届けしましょう。

①コンサートホールでクラシック音楽を聴く

東京芸術劇場といえば、何と言っても客席数1999席を誇るコンサートホール。主にオーケストラの公演が行われており、どの角度から見ても演奏者の細かな動きを堪能できるオープンステージが特徴的です。2階席や3階席も用意されており、こちらでは1階席では味わえない臨場感を味わうことができます。ぜひここでクラシックに浸ってみましょう!
コンサートホールの真正面には、世界最大級のパイプオルガンが堂々と君臨しています。実はこのオルガン、180度回転させると別のパイプオルガンが現れる仕掛けに。それぞれ違う歴史を持つオルガンを1つにまとめてみようという発想が基になり、外観上2つの顔を持っているんです。デザイン性あふれるパイプオルガンの心地良い音色は、普段の疲れを癒してくれること間違いなしです。

②プレイハウスで演劇をじっくり鑑賞する

続いて演劇やミュージカル、バレエなどの公演が行われる中小ホールに行ってみましょう!2階にある中ホール「プレイハウス」は、レンガ造りの内装がおしゃれなホール。内装に使われているレンガには、演者の声を聞き取りやすくする音響技術が組み込まれてり、コンサートホールに引けを取らないクリアな音を体感することができます。なお、客席数は834席となります。
地下1階には、2つの小ホール「シアターイースト」と「シアターウエスト」が完備されています。シアターイーストは束立組床となっており、ステージによって舞台の形状を変化することができます。シアターウエストは固定ステージですが、幅広い演目が行えるよう工夫が凝らされています。なお、シアターイーストの客席数は272~324席、シアターウエストは195~270席となります。

③東京芸術劇場で美味しい食事をする

芸術鑑賞の後は、ゆっくり食事をして感想を語り合ってみてはいかがでしょうか?2階のプレイハウス入り口付近にある「アル テアトロ」では、本格イタリアン料理を気軽に楽しむことができます。ランチはアラカルトはなく、全てセットメニューの提供となりますが、メインにピザかパスタを選択できるほか、自家製パン、前菜、ドリンクが付いてくるので満足感ある食事を楽しむことができます。
「アル テアトロ」と同じ2階には、トリノの老舗カフェ「ビチェリンメトロポリタンシアター」があります。店名にもなっているチョコレートドリンク「ビチェリン」は、大人のビターな味わいを楽しめるので食後の一杯に最適♪1階には、ベルギーの郷土料理とビールが楽しめる「ベル・オーブ」や、素材にこだわったボリューミーなおにぎりが食べられる「吾ん田」もあるので、その時の気分に合わせてお店を決めてみるといいでしょう。

④展示会でお気に入りの作品を見つける

お食事を楽しんだ後は、展示会でお気に入りの作品を探してみてはいかがでしょうか?「東京芸術劇場」には、絵画や写真、彫刻といった美術作品の展覧会が行えるイベントスペースが存在します。
地下1階には「アトリエイースト」と「アトリエウエスト」という真っ白でワイドな壁面が特徴のギャラリースペースがありますが、こちらは奥行きのあるシンプルな空間であるため、展示作品がより印象深く見えます。5階のギャラリー1と2では、大規模な展示を行うことが可能。一番広い5階のギャラリー1は、壁面のパネルが可動式であるため、思い通りの展示スペースを作り出すこともできます。

⑤都心を一望できるホテルに泊まる

今日はいつもと違う一日を過ごしたい!上質な時間をもっと楽しみたい!という方は、東京芸術劇場で芸術に触れた後に豪華なホテルに泊まるのはいかがですか?東京芸術劇場から徒歩約4分のところにあるシティホテル「ホテルメトロポリタン」は、ビジネスパーソンだけではなく県外からの観光客にも多く利用されるホテルの一つ。都心の景色を一望できるモダンテイストの客室は、広々とした空間となるため、ゆっくりと寛ぐことができます。
繁華街・池袋駅から近いにも関わらず、都会の喧騒を忘れて落ち着いた時間を過ごせるホテルメトロポリタン。宿泊するだけではなく、様々なレストランやバーが併設されているほか、フィットネスクラブ、美容室などもあります。ウエディングや宴会として利用することも多いホテルメトロポリタンですが、忙しい毎日を送っている方はリフレッシュを兼ねて宿泊してみるといいでしょう!

詳細情報

bookingで見る 他の提供元を表示9件
  • 東京都豊島区西池袋1丁目6−1
  • 050-2017-8998

「東京芸術劇場」で上質な時間を。

いかがでしたか?東京芸術劇場でしたい5つのことを紹介しました。これをきっかけにみなさんも上質な芸術に触れてみませんか?普段にはない刺激をもらうことで、新たな発見があるかもしれませんよ。ぜひ、東京芸術劇場を訪れてみてくださいね!

詳細情報

  • 東京都豊島区西池袋1-8-1
  • 03-5391-2111

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する