• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
栃木の大田原温泉で日帰り入浴の楽しみ方5選

ここ最近口コミで人気の大田原温泉について紹介します。大田原温泉は日帰り入浴施設とホテルで楽しむことができて、周辺スポットもいくつかありますので、首都圏から日帰りで来てもたくさんの楽しみ方が見つかる場所です。大田原牛や道の駅で美味しいグルメの楽しみ方もありますよ。

このまとめ記事の目次

大田原温泉とは

新設された檜の露天風呂は原泉掛け流しの露天風呂です。満天の星空を眺めての入浴は、旅の疲れを癒してくれます。

出典:www.ohtawara-onsen.com

大田原温泉の湯を飲むと、消化器病や、便秘に効果があるらしい。

お湯は、ちょっとしょっぱかったかな?
色という色はなく、少しなめこくなりました。

出典:ameblo.jp
大田原温泉は、栃木県の大田原市にある温泉のことです。1984年に蛇尾川河畔に湧出した温泉で「ホテル龍城苑」、とその日帰り入浴施設「天然温泉 太陽の湯」があります。源泉は毎分220リットルの豊富な湯量です。
【泉質】 ナトリウム-塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)
【効用】 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進 きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童
【名称】 天然温泉「太陽の湯」
【住所】 栃木県大田原市中田原593-3
【アクセス】 西那須野駅から東野バスまたは大田原市営バスで「蛇尾橋」下車徒歩3分
または 東北自動車道 西那須野ICまたは矢板I.Cから30分
【営業時間】 10:00~20:00
【料金】 ◆平日大人600円 子ども(3才~小学生)300円 ◆土日祝大人700円 子ども(3才~小学生)300円 ◆水曜日大人400円 子ども(3才~小学生)200円
【TEL】  0287-24-2525
jalanで見る
  • 栃木県大田原市中田原

① 天然温泉「太陽の湯」の露天風呂と内風呂でリフレッシュ

太陽の湯は、源泉掛け流し。
またこの温泉は飲むことが出来、慢性消化器病・慢性便秘に効能があるそうです。

出典:maywind.sakura.ne.jp

広い浴場には、寝てくつろげるジェットバスやサウナ施設もあり長湯派には最高。

出典:maywind.sakura.ne.jp
源泉かけ流しの温泉で、平日大人600円とはかなりリーズナブル!な日帰り温泉施設ですね。首都圏からのアクセスもいいので、栃木を日帰りで旅行に行ったときになど帰りがけによって帰りたい温泉のひとつです。飲むこともできるのが興味深いですね。
【名称】 天然温泉「太陽の湯」
【住所】 栃木県大田原市中田原593-3
【アクセス】 西那須野駅から東野バスまたは大田原市営バスで「蛇尾橋」下車徒歩3分
または 東北自動車道 西那須野ICまたは矢板I.Cから30分
【営業時間】 10:00~20:00
【料金】 ◆平日大人600円 子ども(3才~小学生)300円 ◆土日祝大人700円 子ども(3才~小学生)300円 ◆水曜日大人400円 子ども(3才~小学生)200円
【TEL】  0287-24-2525
  • 栃木県大田原市中田原593−3
  • 0287242525

② 天然温泉「太陽の湯」の岩盤浴ですっきり汗を流そう

岩盤鉱石はゲルマニウム含有鉱石を使用しています。健康 グッズの素材としても注目を集めている鉱石で、遠赤外線の他微弱電流を発生します。これは、正常な身体バランスへと整える働きがあり、マイクロマッサージ効果により、有害物質を 体外へ出す働きもします。また、岩盤からはマイナスイオンも発生しリラックス効果を高めます。

出典:www.ohtawara-onsen.com

その回数券で岩盤浴もご利用頂けるようになりました
「岩盤浴の回数券はないのぉ?」のお声が多く出来るだけお気軽に岩盤浴をご利用頂ければとの思いで始めました

出典:blog.livedoor.jp
岩盤浴で気持ちのいい汗を流してリフレッシュしたいですね。入浴回数券を使って利用することもできるので常連さんには特にお得です。80分も利用でき1,200円ならとてもリーズナブルだと思います。
【名称】 天然温泉「太陽の湯」岩盤浴
【住所】 栃木県大田原市中田原593-3
【アクセス】 西那須野駅から東野バスまたは大田原市営バスで「蛇尾橋」下車徒歩3分
または 東北自動車道 西那須野ICまたは矢板I.Cから30分
【営業時間】 10:00~22:00
【料金】 1200円 (浴衣セット付)
【TEL】  0287-24-2525
  • 栃木県大田原市中田原593−3
  • 0287242525

③ 露天ジャグジーでプライベート空間でゆったり過ごす

新サービス始めました
通常 入館料+2000円(1時間)の貸切風呂が
平日だったら 1時間2人で2000円!!!

出典:blog.livedoor.jp

露天ジャグジー付家族風呂
四季折々に姿を変える蛇尾川沿いの自然美を眺めての湯浴が楽しめます。

出典:blog.livedoor.jp
電話での予約が必須なので注意が必要です。露天風呂でプライベート空間が楽しめます。最大6名まで利用できます。カップルや家族連れで思う存分楽しみたいですね。シャワーカランのついた内風呂もついています。
【名称】 天然温泉「太陽の湯」露天ジャグジー付貸切風呂
【住所】 栃木県大田原市中田原593-3
【アクセス】 西那須野駅から東野バスまたは大田原市営バスで「蛇尾橋」下車徒歩3分
または 東北自動車道 西那須野ICまたは矢板I.Cから30分
【営業時間】 10:00~22:00
【料金】 1時間2000円
【TEL】  0287-24-2525

④ 周辺観光を楽しもう、道の駅 那須与一の郷に行ってみよう

情報館・物産品館・農産物直売館・レストラン館・与一伝承館とある巨大な道の駅ですが、離れて見ると、屋根が扇形になっているのがわかりますか?この扇を狙って、那須与一が弓を引いています。

出典:kyounoinak.exblog.jp

施設の屋根が扇の形をしてるって、こんな角度だとよく分かりますね。

出典:blog.goo.ne.jp
平家物語に出てくる屋島の戦いで活躍した那須与一は、大田原市のあたりで生まれたとされています。そんな那須与一を伝える「与一伝承館」がある道の駅です。レストランや農産物直売館、お弁当販売などの施設もありゆっくり休憩できます。また、各月でイベントに参加するなどの楽しみ方もありますよ。
【名称】 道の駅 那須与一の郷
【住所】 栃木県大田原市南金丸1584番地6
【アクセス】 国道461号線沿い
【TEL】  0287-23-8641
  • 栃木県大田原市南金丸1584-6
  • 0287-23-8641

⑤ 周辺観光を楽しもう、ふれあいの丘「天文館」とは?

入館料大人300円で今回は午前9時頃でしたが天気が良かったので太陽のプロミネンスや黒点の観望、金星と1等星を観望させて頂きました。

出典:uranus.blog.so-net.ne.jp

スクリーン型プラネタリウムを設置してあります。
プラネタリウムで その日の星空の説明やプラネタリウムの番組を上映します。又、工作教室や講習会にも利用できます。

出典:www.fureai-tenmonkan.jp
大田原温泉のついでに星空観測はいかがですか?大田原市は「全国星空継続観察星がよく見える場所」で計4回日本一になっています。観測会などのイベントや、プラネタリウムも楽しむことができます。触れ合いの丘は他にも「自然観察館」や公共宿「シャトー・エスポワール」があります。
【名称】 ふれあいの丘「天文館」
【住所】 栃木県大田原市福原1411-22 
【アクセス】 西那須野駅から東野バスまたは大田原市営バスで「蛇尾橋」下車徒歩3分
または 東北自動車道 西那須野ICまたは矢板I.Cから30分
【営業時間】 9:00~21:30 (最終入館は20:30まで) ※事前に予約が必要です。
【休館日】 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日) 祝日の翌日
      年末年始(12月30日~翌年1月3日)
【料金】 一般  300円 中学生以下 100円 ふれあいの丘宿泊者 100円
【TEL】  0287-28-3254
いかかでしたか?口コミで人気上昇中の比較的新しい温泉の大田原温泉ですが、那須与一ゆかりの周辺スポットなども多くて一緒に楽しめそうですね。ちなみに、大田原市は大田原牛などのグルメも楽しめることができますよ!

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Sayu埼玉在住。
地理歴史とブラタモリが大好き。
日本全国を案内する通訳案内士目指してます。

このまとめ記事に関して報告する