• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
終わりゆく時代に投げキッスを。平成最後に見たい“日本のいとあはれなる絶景”11選

2019年4月30日、天皇陛下が退位されます。それに伴い、“平成”という時代も終わりを迎えます。消費税が導入され、おどるポンポコリンが大ヒット。バブル経済が崩壊し、新幹線「のぞみ」が運転を始めました。他にも様々な出来事があった平成という時代が終わる前に、一度は見ておきたい、日本の美しい風景。これまでも、これからも、ずっと“いとあはれ”という言葉の意味を感じさせてくれる風景を、一旦見納めましょう。(※掲載されている情報は2018年11月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

【1】倉敷美観地区/岡山

まずはじめに紹介するのは、「倉敷美観地区」です。江戸時代に幕府の天領として栄えていた、倉敷。当時の趣が残るその町並みは、国の重要文化財にも登録されています。歴史に興味がなくても、その趣から時の流れの重みを感じるはず。
白壁の屋敷が並び、まるでタイムスリップしたかのような風景を満喫できる倉敷。古民家カフェや、美術館、さらには純日本庭園を眺めることができる「新渓園(しんけいえん)」など、見所盛りだくさんです。

詳細情報

  • 岡山県倉敷市中央1-1-15
  • 086-426-3851

【2】鳴門の渦潮/徳島

続いて紹介するのは、「鳴門の渦潮」です。徳島県の鳴門海峡で発生する渦潮。世界最大級の渦潮とも言われており、その迫力には身震いを抑えられません。クルーズ船で見ることができます。
直径が最大で30mにもなる、こちらの渦潮。潮の満ち干きによって変化するその大きさは、眺めているだけでも五感すべて奪われてしまいます。そのダイナミックさをぜひ、直に感じてみてください。

詳細情報

  • 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池65
  • 088-683-6262

【3】栗林公園/香川

続いて紹介するのは、「栗林公園(りつりんこうえん)」です。香川県にあるこちらの公園は、国の特別名勝に指定されている、回遊式大名庭園。東京ドーム約16個分にも及ぶ広さを誇ります。
落ち着いた雰囲気の庭園と、それを背後で見守るかのような紫雲山。季節に合わせてその表情を変える自然の景色に、思わず一目惚れしてしまう。日本の自然が呼吸している音が聞こえるような、そんな体験をすることができます。

詳細情報

  • 香川県高松市栗林町1-20-16
  • 087-833-7411

【4】糸島/福岡

続いて紹介するのは、「糸島半島」です。福岡県の最西部にあり、玄界灘に面した海岸線を楽しむことができます。二つの岩がしめ縄で結ばれている「夫婦岩」は、カップルで見ると御利益があるそう。
海岸では、「ヤシの木ブランコ」にのって、玄界灘を思いっきり眺めることができます。日本の海の美しさ、その香り。すべてを満喫することができる、絶好のスポットです。どんな季節でも、楽しめる景色がそこにあります。

詳細情報

  • 糸島市志摩桜井
  • 092-332-2080

【5】貴船神社/京都

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

JALJAL結構似てるって言われる

このまとめ記事に関して報告する