• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
思い立ったらすぐに。1日で回るアートな島旅、「直島」観光スポット7選

長期休暇に、自然の中に旅行したいけれど、まだ計画できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、そんな方にオススメしたい「直島」のアートな島旅スポットをご紹介します。香川県の高松港(または岡山県の宇野港)からも比較的アクセスのいい直島には、アートと建築がたくさん。きっと1日でも芸術と自然を満喫できますよ。(※掲載されている情報は2018年11月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

このまとめ記事の目次

①草間彌生「赤かぼちゃ」で直島到着の気分を上げる

直島への旅は、高松港または宇野港(岡山県)からのフェリーに乗ることから始まります。直島の玄関口である「宮浦港」に到着すると、すぐにあの有名な草間彌生の「赤かぼちゃ」が見えます。
まずは「赤かぼちゃ」での記念撮影をして、直島旅の気分をもっとあげちゃいましょう。草間彌生氏のこの作品は、宇宙の果てまで探してきた太陽の赤い光が直島の海の中で赤かぼちゃに変身したことがイメージされているそうですよ。さっそくアートな気分になれること間違いなしです。

詳細情報

  • 香川県香川郡直島町宮浦2249-49
  • 0878922222

②「直島銭湯 I♥湯」で旅路の疲れを癒しちゃう

赤かぼちゃからほど近いところに「直島銭湯 I♥湯」があります。アーティスト「大竹伸朗」による美術施設です。なんと、実際に入浴できちゃうんですよ。直島までの旅路の疲れをとってから島巡りをスタートさせちゃいましょう。
直島銭湯 I♥湯は、個性的で写真映えする外観はもちろん、内部空間もとっても可愛いんです。浴槽や風呂絵、トイレなど至る場所が独特な世界観で統一され、アートな世界にどっぷりつかれちゃいますよ。

詳細情報

  • 香川県香川郡直島町東町2252−2
  • 0878922626

③「地中美術館」を満喫する

直島銭湯 I♥湯のアートな世界でスッキリした後は、「地中美術館」へ行きましょう。2018年8月1日よりオンラインチケットによる予約制となっているので、必ず事前に公式ホームページをチェックして、チケットを予約しておくことを忘れないでくださいね。
有名な建築家である安藤忠雄氏設計の、建物の大半が地下に埋設されている地中美術館では、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォール・デ・マリアの作品を見ることができます。建築と作品とが融合した空間で、芸術の世界に入り込んでしまいますよ。

詳細情報

  • 香川県香川郡直島町34491
  • 087-892-3755

④李禹煥美術館(リー•ウーファン)で静かなひと時を過ごす

地中美術館の後には、「李禹煥(リー•ウーファン)美術館」に行きましょう。世界的なアーティストである李禹煥氏の作品と、建築家安藤忠雄氏がコラボレーションした美術館で、アートと建築の魅力がたくさん詰まっています。
李禹煥美術館は、海と山に囲まれる谷あいにあり、自然を生かした建築設計がされています。作品の屋外展示もあり、自然に癒されながらゆったりと静かな時間を過ごせること間違いなしです。

詳細情報

  • 香川県香川郡直島町字倉浦1390
  • 0878923754

⑤「ベネッセハウスミュージアム」でアート探し

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する